ライター望月の駅弁膝栗毛

富山駅「源の旅めし 白えび天ぷら」(1000円)~冷めても美味しい!富山ならではの天丼駅弁!!

タグ

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

413系電車・普通列車、あいの風とやま鉄道線・呉羽~富山間

北陸新幹線の開業に伴って、富山県内の北陸本線(倶利伽羅~市振間)は第3セクターの「あいの風とやま鉄道」となりました。
多くの列車がお隣・石川県の「IRいしかわ鉄道」と直通運転を行っており、朝夕の一部列車では、国鉄時代からの413系電車も活躍中。
新幹線の高架を横目に、懐かしの“北陸本線”気分が楽しめる列車となっています。

521系電車・普通列車、あいの風とやま鉄道線・魚津~東滑川間

「あいの風とやま鉄道」の多くの列車では、JRから譲渡された521系電車が活躍中。
2~4両編成を基本に、金沢~富山~泊間で毎時1~2本の普通列車が運行されており、一部の列車では、ワンマン運転も行われています。
また、あいの風線~IR線共に「ICOCA」エリアとなっており、モバイルSuica利用の方なら、スマホ1つあれば、新幹線と北陸の3セク線をサクサク移動することができます。

源の旅めし 白えび天ぷら

「あいの風とやま鉄道」の普通列車は転換クロスシート、またはボックスシートが設置されていますので、空いている区間なら、駅弁も十分に楽しめます。
名物「ますのすし」でおなじみの富山駅弁「」が手掛ける、“富山らしい”天丼駅弁と言えば、「源の旅めし 白えび天ぷら」(1000円)!
この駅弁、全国的にも珍しい“天丼駅弁”なんです。

源の旅めし 白えび天ぷら

【おしながき】
・白飯
・白えび天ぷら
・半熟卵天ぷら
・赤かぶ天ぷら
・いんげん天ぷら

白えび天ぷら弁当

平成29(2017)年春から登場した「源の旅めし 白えび天ぷら」。
ふたを開ければ、天丼のたれの甘い香りが、フワッと漂います。
白飯の上にはサクサクの白えび天ぷらがたっぷり載り、何と冷めてもサクサク!
さらに真ん中の半熟卵の天ぷらに箸を入れれば、とろ~りと流れ出した黄身が衣にしっかりとしみ込んだ甘い天たれと絡み合って、口に頬張れば、それはもう“至福のひととき”です。

521系電車・普通列車、あいの風とやま鉄道線・呉羽~富山間

冷めても美味しい、まさに“駅弁の天丼”を体現した「源の旅めし 白えび天ぷら」。
しかも、富山湾の宝石とも称される白えびがたっぷり使われており、まさに富山だからこそ楽しみたい駅弁に仕上がっています。
ちなみに、厳寒期には加熱式駅弁になり、また違った装いと味わいが楽しめます。
夕方には完売していることが多いので、遅い時間に利用の方は予約をおススメします。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.