TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。

2021年9月18日
東京2020オリンピック フェンシング・男子エペ団体 金メダリスト 宇山賢選手 (2)

9月11日の放送では前回に引き続き、東京2020オリンピック フェンシング・男子エペ団体で金メダルを獲得した宇山賢(うやま・さとる)選手にご出演頂きました。

中学、高校時代にはバンド活動をしていたという宇山選手。ドラムにギター、ピアノと音楽でも多彩な才能を発揮されています。

 

今回はまず、東京2020大会の選手村についてお話を伺いました。

選ばれた人のみが入れる選手村。その特別感を感じられる空間は「楽しかった」と話します。

日本の文化を紹介するブースがあったり、「美味しい!」と話題なった24時間利用できるダイニングではカレーやラーメンが人気だったそうです。そこに自分なりのトッピングや味を加えて楽しむ選手が多かったとのこと。

そして、もうひとつ話題になった段ボール製のベッドも快適だったと話していました。

 

話は、日本フェンシング界・初の金メダル獲得へと至った、リオデジャネイロ大会からの取り組みに及びました。

ロンドンオリンピック銀メダリストの太田雄貴さんが日本フェンシング協会・会長に就任後、「突け心を」をスローガンに国内で様々な改革を行いました。

直接フェンシングを会場で観てもらいたいとの思いから、大会にエンターテイメント性を取り入れ、ルールの説明(※)や、剣の軌道(軌跡)を見えやすくするシステムを開発して、分かりやすい解説を試合に行いました。

※種目ごとにルール説明動画を制作したほか、大会では太田・前会長や選手が自らマイクを持って観戦ポイントを説明することもありました。

 

試合会場をこれまでの常識では考えられなかった「劇場」に移し、演出にもこだわりながら「ショー」としても楽しめる空間を作り上げました。

ただ、この舞台で試合ができるのは、年に1回開催される全日本選手権で決勝に進んだ選手のみ。

選手からすると「だいぶ遠い」「関門が多い」ステージだと言いますが、話題が話題を呼び、2013年の全日本選手権(来場者150名、代々木第一体育館)と比較すると、2017年にはその10倍以上となる1600名が観戦(駒沢体育館)に訪れました。

2018年は普段演劇などが行われる東京グローブ座に舞台を移し、会場演出もさらにパワーアップ、(収容人数の都合上)来場者は700名だったものの、チケットは即完売となりました。

そして、2019年には渋谷公会堂で3500名を動員し、2年間で2倍以上、6年前と比べると20倍以上の方がフェンシングを観戦しました。

 

また、アスリート委員会(選手会)が中心となり、選手主導の「ファン感謝祭」も開催しました。

宇山選手はこのような活動を通して「人間性の成長」を感じたと話し、例えば会場の手配ひとつをとっても、外部とのやりとりや言葉遣い等、ビジネスに必要な知識やマナーが養われたと振り返ります。

その先に東京オリンピックでの輝かしい結果があり、そこでさらに世間の注目度が上がりました。

これからのフェンシング界を盛り上げるために「体験会や大会を通して、フェンシングの魅力を伝えていきたい」と思いを述べました。

 

最後に、これまでご自身を支えた、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Upな一言”を伺いました。

『勝って兜の緒を締めよ』

 

過去の苦い経験から、この言葉を常に心に留めているという宇山選手。大きなことを成し遂げたからこそ謙虚でいなければいけない、現在の心境や姿勢を表している一言です。

 

次回は、東京2020パラリンピックで活躍したあの選手たちが登場します!

どうぞ、どうぞ、お楽しみに!!

