2月14日(火)

『2月6日(月)〜10日(金)のいい話』

2月6日(月)

札幌冬季オリンピックのテーマ曲を作詞した整形外科医
「河邨文一郎」さん。
リハビリのための施設を作り、そこから整形外科が
広まった。(「巡回相談」「療育キャンプ」)
趣味で詩を書いていて、高い評価を受けていた。
そこで、白羽の矢が立ち、オリンピックのテーマ曲を
作詞する事となった。

7日(火)

「ふぁんハウス」=健常者と視覚障害者が同じ舞台で
お芝居をする。
5人の視覚障害者の方を含め26人在籍。
お金をを貰う以上はと、厳しい稽古を重ねている。
その中で、目の見えない女性と障害を持つ男性が結婚した。
団長である“平野恒雄”さんは大変喜んだという。

8日(水)

地方競馬全国唯一の女性予想師、「松田宣子」さん。
笠松競馬場の廃止問題が持ち上がった時、
幼い頃思い入れがあったため、
何か役立つ事は出来ないかと思い、
自ら予想師になる事に決め、師匠の一岡浩司さんのもとへ。
9ヶ月の修行後独り立ちした。

9日(木)

「銀座の柳」の復活に賭けた二人の男性の物語。
(“勝又康雄”さん・“椎葉一二”さん)
銀座通りに枯れてしまう前に柳を植え替えて最後を
迎えたい。
挿し木で根付くと聞き、大切に育てて見事に復活した。

10日(金)

太神楽を伝承している最年少の女性曲芸師
(“翁家小花”さん(27))
“翁家小楽”さんに弟子入り。師匠のおかみさんが、
「今は小花だけど、きっと大輪の花になるわよ」と
言ってくれて、自分の場所が見つかった。