伝説の「プロ野球・巨人対中日10.8決戦」 当時の実況アナウンサーが回想

「草野満代 夕暮れWONDER4」(3月26日)で、「プロ野球・巨人対中日10.8決戦」のラジオ中継の模様を放送した。

 

1994年10月8日、平成の名勝負として語り継がれる、優勝がかかった巨人vs中日戦。当時の巨人・長嶋茂雄監督は、ともに1試合を残して同率で首位に並び、勝った方がリーグ優勝という史上初の一戦を「国民的行事」と呼んだ。

この名勝負、ニッポン放送の野球中継番組「ショウアップナイター」の中継アナウンサーをつとめていたのは、松本秀夫アナウンサー。パーソナリティの草野満代は、NHK「サンデースポーツ」時代で、まさにこの球場に立ち会っていたと回想。

草野「実況を聴きながら、長嶋さんの様子とか、思い出しました。あと、空の色や雰囲気がすっごく懐かしい。球場は不穏な空気が包んでいて、独特でしたね」

いっぽう、当時、試合の実況を担当した松本アナは、こう振り返った。

松本「当時、テンパってたので・・・あまりよく覚えてないんです」

当時の懐かしい、貴重なお宝音源、radikoのタイムフリー機能でお聴きいただけます。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.