“シャチハタ”のホントの名前知ってる? 【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

61rwHG-G02L._SL1000_(w680)

【画像 Amazonより】シヤチハタ XスタンパーB型 赤 折曲厳禁 タテ XBN-022V2

“朱肉の要らないハンコ”と聞くと『シャチハタ』を思い浮かべる方、いらっしゃると思いますが、正確には『エックス スタンパー(X Stamper)』という名前の商品で、その中のハンコと朱肉を掛け合わせた『ネーム印』のことです。

そもそも『エックススタンパー』は、ゴム印とスタンプ台を掛け合わせたもので、1965年(昭和40年)に誕生しました。
郵便物に押してある『速達』や、封筒に押してある『請求書在中』、あるいは『領収書』といったように、事務用品として使われるもので、形も四角から丸まで様々です。

その『エックススタンパー』の新しいシリーズとして1968年(昭和43年)に、私達が“朱肉の要らないハンコ”と聞くと、すぐにイメージする『シャチハタネーム』が発売されました。
この『エックススタンパー』の『シャチハタネーム』が一般的には“朱肉の要らないハンコ=シャチハタ”と認識されているそうです。

この『シャチハタ』というのは『エックススタンパー』などを作っている会社の名前で、表記では『シヤチハタ』と“ヤ”の文字も大文字になっています。
それでも読み方は『シヤチハタ』ではなく、『シャチハタ』で正しいそうです。
ローマ字でも『Shachihata』と表記されています。
この『シャチハタ』さんという会社ですが、1925(大正14)年に創業されました。

その時、発明したのが、使うたびにインキを補充せずに、いつでも使うことが出来る『万年スタンプ台』です。
フタの所にインキの色が黒なら、黒の逆三角形のマークとローマ字の『Shachihata』のネーミングが付いたスタンプ台、どなたでも使ったことがあると思います。
インキの色が赤のものもありますネ。

(2016/8/4放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい
ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 毎週月曜~金曜 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。