2021年9月10日
東京2020オリンピック フェンシング・男子エペ団体 金メダリスト 宇山賢選手 (1)

9月4日放送のゲストは、東京2020オリンピック フェンシング・男子エペ団体 金メダリストの宇山賢(うやま・さとる)選手でした。

 

東京2020オリンピック フェンシング・男子エペ団体。

見延和靖(みのべ・かずやす) 選手、山田優(やまだ・まさる) 選手、加納虹輝(かのう・こうき) 選手、そして宇山賢選手の4人で臨んだ日本は、日本フェンシング界初の金メダルを獲得し、新たな歴史にその名を刻みました。

 

日本代表のジャージで、金メダルを持ってスタジオに現れた宇山選手。

鈴木さんは東京2020大会の金メダルを手にして感無量。宇山選手のご厚意で金メダルを首から下げてみたものの「これに見合うことをやってきた人しか、かけてはいけない」とすぐに首からはずし、改めてメダルの重みを感じていました。

 

金メダル獲得の瞬間、チームが輪になって飛び跳ねて喜ぶ姿が印象的でしたが、「オリンピックでメダルを獲ったというよりは、その日のパフォーマンスがうまくいって表彰台の一番高いところに上れたという気持ちが大きかった」と、宇山選手は当時の心境を語ります。

無観客での開催となり、普段の試合と変わらないようなイメージで試合ができたことが大きいと言い、表彰式で会場を見渡すと至るところに五輪のマーク。その時に、ようやくこれはオリンピックだったと気づいたそうです。

 

試合を振り返ると、初戦のアメリカ戦ではみんなが緊張していて、交替選手として後ろで見ていた宇山選手は「オリンピックという重圧にやられている」と感じていたといいます。

初戦の立ち上がりはどの国も慎重になりがちですが、日本チームは焦っているように見え、また、相手を見過ぎて自分たちの得意なところを出せてない、思い切りが足りないと感じながら試合を見守っていました。

(もしかしたら1回戦から自分の出番があるかもしれない)

宇山選手は心を整えました。

 

フェンシングでは「試合に出て初めて『オリンピック選手』となる」というきまりがあり、交替選手としてチームに帯同してきた宇山選手は「オリンピック選手」だと言えず悔しい思いをしてきました。

日本がアメリカに対して6点ビハインドという苦しい場面でピストに送り込まれることになった宇山選手。

それまで(オリンピック選手にはなれていないという)コンプレックスを抱えていたと胸の内を明かし、プレッシャーよりも「やっとフェンシングのオリンピック選手になれた」という安心感があった、とその時の心境を語ります。

 

交替選手=4番目の選手だと思われて、そのまま負けていくという展開だけは絶対に避けたいと考え、できる限りのシミュレーションをしてピストに上がりました。

相手選手が緊張しているのを感じ取った宇山選手は、好き放題に動いて得点を重ねていきます。

すると、それに呼応するかのようにアンカーの加納選手も伸び伸びとプレーしてアメリカに勝利。

 

続く、世界ランキング1位のフランスとの対戦、準決勝の韓国戦にも勝利し、決勝はROC(ロシアオリンピック委員会)。

準決勝から決勝まで3時間。

ROCには苦手意識のあった宇山選手は、その間に、情報分析の膨大なデータの中からROCのデータを抜きだし、自分が危ない時のシチュエーション、その時にやればいいことを頭に叩き込んでいきました。

試合で頭が真っ白になっても戦えるように、この時はこうするという決め事をいくつも持っておいて、その中から選択する。宇山選手はそうすることでメンタルを保ち、これまで戦ってきました。

そういった経験を活かし、決勝戦ではエース級の大活躍。

ベンチメンバーも含めた全員で勝利を掴み取り、日本フェンシング史上初の金メダルに輝きました。

「お礼、恩返しと呼べるものがようやくできました。支えてくれた方々に感謝を伝えていきたいです」

充実した表情で語っていました。

 

そして、金メダル獲得の裏には、選手たちの血のにじむような努力と同時に、日本フェンシング界の改革というものがありました。

次回は、そんなお話も伺ってみたいと思います。どうぞ、お楽しみに!

 

 

宇山賢選手のリクエスト曲:会心の一撃 / RADWIMPS

昔からいろいろな楽器に触れていて、バンド活動もしていたという宇山選手。その頃に出会ったのがRADWIMPSで、今でも試合で移動するバスの中で朝一番に聴いている曲だということです。

2021年9月1日
東京2020パラリンピックの見どころをご紹介!(後半)

連日、熱戦が繰り広げられている東京2020パラリンピック。

日本代表選手たちの活躍に、応援にも力が入りますね!

