小津安二郎の映画を中井貴惠の朗読で聞く

タグ

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、女優でありエッセイストの中井貴惠が出演。2009年からシリーズで続けている『音語り 小津安二郎映画を聞く』について語った。

1951年頃(小津安二郎 – Wikipediaより)

黒木)今週のゲストは女優でエッセイストの中井貴惠さんです。
『音語り 小津安二郎映画を聞く』のシリーズを2009年から続けられています。

中井)絵本の読み聞かせをやったときに、最初は当然、子供の比率の方が多かったのですが、大きな絵本と音楽と朗読の世界に大人の人たちが魅力を感じてくださって、次第に大人の比率が高くなって来たのです。それならば、もっと大人の人が楽しめる音楽と朗読の世界を作れないかなと思ったのです。突然ここに小津安二郎さんが出て来るのが驚きなのですけれど、私の父と母の仲人をして下さったのが小津安二郎さんなのです。小さいときに私のことをとても可愛がってくださって、孫とおじいちゃんみたいな感じでいっぱい写真も家にありました。小津さんが亡くなられてから、小津さんの映画がヨーロッパで高い評価を得て、ちょうどそのときに私が朗読の活動を始めて、何か小津安二郎さんにまつわるものを朗読で伝えて行けないかなと思ったのです。
当時小津さんと一緒に仕事をされていたプロデューサーの山内静夫さんという方がいらして、山内さんに「小津さんにまつわるものを何か読みたいと思っているのですが、何かないですか」と聞いたら、「シナリオを読んだらいいよ」と言われました。「シナリオってどうやって朗読するのですか? 2時間の映画を2時間読めないですよね」と言ったら、「いやいやそれは、朗読用にシーンを抜粋して、間をト書きでつないで作るんだよ」って。「誰が?」と言ったら「僕が作る」と言ってくださって、それで作りました。

黒木)それは全部1人で、セリフをおっしゃるわけでしょう?

中井)そうです。小津映画に出演されている方というのは、笠智衆さん、杉村春子さん、原節子さん、三宅邦子さんなど、素敵な俳優さんばかりで、その方たちがその役に1度命を吹き込んだものを私は読むわけです。そのイメージをなるべく損なわないように読まないと、その人たちに、『東京物語』なり『晩春』なりは伝わらないのだろうなと思ったら、「こんな恐ろしいことをやるって言わなきゃよかったな」と思いました。
最初は『晩春』という作品を音語りという形にして、ピアノと語りで映画をまるまる聞いていただきました。その後『秋日和』、『東京物語』をやりました。そのあと『お早よう』という映画があるのですけれど、「どうしても語りでやりたいので台本にしてください」と言ってやっていただいたら、山内さんが「4という数字は良くないので5までやろう」と言って、遺作の『秋刀魚の味』も作りました。これでしばらくは終わったのですが、山内さんは93歳でいらっしゃるのですけれど、「やっぱり自分が好きで、小津監督もたぶんいちばん好きだった『麦秋』を入れていないのが気になる、これも作ろう」とおっしゃって、『麦秋』を作りました。小津さんの映画は6本やっています。

黒木)早稲田大学の記念講堂で『東京物語』をやられたのですね。

中井)音語りという形にすることによって、映画を紐解くとそれぞれ奥深いメッセージがあって。いまと変わらない日常を描いている映画ばかりなのですけれど、その辺を映像なしで聞いていただいて、みなさんの頭のなかで新しい『東京物語』なり『麦秋』なりの絵を描いてもらう。そして、興味があったらまたDVDで映画を観ていただければ、もっと映画を面白く感じていただけるのではないかなと思います。


中井貴惠/女優・エッセイスト

■1978年、早稲田大学在学中に東宝映画「女王蜂」のヒロインでデビュー。以後、映画、テレビ、CFなどで活躍。
■1987年に結婚。アメリカ・札幌と移り住み、現在は東京在住。
■女優業のほか、執筆でも活躍。数々のエッセイや翻訳・抄訳作品を出版。また、エッセイやコラムなども手掛け多方面で活躍。
■1998年には「大人と子供のための読みきかせの会」を結成。
仕掛けたっぷりの大型絵本と生の音楽をつけた独特の読みきかせは大人気を博し、幼稚園、小学校や小児病棟などで行われる公演は既に1,300回以上を数える。
■2006年より、中井貴惠の朗読と音楽だけによる「音語り」シリーズをスタート。
■2009年からは小津安二郎監督作品の音語り公演「小津安二郎映画を聞く」シリーズを展開。『晩春』『秋日和』『東京物語』『お早よう』『秋刀魚の味』『麦秋』を上演。これまでにない朗読のスタイルとして各地で注目を集めている。
■2017年12月には、中井自身が作品を厳選し、ゆったりと落ち着いた空間で、大人が絵本の朗読を楽しむ公演『おとな絵本の朗読会』をスタート。表現の幅を更に広げた活動を展開している。
■JXTG童話賞の選考委員を務める。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.