いまさら聞けない「女性天皇」と「女系天皇」の違い

タグ

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月12日放送)にジャーナリストの有本香が出演。皇位継承について解説した。

「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」祝賀式典に出席、正門石橋でちょうちんを掲げられる天皇、皇后両陛下=2019年11月9日午後6時43分、東京都千代田区の皇居前広場 写真提供:産経新聞社

菅官房長官、安定的な皇位継承の議論について極めて重要と述べる

菅官房長官は11日、安定的な皇位継承に関する議論について、極めて重要な問題とし、女性皇族の婚姻などによる皇族数の減少もふまえ、「先延ばすことのできない重要な課題」との考えを改めて示した。

飯田)パレードの余韻が冷めやらぬところで、政府内では女性・女系天皇の女性宮家を容認する案が浮上しているという内容の記事を、時事通信が報じました。

有本)菅官房長官は、時事通信の女性・女系天皇の議論は先送りし、女性宮家は容認する案が政府内で浮上しているという報道については、承知していないということです。しかし、以前から聞こえて来ていたのが「女性宮家」。この言葉自体がわかりませんよね。そもそも宮家というものが何のためにあるかと言うと、皇統を継ぐための、一種の血のスペアというためにあるのです。「女性の宮家」というのはそもそも成立しません。

飯田)概念として。

「祝賀御列の儀・祝賀パレード」沿道に集まった人びとに手を振られる天皇皇后両陛下=2019年11月10日午後、東京都港区 写真提供:産経新聞社

「女性天皇」と「女系天皇」の違いを理解していない

有本)始まる前に番組スタッフの方と話をしたら、番組のスタッフでも女性天皇と女系天皇の違いについて、どこが違うかはっきりわかりませんでした。

飯田)世論調査で、わかりますかと質問をしても「わからない」と答えた人が多いのですよね。

有本)7割ぐらいが女性天皇・女系天皇を容認という世論調査だったそうですが、わからないのに「女性・女系天皇を容認しますか?」と聞いても、あまり意味がないでしょう。番組を作っているスタッフの方でもわからない。それくらい私たちは、天皇という存在について知らないということなのです。

飯田)不敬ながらですが、サザエさん一家に例えられたりするではないですか。あそこはもともとが磯野家である。磯野家の男系で継続をして、カツオくんがなるのは正当な継ぎ方である。サザエさんがなるのは、男系の女性であるので…。

有本)男系の女帝なのです。それは過去に例がないわけではない。ただ、それも他にたまたま継げる人がいなかったから、リリーフというような感じですよね。

飯田)ある意味で緊急避難的に。

有本)女性天皇とは、まさにその人が女性であるということです。女系というのは、お母さんの血筋。要するに本来、天皇はお父さん、お父さん、お父さんというように辿って行った際、天皇陛下に行きつくという人です。

【祝賀御列の儀・祝賀パレード】祝賀御列の儀で皇居を出発される天皇、皇后両陛下=2019年11月10日午後、東京都千代田区 写真提供:産経新聞社

「女系天皇」はこれまでの天皇の条件を満たしていない

有本)いまの皇室典範では女性天皇も認められていませんが、そもそも、お母さんの血筋を辿って天皇に行くかどうかということは、天皇の条件ではないのです。だから「女性・女系天皇」という言い方も変な話です。「女性天皇」という歴史的にはあり得た話と、「女系天皇」というこれまで存在し得ない、要するにいままでの天皇の条件を満たしていない、異質な存在を並列して書くということ自体が、私はある種のプロパガンダだと思う。だから、ここをまずきちんと日本国民に理解させることです。いい悪いではなくて、少なくとも2000年、この伝統を守って来ているわけではないですか。これは相当重いことですよ。それがいまの私たちの時代に、理解していない国民の何となく取ったアンケートで、7割がいいと言ったから変えましょうというのは、200年後の子孫から「なぜこのとき断絶してしまったの?」という話になる可能性もある。ですから長い間、これを守って来た重みをみんなが理解して受け止めた上で、それでも変えるのかどうかということです。女系天皇というのは、いままで例がないのです。

飯田)女系はそうですね。

有本)これまでの天皇という存在の条件を満たしていない存在です。それを入れるということは、皇統の安定的な維持にはつながらないのです。

天皇即位儀式 「平成流」継承を表明  宮殿・松の間で行われた「即位後朝見の儀」=2019年5月1日午前(代表撮影) 写真提供:共同通信

磯野朝とフグ田朝の違い

飯田)大変卑近な言い方をしますと、「名字が変わってしまうけれどいい?」という話です。女系天皇を認めるということは。

有本)そういうことです。磯野朝からフグ田朝になってしまうということですからね。

飯田)タラちゃんがなるということなのですね。家の表札の名字が変わってしまうよと。

有本)男の子だからいいとか、そういう話ではないということです。そこが理解されていないのに、「国民は容認している」という話になるのはまったく違うし、そんなことをしたら日本の歴史を変えてしまうことになります。その意識はあるのですか、ということです。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.