ポスト安倍~石破茂氏は総裁選に確実に出馬する!

8/30(水)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!①

石破氏の政権構想は安倍総理と正反対?
6:30~ニュースやじうま総研!ズバリ言わせて!:コメンテーター鈴木哲夫(ジャーナリスト)

石破茂

北海道新聞社主催の「道新東京懇話会」で講演する、石破茂前地方創生担当相=2017年7月12日、東京都中央区 写真提供:産経新聞社

石破茂氏が本格的に総裁選に向けた準備を始めている

先週この番組にお越しいただいた石破茂衆議院議員。安倍総理に対する穿った意見を言うことで最近注目されていますが、“ポスト安倍”として総裁選への出馬の可能性についても非常に注目が集まっています。安倍総理と正反対の政権構想など、石破氏の心中をジャーナリストの鈴木哲夫氏が明かします。

高嶋)今日は石破さんのことをいろいろと伺いたいと思います。先週この番組にもご登場いただいたのですが、私は随分変わったなと思いました。幹事長とか地方創生大臣とか、いわゆる内閣に協力しているときは大変慎重な口調が多かったのですが、この間は自分の意見というものを、安倍さんに対してものを言うときも、加計学園などについてものを言うときは目つきがぱっと瞬時に変わるのですよね。石破茂さんの本質・本音みたいなものがズバリと出て来るようになりましたね。その辺どうですか、この間ある番組で丁々発止語り合ったとか?

鈴木)関西のローカル番組で、石破さんから来年の総裁選挙に向けて安倍首相とガチで戦うという本音を引き出そうということでお会いしました。私が取材をしている限りだと腹はもう固まっていると言って良いと思います。
彼が言っていたのは「自分の生き様として、例えば大臣、それから自民党の三役、そういう職に就いているとすれば自分の生き様としては、これはやはり総理を支えている立場だからそこでいろんなことは言えない。自分も支えている一人なんだ」ということをはっきりと言った。
これは裏返せば今は無役なのですね。ということは「言わせてもらいますよ、総裁選にも出ますよ」という裏返しなのですよ。そういう意味ではおかしいものはおかしいと言う批判がこれからもストレートに出て来るでしょうし、来年の総裁選は間違い無く出るということですね。


石破氏の政権構想は“地方創生”

高嶋)これからの動きとしてはどんなことが考えられますか?

鈴木)どうも話を聞くと石破さんの政権構想というのはやはり地方創生なのです。アベノミクスと逆と言うか、つまりアベノミクスというのは大企業や東京の経済が良くなってその果実が地方に落ちていくというものですが、石破さんの地方創生というのは「経済の伸びしろは地方にあるのだ」という、つまり逆に地方から経済を盛り上げていくということです。だから安倍さんと全く逆なのですね。
地方がキーワードということで、これは石破さんの側近たちも言っていることですが、これからは徹底して地方を回る。そこで対話集会をやり、地方票から盛り上げていく。


石破氏最大の弱点は国会議員票

高嶋)以前も安倍さんが2度目の総理になるときの総裁選挙で、地方票は石破さんの圧勝でした。いわゆる国会議員の投票で負けたのですけど、そういうことを考えると、国会議員のほうの票を獲得するようなことを今やっているのですか?

鈴木)これが石破さんの最大の弱点だと思います。国会議員の中でどうなのかという。
ところが安倍さんの支持率が下がってから自民党の中でも反安倍の勉強会ができるといった動きが徐々に出てきました。こういうものをこれから石破さんがどれだけ政策的に自分の票に繋げていくか、ここが最大の課題です。これができなければ最後は負けてしまうわけで、だからまずは地方から、それから国会議員票ということでしょうね。

高嶋)マスコミなんかも石破さんの叩くところはけっこうあからさまに叩くようになっているし、安倍さんを叩くところはそちらもそちらで遠慮無くやっているし(笑)。

鈴木)だけどライバルが出るというのは自民党の為にも安倍さんの為にも良いことじゃないですか。やはり切磋琢磨しないと緊張感が無くなるでしょう。そういう意味ではこういう動きが出て来たのは歓迎すべきことだと捉えても良いと僕は思いますけどね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.