ゼクシィ編集長が語る、“ワンコイン”へのこだわり

ブライダル雑誌「ゼクシィ」編集長の平山彩子が、ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(4月10日放送)に出演し、現在の日本の結婚事情について語った。

今年25周年を迎えるゼクシィの最新号は全部で1510ページあり、電話帳並みの分厚さがあるという。

土屋礼央:これ、毎月出してるんでしたっけ?

平山:毎月出てます。

増山さやかアナ:どのくらいですかね? 重さ。

平山:重さはですね、3.5キロありまして…。

毎号違うようだが、一番重いときは5キロ弱あるとのこと。

土屋:こんな分厚い本、辞書とかだと何万円もするじゃないですか。ゼクシィは、レジに並んだ時びっくりしたんですよ。「500円です」え~!!!すごい破格の値段で。

平山:幸せのワンコインですね。

実際に雑誌にも書かれているキャッチコピー”幸せのワンコイン”。毎号特別付録もある「ゼクシィ」は、多様化する日本の結婚式にも対応しながら進化していると語った。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.