鈴木杏樹のいってらっしゃい

人はなぜパートナー以外にもときめきを感じてしまうのか

タグ

ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

ときめきは、ふとした瞬間に感じます。ときめきという感情は本能的なものなので、自分の意思ではコントロールすることができません。そのため年齢や結婚している・していないなどは関係なく、ときめいてしまうことがあります。ただし、そこから先に進むかどうかは理性によって制限されます。

ときめきを感じる瞬間は、人それぞれで違います。例えば結婚されている女性でも、旦那さん以外の男性にときめいてしまうことがあります。ただし、これは決して“恋をした”というわけではないそうです。瞬間的、本能的に男性にときめきを感じてしまったということになるのだそうです。

では、どうして旦那さん以外の男性にときめきを感じてしまうのでしょうか?

女性の場合、結婚して、さらに出産すると、日々の家事や育児に追われてしまいます。そうなると“ひとりの女性”というよりは“妻”になって、“母”になって行きます。

さらに夫婦の間でも、それまでお互いのことを名前で呼び合っていたのが、特にお子さんが生まれると『パパ・ママ』や『お父さん・お母さん』と呼ぶようになります。また女性の場合、結婚すると『〇〇さんの奥さん』、出産すると『〇〇君・〇〇ちゃんのママ』と呼ばれるようになったりします。

そんなときに突然、本当の名前で呼ばれて、“ひとりの女性”として扱われていると思ったとき、ときめきを感じることがあるそうです

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.