大会後半には、東京2020大会で初めてパラリンピック正式競技として行われる、バドミントンとテコンドーが始まります。

それでは、パラリンピック後半戦(8月30日・月曜~9月5日・日曜)の試合日程とGoing Up的見どころをご紹介しましょう。

 

★8月30日(月)

・射撃 競技スタート

・車いすバスケットボール(男子・予選)トルコ戦

・5人制(ブラインド)サッカー ブラジル戦

<Going Up的注目ポイント>

車いすバスケットボール男子は、予選ラウンド最終戦のトルコ戦に臨みます。2018年の世界選手権では、当時ヨーロッパチャンピオンのトルコに対し日本が勝利!どんな試合を見せてくれるでしょうか。そして、5人制サッカーは世界ランキング2位のブラジルとの一戦に臨みます(日本は12位)。

 

★8月31日(火)

・自転車 ロード種目がスタート

・5人制(ブラインド)サッカー 中国戦

・車いすバスケットボール(女子)vsオランダ

<Going Up的注目ポイント>

5人制サッカー日本代表は、アジアの強豪・中国(世界ランキング5位)に挑みます。日本代表キャプテンで、Going Upファミリーでもある 川村怜(かわむら・りょう)選手の活躍に期待しましょう!

 

★9月1日(水) 

・バドミントン 予選スタート

・ボッチャ 個人戦・決勝

・車いすバスケットボール(男子)準々決勝 vsオーストラリア

<Going Up的注目ポイント>

バドミントン競技がスタート。Going Upファミリーからは藤原大輔(ふじはら・だいすけ)選手、今井大湧(いまい・たいよう)選手、杉野明子(すぎの・あきこ)選手が出場します!

陸上では世界のスーパーパラアスリート、走り幅跳びのマルクス・レーム選手が前人未到の大記録に挑みます!

 

★9月2日(木)

・テコンドー、カヌー 競技スタート

・卓球 男女・団体決勝

<Going Up的注目ポイント>

昨年12月に結婚したテコンドー・田中光哉(たなか・みつや)選手がパラリンピックの舞台に立ちます。パラリンピック初代王者への挑戦が始まります。カヌーにはパラリンピック2大会連続出場の瀬立モニカ(せりゅう・もにか)選手が出場します!

 

★9月3日(金)

・ゴールボール 男女・決勝

・卓球 男女・団体決勝

・車いすテニス 女子シングルス、男子ダブルス 決勝

<Going Up的注目ポイント>

陸上ではパラリンピック6大会連続出場の義足ジャンパー・鈴木徹(すずき・とおる)選手が、走り高跳びに出場、自身初のパラリンピックメダル獲得を目指し跳躍に臨みます!

 

★9月4日(土)

◎各競技で、決勝が行われます!

ボッチャ(ペア戦・チーム戦)

車いすテニス(男子シングルス・女子ダブルス)

バドミントン(男女・シングルス)

シッティングバレーボール(男子)

車いすバスケットボール(女子)

5人制(ブラインド)サッカー

<Going Up的注目ポイント>

リオ大会で団体・銀メダルのボッチャ日本代表(火の玉ジャパン)は2大会連続のメダル獲得を目指します。車いすテニスでは世界トッププレーヤー・国枝慎吾(くにえだ・しんご)選手と上地結衣(かみじ・ゆい)選手の姿を決勝の舞台で見られるのか注目です!

 

★9月5日(日) 閉会式 (大会最終日)

・車いすバスケットボール(男子)、シッティングバレー(女子) <決勝>

・バドミントン 男女 シングルス・ダブルス <決勝>

・マラソン(視覚障がい・上肢障がい・車いす)

<Going Up的注目ポイント>

車いすバスケットボール男子の決勝戦では世界最高峰の戦いが繰り広げられます!マラソンには、レジェンド・土田和歌子(つちだ・わかこ)選手(車いす・女子)がトライアスロンに続いて出場。道下美里(みちした・みさと)選手(視覚障がい・女子)の記録にも期待が高まります。

 

Going Upは、すべてのパラアスリートを全力応援します!!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。