日米自由貿易協定を日本は受けて立つべき

タグ

ニッポン放送の「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月5日放送)に国際問題アナリストの藤井厳喜が出演。日米自由貿易協定について解説した。

日米物品貿易協定 TAG 日米 首脳会談 中国 アメリカ 共産党

マイク・ペンス – Wikipediaより

アメリカのペンス副大統領、11月に来日へ

日米両政府は、来月中旬にアメリカのペンス副大統領が来日する調整に入った。ペンス氏は安倍総理大臣や麻生副総理兼財務大臣と会談し、北朝鮮の非核化や日米で交渉入りが決まった日米物品貿易協定(TAG)などについて意見交換するとみられている。

飯田)11月半ばと言うと、中間選挙も終わった後ですね。

藤井)終わった後です。日米はしっかりTAGを組むことからです。いちばん大きな問題は中国ですね。
NAFTAについてもいろいろなことが言われていますが、アメリカはNAFTAを捨てられません。特にメキシコは捨てられない。国境線をまたいでアメリカの製造業のためのインフラ、サプライチェーンが複雑に発達しているので、メキシコを切って捨てることはとてもできない。トランプさんはいろいろ言っていますが、アメリカの産業界の意見をよく聞く大統領です。

飯田)なるほど。

藤井)現場のビジネスマンの意見を大事にする人なので、メキシコ切り捨てはありえない。でも壁の問題があって、メキシコを切り捨てるような言い方をする人も多いのですが、実際そうではない。NAFTA(北米自由貿易協定)について、名前は変わりますが、カナダも妥協しました。アメリカのやり方もうまくて、まずメキシコと話をつけ、カナダに対して「お前はこれでもいいの?」という感じで。彼らも最終的に受け入れたかたちになりました。
違法移民は厳しく取り締まるけれど、メキシコは切り捨てない。これを切り捨てたら、アメリカの製造業の競争力が落ちてしまいます。

日米物品貿易協定 TAG 日米 首脳会談 中国 アメリカ 共産党

笑顔で会談するトランプ米大統領(右)と安倍首相=2018年9月26日、米ニューヨーク(共同) 写真提供:共同通信社

日米自由貿易協定を日本は受けて立つべき

藤井)日米関係はどうなるのかと心配していましたが、26日の日米首脳会談で日米共同声明が出て、TAGが決まった。日米物品貿易協定と言われていますが、これは「物品だけに限った自由貿易協定」と言えば分かりやすいと思います。結論から言うと、日本にとっては非常にありがたい話です。トランプ政権は多国間はダメなので、TPPは拒絶なのです。これにはいろいろな理由がありますが、特に司法の独立が失われることは大問題だと。国家主権が失われることになるという解釈で、そのため2国間でやりたいと言うのです。
2国間でやる場合、日本側は自由貿易協定をやられてしまうと「アメリカに良いようにされるのでは」と恐れていますが、僕は自由貿易協定を、日本は受けて立つべきだという考え方です。貿易黒字を持っているのはどちらなのか。日本側が強いので恐れることはないと思いますが、アメリカが強いのはサービス貿易なのです。物の輸出、工業製品に関しては日本が強い。農業はアメリカの方が強いという簡単な図式です。
サービスのアメリカにとっていちばんの強み、金融、保険、通信や、教育も入ると思いますが、これを「とりあえずギブアップする。物だけで良いよ」と。これは日本にとって大変ありがたいことで、いままでやってきたなかで、落としどころも大体見えている。やっている最中は、自動車に対する関税は日本車に掛けないと約束していますし。農業関係にはかつてやった妥協…EPA協定などがありますが、「そのとき以上には妥協しません、結構です」とアメリカが言っている。だから怖いものはもう無いのです。

飯田)日本のメディアは、これで「譲歩した」とか「押し切られた」などと言っていますが。

藤井)譲歩は両方しないと(笑)。

飯田)片方だけ勝つということはないですからね。

藤井)だけどアメリカの側が譲歩した方が圧倒的に多いですよね。

飯田)他の例を見ると(笑)。

藤井)僕はこれを見て、なぜこんなにあっさり通ったのかと思いました。でもこれは、対中国で日本を抱き込まなければいけないから、アメリカにしてみれば相当妥協したなと。ただ、「後からサービス貿易の話はやりますよ、次の段階で」ということに…。

飯田)その釘刺しは一応、入っていますよね。

藤井)入っていますからね。また議会が2人決議で、これをやれということを言ってくる可能性があります。しかしとりあえずは、安倍さんは良い条件を勝ち取ったなと思っています。

 

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.