看板娘ホッピー・ミーナのHOPPY HAPPY BAR
まもなく一日が終わろうという夜10時前。
ホッと一息ついているアナタに向けて、ホッピー・ミーナが、明日の活力を充電するための秘訣を届けます。
ホッピー・ミーナとは、ホッピーのPRのために日本全国を駆け回っている“空飛ぶ看板娘”こと、ホッピー・ビバレッジの代表取締役社長・石渡美奈。
垣花正アナウンサーと一緒に、軽快で元気なトークと、聴くだけでハッピーになる話題をお送りしていきます。

番組に対するご意見はhoppy@1242.comに

Hoppy Happy Bar ポッドキャストはじめました!
HOPPY
ラジオ大阪 東海ラジオ
石渡 美奈(いしわたり・みな)
68年、東京生まれ。90年立教大文学部卒、日清製粉、広告代理店を経て97年に家業のホッピービバレッジ(旧コクカ飲料)に入社し広報宣伝を担当。2010年に社長に就任。
垣花 正(かきはな・ただし)
1972年、沖縄生まれ。ニッポン放送アナウンサーとして入社以来、昼間から深夜までの様々な番組を担当。人懐っこい性格で、幅広い層のリスナー、特に熟年女性からの人気を掴んでいる。
インターネットで聴く
2/132017年〜ミーナの白熱教室 その1の巻 bacnumberlist

今週は、ミーナさんに講師となってもらい
経営者としての思いや、考え方を伺っていこうという企画を考えました。
その名も、「ミーナの白熱教室」


今夜のテーマは…「経営者とは何者なのか」

会社を支える大黒柱であり
社員と、その家族を守るために日夜働く社長の気持ちは
味わった人にしか分かりません。
プレッシャーも、社員の何倍も抱える日々だと思いますが
ミーナさんにとって経営者とは、どんな存在なのか聞くと

最初は「経営者って何者?」と考えたことがあったそうで
「経営者がいなくても製造者がいれば商品は作られるし、
営業がいれば商品を紹介できるから」と経営者がいなくても
会社は大丈夫なんじゃないか、と思うこともあったとか。

いまは経営者について、「会社の責任を取るというのは当たり前。
パイロットに例えれば、離陸・着陸・有事の時に杭を打つように、
決める時は社長が節を打つ。そうやって会社をいいリズム感で進ませている」
と話していました。

経営者は会社のために体を張り、社員さんを守っているのですね。

 

ページトップへ バックナンバー