DKKプレゼンツ DJ MIKIO 飯島勲 今夜も一緒に語りましょう!

2021.04.07

第14回(2021年4月5日放送)

第14回、前半のテーマは「菅総理訪米について」

当初の予定より1週間延期され、4月16日に開催が決定した菅総理とバイデン米大統領の日米首脳会談。「飯島さんは、菅総理が外遊される際はいつも同行していらっしゃいますが、今回はどうされるんですか?」というDJ MIKIOさんの問いに、飯島さんは「今回は本当に(同行者は)少人数で、私は自発的に参加しないことにしました。本当は『参加する』って言っといてワクチンだけ打ちたかったけど(笑)」と冗談も交え答えました。

今回の菅総理訪米は、新型コロナウイルスの関係もあって、同行する官僚も厳選、官邸からもほとんど同行せず、しかもホワイトハウスに入れる人数はごくわずか。「1泊3日でホテル待機だと、何のために行くのか分かりませんからね」という判断で、飯島さんは留守を預かることになりました。

「バイデン大統領は選挙中はちょっと弱々しく映りましたけれども、最近は顔に活気が出てきたように思いますが……」と言うDJ MIKIOさんに、飯島さんは「政策を見ていても、トランプは基本的にオバマの政策を全部逆をやってきた。バイデンはそうじゃなくて、オバマ政権時代の復活と同時に、トランプのいいところは継承する。たとえば対中国(制裁措置を継続するなど、強硬政策を継承)はそうですね」と、菅総理訪米の成果について期待を語りました。

また飯島さんは、トランプ大統領就任直後、安倍総理が訪米したときの話を披露(このときは飯島さんも同行)。

「最初にトランプに逢ったときは、ニューヨークの自宅(=トランプタワー最上階)に行ったんです。あのときは同行者が何人もいたんですが、安倍総理だけが自宅に行って、あと副長官から何から全部、外務大臣もホテル待機と」。その後の「安倍・トランプ」の緊密な信頼関係は、トップが一人で乗り込んだ直接会談をきっかけに築かれたようです。

「飯島さんの、バイデン就任後の印象はいかがですか?」というDJ MIKIOさんの質問に、飯島さんは「まだ実体の経済とは落差がありますが、バイデンになってから、株価が高値で安定してますから……日本もそうですね」と経済面でのプラス効果に期待。

ただし飯島さんは、懸念材料もあると指摘。今月開催の「気候変動の首脳会議」(=バイデン大統領の提唱で4月22日・23日にオンラインで開催)、11月に英国で開かれる「COP26」(=国連気候変動枠組み条約・第26回締約国会議)と環境関連のサミットが行われ、日本政府もカーボンニュートラル(=温室効果ガスの排出を実質ゼロにすること)を2050年までに実現すると宣言するなか「ちょっと心配なのは、電力需要がそれでうまく行くのか?

DJ MIKIOさんも「『脱炭素』も運動そのものがずいぶん先行して、早くも前倒しになっていますから、実体経済がマッチするのか少し心配ですね」と財界人の立場から懸念を表明しました。

話題はそこから、トヨタが開発した水素で走る燃料電池自動車「MIRAI」の話に移り、DJ MIKIOさんが「水素自動車では日本がいちばん先行しているような感じがするんですが、日本が先行するものは、EUが反対して自分たちのスタンダードを作りたいと、あらゆる分野でそういう動きがあるような気もしますけれども」と指摘。実際、EU向けに工業製品を輸出しようとすると、関税・規制など非常に高い障壁があるそうです。

「いろんな国がいろんな戦略を考えて、その点、日本はすごく正直というか、真面目に真摯にいろんなものに取り組んでるような気がするんですけれども」と言うDJ MIKIOさんに「強気に出るときは出るべきだね」と答える飯島さんでした。

後半は「中国の戦略と各国の関係について」

飯島さんは最近の中国の動きとして,経済で揺さぶりをかけていることを指摘。その例として、オーストラリアが新型コロナウイルス発生源について、中国に対し第三者による調査を要求したことで、中国が報復措置として豪州から主要商品の輸入を停止したことを挙げました。

中国がアフリカ諸国などに行っているODA(=政府開発援助)に関しても、工事の発注は中国企業に行っているため、現地での雇用につながっておらず、援助した資金が中国に還流していることを指摘。日本のODAの場合、工事などは現地調達で、援助国の失業率低下にも役立っていると語り、そういうことの積み重ねが国際的な信用につながることを示唆しました。

また、IOCのバッハ会長が「東京五輪に中国製のワクチンを導入する」と発表したことに関連して、飯島さんは「日本は何でワクチンを作らないんだという批判がずっとありますけど、実際には開発途中で、第2次補正予算で1400億円、第3次で1300億円以上の開発の支援金を政府が支出。5つぐらいの製薬メーカーがいま開発に着手しています。表にはあんまり出ませんがね」と、ここだけの話を披露。

「たぶん来年あたりは完全に日本で開発した、日本人のための新型コロナワクチンが相当な数、大量生産されると思います」という見通しを語ってくれました。こういった貴重な情報が聞けるのも、この番組ならではです。

  • DKK
パーソナリティ
  • DJ MIKIO
    DJ MIKIO
    DJ MIKIO

    DJ MIKIO

    DKK電気興業株式会社の代表取締役社長・松澤幹夫さん。
    シンガーソングライター、そしてラジオのパーソナリティとしても活動中。

  • 飯島勲
    飯島勲
    飯島勲

    飯島勲

    小泉内閣で、首席総理大臣秘書官を務め、第2次安倍内閣・そして現在の菅内閣でも、内閣官房参与を務める。

アシスタント
  • 川口まゆ
    川口まゆ
    川口まゆ

    川口まゆ

    法政大学スポーツ健康学部卒業。
    趣味は、温泉(とろとろのお湯)・御朱印巡り、旅行、食べ歩き(ラーメン、餃子)、映画鑑賞など。
    DKKの秘書・広報として日々取り組んでいます。素敵な番組になるようアシスタントとして頑張ります。