令和元年台風19号(令和元年東日本台風)災害義援金のご報告と御礼

リスナーの皆様へ

昨年10月12日に本州に上陸し、13日にかけて東日本を中心に各地に被害をもたらした令和元年台風19号(令和元年東日本台風)の被災者を少しでも支援するため、ニッポン放送では番組、ホームページなどでリスナーの皆様に呼びかけて、被害義援金を10月18日から11月30日まで受け付けました。

また、その後SHOWROOM株式会社様からも義援金をお申し出いただき、当社に託されましたので、リスナーの皆様からの分と併せて被災地へお届けしました。これは11月4日に放送した「ニッポン放送×SHOWROOM コラボ放送局~前田裕二プロデュースDAY」を軸に、ニッポン放送イマジンスタジオからのライブストリーミングサービス「SHOWROOM」より24時間生配信されましたが、その際に、同時進行で番組を編集、発行した前田氏の書籍の販売による利益全額を当社がお預かりすることになったものです。

このたび、これら義援金額が最終的に確定し、被害を受けた各県に3月26日までに義援金としてお渡しいたしましたのでご報告いたします。

お預かりした義援金総額は10,302,564円となりました。
今回の台風19号の被害は首都圏だけでなく、東海・甲信越・東北まで広く影響を及ぼし、特に福島、栃木県の被害が大きかったことから、寄付先はこの2県とニッポン放送の聴取エリアを中心に住宅など家屋被害の大きかった7県といたしました。
この全額を、宮城県、福島県、栃木県、埼玉県、千葉県、長野県、静岡県の7県のそれぞれの台風19号義援金窓口に「ニッポン放送聴取者一同」の名前で送金させていただきました。
皆様の温かいご協力、ありがとうございました。

2020年4月
株式会社ニッポン放送 義援金事務局

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.