☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今週のラジオビバリー昼ズは・・・
◎ 月曜日は・・・
水谷豊さん
 
◎ 火曜日は・・・
イワイガワさん

◎ 水曜日は・・・
松原智恵子さん

◎ 木曜日は・・・
音楽道場破りは『マザー リクエスト』募集中!!
なぞかけは「YouTube」

◎ 金曜日は・・・
山田邦子さん

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

♪radikoで番組を聴くには…
『コチラをクリック!』
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
今日、月曜日の担当は・・・
高田先生松本明子さん
10連休最終日!!
先生「アッコの旦那は何やってるの?」
松本「釣り行ってますね。」
先生「釣った魚、家に持って帰って?」
松本「そうですそうです。持って帰ってきて。」
その魚が松本家の食卓に並ぶわけですね。
そして、松本さんの義兄さんも・・・

先生「この前の月曜にニッポン放送の駐車場で、
お前んとこの義理のお兄ちゃんに会ったんだよ。」
しかし、その週はdaysもお休み。
そもそも曜日も違いますね・・・

先生「何してんの?って聞いたら、『今から静岡行くんですよ』って言うんだよ。」
静岡に行くのになぜニッポン放送の駐車場に???

先生「『ここの駐車場タダだから使ってるんですよ。』って、
お前んちはみんなケチだな~。」
松本「アッハッハッハ(笑)家族ですいませんほんとに(笑)」


一方先生は・・・
GWということで、先生のご家族は映画を観に行かれたそうです。
先生「キングダム観に行ったらしいんだよ。」
現在大人気の漫画『キングダム』の実写映画。
主演は、イケメン俳優・山崎賢人さん!
大規模な中国ロケが話題になっていますね。

先生「そしたら、次男坊の子供が小2なんだけど『コナン!コナン観てきた!』っていうんだよ。」
そんな中、「おじいちゃんは何観たの?」と聞かれた先生。
先生「『社長漫遊記』。俺は一人で何を見てんだよ(笑)」


聞き逃した人は・・・『ラジコのタイムフリー機能』でご確認ください!
5月14日(火)午前5時までご視聴いただけます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
本日のゲストは、水谷豊さん

水谷「(原田龍二さんに)ばったり下で会いましたよ。」
松本「今日もいたんですか!?」
先生「タダ停めしてるんですよ。」
水谷「だからいたんだ。」
先生「右京さんに捕まっちゃったよ(笑)」



【監督・水谷豊】
水谷豊さんが、監督・脚本。出演の映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』が、
5月10日(金)公開!!

前作の『TAP THE LAST SHOW』は、
タップダンサーの世界を描いたエンターテインメント。
今作は、完全オリジナルのヒューマンサスペンス。

2本目を制作することになり、
どんなジャンルにするのか、プロデューサーの皆さんと話し合ったところ、
『水谷さんがサスペンスをどう考えているかを知りたい。』と言われたそうです。

水谷「その二日後に、『人』をテーマにして考えてみたら、
なぜか『轢き逃げ』が出てきたんです。」
先生「へ~。そこからどんどんストーリーが出てきて。」
水谷「そうなんです。」


【キャストはオーディションで選考】
先生「主演の男の子も顔に馴染みがないから、ドキュメンタリー観てるみたいなんだよね。」
水谷「そうなんです。そこも考えました。」


そして水谷さんには
「映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』で初めてのチャレンジ」ベスト3をお聞きしました!!

第3位は…「脚本」
思いついたアイディアを、口頭で伝えるのは大変なので、
文字にしたのがきっかけで、脚本を書き始め、
全体で241ページのボリュームに。

先生「(脚本書くの)初めてなんだもんね。」
水谷「そうですね。書いてると止まらなくなってくるんですよね。噂には聞いてたんですけど、あるんですね。」
先生「噂を信じちゃうね~。」

ちなみに脚本を書いていたころは・・・
水谷「『相棒』の撮影もしてたんですよ。気が付くと朝になるから大変だなと思って。」
先生「でも数字があるからいいか!みたいな?」
水谷「ハッハッハ(笑)いやいや。」


第2位は…「ドローン撮影 クレーン撮影」
撮影イメージを撮影監督に伝えると
「できます。ドローンを使えば。」
そう言われ、ドローンの使用を決めたのですが、
住宅地の上を飛ばすことはできません。しかし・・・
水谷「近くに川が流れてて、川の上なら大丈夫ということで、撮影許可が下りたんですよ。その許可が下りるまで、心の中がサスペンスでしたね。」

先生「クレーンも使ったの?」
水谷「初めて乗りましたね。」
先生「落ち着いて画が見れないでしょ。」
水谷「怖いんですよ。周りが見えないように手で押さえて。」
先生「なるほど、画だけを見て(笑)」

第1位は…「ドルビーシネマ」
『ドルビーシネマ』とは、
肉眼で見る映像に近い『ドルビービジョン』と、
全方位スピーカーで映像とシンクロする音が体感できるドルビーアトモスが組み合わされたもの。
まるで、映画の世界にいるかのような『没入感』を味わうことができる上映形式。


水谷「4年ぐらい前にテストで見せてもらったときに、色、世界観にびっくりしまして。色の使い方の幅が今までとは比べ物にならないんですよ。」

水谷「日本映画初のドルビーシネマになるそうです。」
先生「日本初なんだ。すごいね。」
これからの日本映画で当たり前になっていく上映形式かもしれませんから、
記念すべき作品になることでしょう。

聞き逃した人は・・・『ラジコのタイムフリー機能』でご確認ください!
5月14日(火)午前5時までご視聴いただけます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
水谷豊さんからのお知らせ

水谷豊さん 監督・脚本・出演映画
『轢き逃げ 最高の最悪な日』
5月10日(金)より、全国ロードショー

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
♪今日のオンエアー曲♪
①  余談ですけど「愛してる」 / 林家ペー

②  こころをこめて / 手嶌葵

③  マシュケナダ / セルジオメンデス&ブラジル’66

④  母へ / 半崎美子

⑤  FAKE ME FAKE ME OUT / Da-iCE


エンディング 
   カリフォルニア・コネクション / 水谷豊
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★