☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
今週のラジオビバリー昼ズは・・・
◎ 月曜日は・・・
ミッキー・カーチスさん!
 
◎ 火曜日は・・・
May Jさん!

◎ 水曜日は・・・
加藤登紀子さん!

◎ 木曜日は・・・
音楽道場破りは『平成ソング リクエスト』募集中!!
なぞかけは「ルパン三世」

◎ 金曜日は・・・
週刊IQクイズ!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
♪radikoで番組を聴くには…
『コチラをクリック!』
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
水曜日の担当は…
春風亭昇太さん乾貴美子さん

昇太「平成最後の水曜日ですね」
乾「感慨深いですねー」
やっぱり今日は平成を振り返るトークのようですね。

昇太「感慨深いですか?」
乾「そうですよ。平成の水曜日はずっと昇太さんと喋っていたんですから。」
昇太「乾ちゃんって平成元年からいた?」
乾「いや、スタートからはいなかったですね。平成ずっとじゃなかったです。」
昇太「適当にしゃべってんなあ!」
乾「全然感慨深くないです。適当に言ってました。」

あなた達の平成最後のトークがこれでいいんですか???

昇太「振り返ってどうですか?平成は。」
乾「そーですね。私、昭和の記憶がほとんど無くて、気持ち的に平成生まれなんですよね。」
昇太「都合がいいなー!」
乾「私の時代終わっちゃうなーみたいな。」
昇太「何年生まれだっけ」
乾「昭和50年生まれなんで、、、」
昇太「結構生きてるな!覚えてるだろ!」
およそ14年間の記憶がどっか行っちゃいました。

一方、昇太さんの『平成』は・・・
昇太「二つ目になってすぐに平成になった。一番調子に乗ってるころ。」
乾「そこからずっと調子に乗り続けて!」
昇太「そうですよ!」

自他共に認めるほど、平成は右肩上がりだった昇太さん。
前座時代にはバブルも経験し、
下積みの頃からお金には困っていなかったようです。
昇太「意味わかんない仕事が沢山あったからね。」

当時はエアロビクスが流行っていた頃で・・・

昇太「エアロビの大会の司会とかやってたもん。」
乾「なぜ?」
昇太「着物着ながら。」
帰りがけに現金を手渡され、
ウハウハだった、若かりし頃の昇太さんのお話。

聞き逃した方は『ラジコのタイムフリー機能』でお聞きいただけます!
※5月2日(木)午前5時までご視聴いただけます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
本日のゲストは、加藤登紀子さん!!

東京大学在学中は、文学部に所属!
主に西洋史を学ばれていた、歴女です!!

昇太「歌に出会う前は何をされてたんですか?」
加藤「演劇です!女優でした(笑)」
しかし、紆余曲折あり歌手の道へと進むわけですが、
その後、映画『居酒屋兆治』で、高倉健さんと共演!

加藤「私は健さんの大ファンなので、『女優でもないこんな私が健さんの奥さん役なんてダメです!』って断ったんです。」

加藤「でもプロデューサーさんが『女優はいっぱいいますが、加藤登紀子さんは一人しかいないんです。加藤登紀子さんとして演じて下さい。』と言われたんです。」
そして、高倉健さんの奥さん役を演じることになったわけですが・・・

加藤「その後に、プロデューサーさんに聞いたんですけど『健さんって美人が好きじゃないんですよ』って。」
昇太「ハッハッハ笑」
加藤「それで私はホッとして、美人じゃない人を探してたんだって。」
乾「笑ってもいいのかな」
懐の深い加藤さんならではのエピソードですね。



【昇太さんに伝えたい!!】
今回のベスト3は、加藤登紀子さんが朝日新聞で毎週掲載している、
短いけど心に残る言葉を伝える『ひらり一言』
今回はその中から、

「令和になっても伝えたい ひらり一言」ベスト3をお聞きしました!!

第3位は…「恋は熟成された愛になる」

加藤「『恋は納豆論』発酵させましょう。」
昇太「糸引くくらい笑」
加藤「そうそう笑」

加藤「今回のコンサートの『LOVE LOVE LOVE 』は、
愛の四楽章なんです。」
加藤「恋しちゃうとか、好きになってもすぐ別れたりするのが、一楽章、二楽章。
その恋を熟成させた愛が三楽章、四楽章だと思うんです。その愛の熟成を歌えるのが、私です。」
乾「フフフ笑」

恋は、幻想と幻想がぶつかり合うものと例える加藤さん。
加藤「ここからは昇太さんに言いたいんですけど。」
昇太「え、僕に?」
加藤「恋はしても、結婚はしない方がいいの。」
昇太「アッハッハ笑。ありがとうございます。」
また昇太さんの婚期が・・・



第2位は…「ちょうどいい時にちょうどいい人に会う」
沢山の出会いがあった加藤さんですが、
今回は、森繁久弥さんとの出会い。

加藤さんの『一人寝の子守唄』ができたきっかけは、
森繁さんの『知床旅情』がきっかけだったとのこと。
さらに、知り合うもっと前から、
運命的な縁もあったとか。

第1位は…「人生はお守ろうないといかん」
これは、加藤さんのお父さんの言葉。
加藤さんが、東大の演劇研究会にいた頃、
お父さんがシャンソンコンクールに勝手に申し込み、そこから歌手の道が開かれました。

加藤「最初は天職なんて思わなかったけど、大分たってから、一生歌う人として生きたいなって思うようになりました。」
加藤「そのきっかけをくれたのは、父でしたね。」

聞き逃した方は『ラジコのタイムフリー機能』でお聞きいただけます!
※5月2日(木)午前5時までご視聴いただけます。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
加藤登紀子さんからのお知らせ!!

加藤登紀子さんの6枚組CD BOX
『あなたに捧げる歌』
絶賛発売中!!

加藤登紀子さんの全国ツアー
『LOVE LOVE LOVE愛の4楽章』
【東京近郊】
6月9日(日) 渋谷Bunkamura オーチャードホール
開演 17:00~
予約・お問い合わせはトキコプランニングまで!
03-3352-3875


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
♪今日のオンエアー曲♪
①  LOVE LOVE LOVE / 加藤登紀子

②  FAKE ME FAKE ME OUT / Da-iCE

③  ハッピーエンド / 上白石萌音 アンドロップ 内澤たかひと

エンディング 
   イエス・イエス・イエス / もんたよしのり
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★