終電を逃した男の前代未聞の行動とは?

「土屋礼央 レオなるど」(4月3日放送)に、エジプト出身の外国人タレント、フィフィが出演し、最新の変わったニュースを鋭く斬った。

「午後2時4分のニュース一刀両断!」のコーナーで、最終電車に乗り遅れた男性が、電車の側面に張り付いて乗ろうとしたニュースを紹介。

土屋:張り付け乗車はご遠慮ください!

フィフィ:色んな意味でこのニュースはすごいなと思いまして。まず、張り付いてもはがれない!

土屋:なんでしょうね? ボルダリングの選手かなんかですかね?

フィフィ:張り付くというインドスタイルに持っていったところもすごいんですけど、諦めが悪い!

フィフィはその後も終電に関する持論を展開。最後には、「そこまでして終電に乗ろうとした理由が気になる」とコメントした。

また、番組では、フィフィが先日、最初で最後の写真集「KEZUVA」を出すと発表したため、「あなたの持っているすごい写真」というテーマでメールを募集。

しかし、アラビア語で「KEZUVA」は”嘘”という意味。フィフィのTwitter上での発表はエイプリルフールネタであったことが、番組内で発覚し、エイプリルフールについた嘘をテーマに盛り上がった。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.