柿崎元子のメディアリテラシー

皇室パレードで見えた、令和の時代のコミュニケーションとは

タグ

フリーアナウンサーの柿崎元子による、メディアとコミュニケーションを中心とするコラム「メディアリテラシー」。今回は、皇室パレードで見えたコミュニケーションの方法について—

筆者撮影

【最高レベルの警備体制】

人にものを頼むときは、言葉づかいはもとより、「Yes」と言わせる環境づくりが大切です。頭ごなしに命令されるよりは、自発的に動いてもらうことが望ましいと言えます。お祝いごとのなか、如何に気持ちよく観衆に参加してもらうか…このことに祝賀御列の儀の成否がかかっていました。

「いま、国会議事堂付近を通過されています。もう少しです」

周りは一気に期待の空気に包まれました。赤坂支所前のバス停横は、中継用の大型カメラが陣取り、テレビ局のスタッフやレポーターでごった返しています。

11月10日、天皇陛下の即位に伴って行われたパレード「祝賀御列の儀」。沿道には大勢の人が集まり、翌日の新聞発表では11万9000人が即位をお祝いしました。

皇室のパレードとしては26年ぶりとなった祝賀御列の儀は、最高レベルの警備体制が敷かれました。全国から集結した警察官2万人余り、特別派遣部隊が約3000人、皇室関係の警備を専門とする皇宮警察からは約900人が配備についたと聞いています。

筆者撮影

【オープン・コミュニケーション作戦】

皇居から赤坂御所までのおよそ4.6キロの沿道には、鉄柵で囲われた観覧用のブースがいくつもありました。黒いスーツの警備員と、その後ろに制服を着た警察官が、約2~3メートルごとに整列する厳重警戒態勢です。ピリピリと張りつめた空気になるのだろうと想像しました。しかし…。

「午後3時に両陛下が皇居を出発されると、15分くらいでこの付近に到達します」…黒いスーツ姿で髪を短く刈り上げた男性が、観衆に説明しています。

「10キロぐらいのゆっくりとしたペースですので、シャッターを切るチャンスは何度もあります」

「車列は300メートルぐらいありますが、両陛下が乗られたオープンカーは8台目です」

誰かが尋ねたわけではないのに、とても詳細に話しています。その徹底したサービスぶりに、「大丈夫かな? ペラペラしゃべり過ぎて、後で怒られるんじゃないかな?」と心配してしまうほどです。しかし、これは大いなる勘違いでした。

違和感を覚えてしまうほど、積極的な情報提供と説明。それは今回の祝賀行事を滞りなく進めるために、練りに練られた戦略だったのではないでしょうか。私はこれをオープン・コミュニケーション作戦と名付けました。

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【相手を敬う心と情報提供】

オーバー過ぎるほど積極的に沿道の観衆とコミュニケーションを取り、情報をオープンにし、不安を解消する。もめごとに発展しそうなリスクを最小限に抑え、笑顔で気持ちよくパレードを見てもらう。その根底には制限する、禁止するのではなく、相手を敬う、信じる気持ちがあると思います。

通常、厳重警備から想像するのはピリピリ感や、研ぎ澄まされた緊張感、ピピーッという笛や拡声器の音ですが、都心は車が走る音も聞こえず、とても静か。風はなく、日向は暖かい。この解放感や気持ちの良さが、オープン・コミュニケーションからもたらされた不思議な感覚でした。

そういえば最初から、いい意味での違和感がありました。午前11時過ぎ、青山一丁目の駅はすでに出入口が限定され、一方向にしか出られなくなっていました。大勢の人に交じって制服の警官や、黒いスーツを着たSPのような人が何十人もいます。黒服のガタイのいい男性が2~3人集まると、それだけで威圧感があるものですが、なぜか凄みは感じられませんでした。

筆者撮影

【褒める・ねぎらう】

列に1時間ほど並び、私たちも手荷物検査を受けました。テントのような場所に入り、女性には女性の、男性には男性の警官が話しかけて来ました。

「失礼します。バッグのなかを拝見できますか?」「ファスナーを開けてもよろしいでしょうか?」…とても丁寧な応対です。「ボディチェックを行いますので、奥様はこちらへどうぞ」と、まるでレストランの席に案内されるような言い回しです。

となりのお年寄りには、「どのぐらい並ばれたんですか?」「1時間以上? それは大変でしたね」と、ねぎらいの言葉をかけていました。検査されているのに嫌な気持ちはせず、むしろおしゃべりを楽しむ感覚でした。

「かばんのなかがとてもきれいに整理されていますね」と、夫はほめられたそうです。人間ほめられるとまんざらでもなくなります。それまでより積極的に、ボディチェックに臨んでいました。

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【義務付けるのではなく相手にまかせる】

話し好きはどこにでもいます。観客との待ち時間のおしゃべりは、単なる時間つぶしだと感じていました。しかし、話し声はあちこちから聞こえて来ます。

「あの、トイレはここだけですか?」と男性の声がします。3台ある簡易トイレには、すでに50人以上の列ができていました。

「これより先はさらに遠くなってしまいます。でも、もしかしたら赤坂警察で借りられるかもしれません。行ってみないとわかりませんが…」と、少し困った表情の警察官。“気の毒に、並ぶしかないよね”と、誰もが心のなかで思いました。

するとその数分後のことです。「大丈夫です。赤坂署がトイレを貸してくれるそうです。いま、確認して来ました」という声が聞こえて来ました。わざわざ交渉しに行ってくれていたようです。ひとりの警察官の予想を超えた行動に、そこにいる全員が協力的になって行く空気を、どう表現したらよいでしょうか。

多くの人に同じ行動を義務付けるのは、なかなか難しい作業です。どうしても上から命令したり、規則だからと頭ごなしに言い放つことが多いでしょう。

しかし、無理に従わせようとせず相手に任せる。さらには、相手を尊重し、思いやりを持った言葉をかける。そして情報提供は隠さずオープンに。これにより、観衆と警備の双方によい結果をもたらしたのです。

警備に携わる1人1人が実行した積極的なコミュニケーションが、大勢の人を動かし、素晴らしいパレードの成功へと導いたのではないかと、私は思いました。2019年11月10日は、令和の時代のコミュニケーションを象徴する日になりました。

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.