ハロー千葉

縄文時代にクッキーがつくられていた? 縄文クッキーの謎

古代の生活に思いを馳せたことはありませんか? 森で食料を調達して自分たちの力で調理し寝床をつくり……子ども心にわくわくしたことを覚えています。幼い頃、花の蜜を吸ってみたりドングリを拾って殻をむいてみたこと、きっとありますよね。特に木の実はいろんな種類、きれいなかたちを集められると嬉しくなりました。

きっとそれはご先祖さまも同じでした。はるか昔、人類にとって木の実は重要な食料源でした。特にドングリは縄文時代には主食だったといいます。ドングリはブナ科のカシ・ナラ・カシワなどの果実です。栗と違い、ドングリは生ではアクが強くて食べられません。なのでアク抜きが必要。縄文人は土器を使って鍋のように加熱したり水にさらしてアク抜きをしていたのかもしれません。アク抜き技術は確立していたといいます。しかも、ただそのまま食べていたのではなくしっかりと“調理”していたというのです!


縄文時代にクッキーがつくられていた? 縄文クッキーの謎

「縄文クッキー」という言葉を聞いたことはありますか? もしかしたら学校で教わって調理実習で作ってみた方もいらっしゃるかもしれません。縄文クッキーは長野県の曽利遺跡ではじめて出土しました。縄文時代のとても早い段階でつくられていたといわれています。クッキー状の炭化物で、その後東日本のさまざまな縄文時代の遺跡から出土しています。

その材料が何だったのかはまだ推測の域を出ません。けれど、ドングリなどの木の実の粉に卵や塩を練ってつくられたのではないかという説や、獣肉も加えてハンバーグのようにしたのではないかという説まであります。またクッキーではなく「縄文パン」ともいわれています。

現代でドングリを食すには、水につけたあとレンジでチンして殻をむいて食べたり、煎ってからコーヒーミルで挽いたものをドリップしてコーヒーにして飲むなど、ちょっと頑張れば手の届く範囲です。いつもと違った自然の味を楽しみながら古代の生活にロマンを感じるのも面白いかもしれませんね。

 

ロマンの森共和国 千葉県 南房総 大自然

千葉県南房総で子供と大人が一緒に遊べる大自然の国、ロマンの森共和国HPより

今回は、南房総の真ん中にある『ロマンの森共和国』の耳寄り情報です。

都心からわずか90分!!  40万㎡もの敷地には、ホテルやコテージ等の宿泊施設や100メートルの白い断崖が迫る絶景「露天風呂」始め、 「フィールドアスレチック」、「SL弁慶号」や「オモシロ自転車」、「渓谷遊び」など親子で丸一日遊べるレジャースポットです。

もちろん食事も充実「BBQガーデン」では、ドングリが豊富な「清和(せいわ)の森」で捕獲した柔かいイノシシ肉のBBQ が人気。

隣接する「フードコード」では国産鶏だしの塩ラーメン、イノシシカレー、手作りチャーシュー麺もおススメです。

その他園内のレストランでは、地元名産のじねんじょを使用したお料理や千葉県産の最高ブランド牛、かずさ和牛のステーキ和膳など、地産地消にこだわった料理長自慢の逸品を是非ご賞味下さい。

詳しくは、ロマンの森共和国ホームページをご覧ください。

ロマンの森共和国
〒292-1179 千葉県君津市豊英659-1
http://www.romannomori.co.jp/index.php

【ハロー千葉】

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.