須田慎一郎のニュースアウトサイダー

  • TOP
  • ブログ一覧
  • 【公開収録】報道の功罪〜正しい報道のあり方とは〜...
2019.03.26

【公開収録】報道の功罪〜正しい報道のあり方とは〜

今回は2回目となる公開収録。「報道の功罪〜正しい報道のあり方とは〜」という大きなテーマについて、ゲストの方々とディスカッションをしました。

「最近気になる報道」についてディスカッション!

東島:本日のゲストをご紹介します。まずは「月刊Hanada」編集長の花田紀凱さんです。花田さんは1942年、昭和17年生まれ。東京都のご出身。東京外国語大学を卒業し、文藝春秋に入社。「週刊文春」「WiLL」など数々の出版に携わり、現在は「月刊Hanada」の編集長です。
続いてお迎えするのは杉田水脈さん。杉田さんは1967年、昭和42年生まれ。神戸市のご出身。鳥取大学農学部を卒業し、西宮市役所勤務から現在、自由民主党の衆議院議員、一児のお嬢さんのお母さんです。
そして、最後にお迎えするのは、山口敬之さん。山口さんは1966年、昭和41年生まれ。東京都のご出身です。慶應義塾大学経済学部を卒業しTBSに入社。政治記者・報道番組プロデューサー・ワシントン支局長を歴任し、現在はフリーのジャーナリストです。

須田:すごいメンバーを集めたものだね、本当に。今日は「報道の功罪〜正しい報道のあり方とは」ということなんですが、報道については一悶着もふた悶着もあった人たちですからね、楽しみなんじゃないかな。公開収録ならではのここでしか聞けない話というのを期待したいところですね。

須田:さて、それでは初めに、最近のメディア報道で気になった、注目の記事・番組などをそれぞれお三方にお聞きしたいと思います。自分のことは関係なしに一般的な形であげていただきたいんですけれども、まずは花田さん、いかがですか?

花田:最近だと内閣記者会での望月衣塑子さんの質問に対しての菅さんの対応に新聞労連が抗議した件ですね。もちろん望月衣塑子さんが会見に出るのは構わないのですが、その模様はインターネットで見れば見れますよね。あれは質問じゃないですよ。要するに自分をクローズアップして、その映像を流したいがために同じことを何度も繰り返すし。僕は菅さんがよく怒らずに対応しているなと思いました。失言もせずきちっと対応しているなと思いますけれど。それで、僕が思うのはそのことをみんな批判して書くわけですが、あの記者会見は内閣記者会が主催しているわけです。そうすると、望月衣塑子記者に時間を全部取られたら他の記者は質問できないわけですよ。だから「そんなに質問するな、お前だけの会見じゃないよ」ということを当然記者会としては望月衣塑子記者なり東京新聞に言わなきゃいけないのに、そういうことを言いませんよね。それで一方的に菅官房長官を批判するわけですけどこれ、おかしいと思うんですよね。

須田:望月さんのああいった質問のように色々と批判することに対して、国民の知る権利を妨害しているんじゃないかという指摘もありますが、その辺はどうなんですか?

花田:まさにその通りで、しかも彼女の場合は、事実に基づかない。菅官房長官も言っていましたが、間違ったことを聞いたりしているわけですよ。だからそれはもう、おっしゃる通り他の記者の質問する権利を奪っているわけですから、おかしいです。

須田:杉田さんはいかがですか?最近、気になった報道記事とかありますか?


果たして他の二人の気になる最近のニュースは?そしてまだまだ続く公開収録!続きはぜひYouTubeでお聞きください。
▼Youtubeで視聴いただけます

最新番組ブログ
    パーソナリティ
    • 須田慎一郎
      須田慎一郎
      須田慎一郎

      須田慎一郎

      経済誌の記者を経て、フリーのジャーナリストに。週刊誌や新聞などで執筆活動を続けるかたわら、ラジオ、TVの報道番組で活躍中。政界、経済界での豊富な人脈を元に数々のスクープを連発。

    • 東島衣里<br />(アシスタント)
      東島衣里
      (アシスタント)
      東島衣里<br />(アシスタント)

      東島衣里
      (アシスタント)

      1991年1月4日生まれ。
      長崎県出身。
      趣味は読書、料理。
      特技はバレエ、ぱぱっと料理。
      Facebook:東島衣里

    • 須田慎一郎ニュースアウトサイダーユーチューブチャンネル
    • 須田慎一郎ニュースアウトサイダーポッドキャスト
    ニッポン放送 ニッポン放送
    Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.