ハロー千葉

最近よく聞く「マルシェ」ってなんだろう?

最近よく聞く「マルシェ」ってなんだろう?

最近よく「マルシェ」という言葉をよく聞きます。印象は人と物が集まったイベントという感じ。マルシェとはフランス語で、意味は「市場」。朝市も含まれます。フランスではこのマルシェが盛んに行われています。

なんとなく新鮮な野菜や果物を扱っていると思いがちですが、テーマは実に多様なんです。肉・魚・パン・乳製品などの食べ物の他、花・雑貨・衣料品など本当にさまざま。またテイクアウトできるデリ、有機やオーガニック(フランス流にいうとBIOと書いてビオ)といったテーマもあります。農業大国のフランスではこのようにマルシェで新鮮な野菜を買う、なんて光景がよく見られます。

日本ではマルシェが流行る前からフリーマーケットがよく開催されていましたよね。通称・フリマ。そんなフリマはフランスでは「蚤の市(marché aux puces)」と呼ばれています。パリで年2回開催される大型マルシェ、古道具や古着を売る古物市のことです。不思議な名前の由来は「ノミのわいたような古着が扱われていた」「ノミのように人や物がわき出てくる様子を表した」などといわれています。蚤の市はヨーロッパの大都市で春から夏にかけて開かれているのですが、特にこのフランスの蚤の市が有名なんです。

開催されているものによってそれぞれですが、フランスのマルシェは朝早くのほうが空いているのでオススメなようです。ちなみにボンマルシェ(bon marché)とは良い市場=お買い得な市場のこと。ボンはボンジュールのボン、良いという意味があります。

 

道の駅 みのりの郷東金 千葉県 東金市

道の駅 みのりの郷東金HPより

「道の駅 みのりの郷 東金」は、4月でオープン4周年を迎えます。これを記念して、今週の土曜、日曜の2日間「大創業祭」を開催します。

開催期間中は、1回100円の野菜詰め放題や、1,000円以上お買い上げで、餅つき大会の参加や、お米のすくいどりなど楽しい企画が満載です。

また、東金といえば植木の町、ということで、千葉県最大級の売り場スペースを持つ緑花木市場では、4月15日まで、1万円お買い上げごとに緑花木市場で使える500円商品券をプレゼント。

直売所「東金マルシェ」には、朝採れ野菜や旬の果物、人気のお米やお惣菜などエリアの美味しいものや特産品が揃っています。

お買い物に疲れたら、地元食材を使用したパスタやスイーツなどが楽しめるカフェ・レストラン「とっチーノ」もオススメです。

国道126号線沿い「道の駅 みのりの郷東金」。ぜひ、お気に入りの花や植木を見つけに出かけてみてはいかがでしょうか。

道の駅 みのりの郷 東金
千葉県東金市田間1300-3
TEL:0475-53-3615
FAX:0475-55-2690
営業時間:9:00 – 18:00
ランチタイム: 11:00 – 14:00
年中無休(1月1日~3日は除く)
https://minorinosato-togane.com/

創業4周年記念『大創業祭』
2018年4月7日(土)~8日(日)
https://minorinosato-togane.com/2018/03/01/19748

【ハロー千葉】

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.