上戸彩 24時間チャリティラジオで「私が元気とパワーをもらった」

7月15日、上戸彩がニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」で、上戸彩がニッポン放送のラジオ番組に出演したときのエピソードを披露した。

上戸彩が2014年のラジオ・チャリティ・ミュージックソンでパーソナリティを務めたときの写真

上戸彩は、17歳からニッポン放送で自身の番組のパーソナリティを務めたが、最初の頃は「自分の気持ちを言葉にするのが本当に苦手だった」と明かした。そして21歳まで年齢を重ねるごとに番組タイトルを変えながら21歳まで番組を続け「自由にしゃべれるようになった」と振り返った上戸。

その21歳の時には目の不自由な方のための24時間チャリティ番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」(第32回・2006年放送)のパーソナリティを務めた。上戸は自ら積極的に募金受付の電話を受けていたが、このときのことを思い出しながら「電話でお話しすることが大好きで」と語った。

上戸彩が2014年のラジオ・チャリティ・ミュージックソンでパーソナリティを務めたときに募金受付の電話を受けた際の写真

そして29歳の時にも「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」(第40回・2014年放送)のパーソナリティを務め、自身の朗読と様々なアーティストのライブによって構成された番組に「幸せな時間でした」としみじみ回顧。2回のパーソナリティ経験について、「本当に私がみなさんから元気とパワーをもらう24時間でした」と振り返り、「ラジオ・チャリティ・ミュージックソンがこれからもずーっと続いて行きますように」と語った。

ニッポン放送開局記念日スペシャル「おかげさまで65周年”あなたとROCK&GO”」
FM93AM1242ニッポン放送 2019/7/15 5:00-21:50

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.