ハロー千葉

日本のやさしい神様が美しい姫を射止めた物語 因幡の白うさぎ

「因幡の白うさぎ」をご存知ですか? 因幡という地方の特産品が白うさぎ、というわけではありません。これははるか昔の日本の神様の物語。今回は日本の国をつくった神様がそのやさしい心で見事、美しい姫のハートを射止めたストーリーをご紹介します。もちろんそこでは因幡の白うさぎも登場しますよ。


日本のやさしい神様が美しい姫を射止めたはなし 因幡の白うさぎ

日本にはたくさんの神様がいました。その中の末っ子が兄弟の中で一番心やさしい大国主(おおくにぬし)。彼らは因幡の国にいる八上比売(やかみひめ)にプロポーズしようと旅に出ます。道中、大国主はお兄さんたちの荷物を背負わされてどんどん遅れをとってしまいました。ひとり取り残されてとぼとぼと歩いていると怪我をしている白うさぎを見つけます。白うさぎの皮ははがれていました。

実は、通りがかりのお兄さんたちが白うさぎに意地悪なアドバイスをしたのです。はげた皮を海水につけてから風に当たるといいよ、と。真に受けた白うさぎは言われたとおりにしてヒリヒリ痛くて泣いていたのです。

そもそもどうして皮がはがれたのかと大国主は白うさぎに聞きました。すると、隠岐の島に住んでいた白うさぎは一度この国に来てみたいと思ってみたものの泳げないので、ワニ(サメ)をちょっと騙してやったというのです。うさぎとワニ、どっちのほうが仲間が多いか数えようと持ちかけて、ワニの背中をポンポン渡ってこの国までやってきました。たどり着く直前に嬉しくてつい口が滑ってしまい、怒ったワニががぶりと白うさぎの皮をはいだのです。

大国主はそんな白うさぎを介抱してやりました。無事、白うさぎの傷は癒えて毛がちゃんと生えてきました。そこで白うさぎは予言をします。美しい姫はお兄さんたちではなく大国主と結ばれると。ずいぶん遅れて因幡の国の八上比売のもとに辿り着いた大国主、姫と選ばれたのはやっぱり大国主でした。

以上になります。日本神話に登場する神様たちはとってもチャーミングで魅力的。白うさぎが元気になってよかったですね。

 

成田 ゆめ牧場 うさぎデー

うさぎデー(成田ゆめ牧場 HPより)

黄金の菜の花が春風になびく成田ゆめ牧場!

そんな菜の花畑の周りをトロッコ列車がの~んびりと走っているのはご存知ですか? ゴトゴト揺られながら一面の黄色い絨毯を眺める、そんな今しか体験できない贅沢タイム…なんですがさらに、明日明後日はその限定感がヒートアップ♪

絶好のトロッコ日和に、添乗員さんが特別に同乗しちゃうんです。その名も「ラビットロッコ」。季節はイースターということで、この二日間限定、牧場のかわいらしいうさぎさんと一緒にトロッコの旅ができちゃいます。

さらに一部SNSで話題沸騰の「ウサケツ展」も見逃せません。キュートなうさぎさんのお尻に、文字通りフォーカスした写真展覧会。スタッフ1人100枚のノルマを課して撮影された幾多のお尻画像から厳選されたウサケツ写真をご堪能くださいね。

3月生まれの赤ちゃんヤギや赤ちゃんヒツジも元気に飛び跳ねる春の牧場! 癒しのひとときをお約束します♪

うさぎデー
4月7日~8日

成田ゆめ牧場
〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00~17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月~2月)等、季節により変動がございます
年中無休・年末年始も休まず営業いたします
http://www.yumebokujo.com/

ラビットロッコ
うさぎデー限定!うさぎ乗務員がみなさまをトロッコのたびに案内します。
トロッコに乗りながら、黄金の輝く菜の花も楽しめるかも?
【時 間】11:00~/14:00~の各回30分間
【料 金】トロッコ乗車料金 一人500円(3歳以上)
【場 所】トロッコ列車乗り場
※雨天中止
http://www.yumebokujo.com/?tribe_events=14482

【ハロー千葉】

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.