PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

11月14日の放送は

南原清隆のスポーツドリーム (11月14日放送分)
(ゲスト:バレーボール元全日本代表 中田久美さん)

2週目の今週は、一問一答形式「10の質問!」
世界の中田久美さんに10の質問、アタックNo,10!

 第〔筺”蕕韻嵯いでは・・・(中田)「YES!!!!!」
いやいや、まだです。こんなの初めてですよ。クイズ番組じゃないんですよ。
早押しじゃないんですから。

第〔筺”蕕韻嵯いでは、誰にも負けない。
(中田)「YES!」
第¬筺.札奪拭爾箸いΕ櫂献轡腑鵑蓮▲丱譟璽棔璽襪硫峽舛澄
(中田)「YES!」
第L筺,屬辰舛磴院外国人選手にも、『てめーら、このヤローッ!』と怒鳴ってやりたい時がある。
(中田)「YES」
第ぬ筺仝縮鮖代の「忘れられない痛恨のミス」がある。
(中田)「YES!」
第ヌ筺.リンピック2鷭仂譴箸いΨ亳海蓮△けがえのない宝だ。
(中田)・・・YES
第μ筺‐来的には、全日本代表チームの監督もやってみたい。
(中田)「・・・YES」
第問 機会があれば、再婚もしたい。
(中田)「・・・YES(笑)」
第問 次のパトーナーは、外国人でもいい。
(中田)「YES(笑)」
第問 バレーボールのない人生は、つまらない。
(中田)「YES」
第問 ここまでの自分の人生に点数をつけるとしたら、100点満点で何点?
(中田)「100!」


第1問『負けず嫌いでは、誰にも負けない』YESでしたが、
(中田)「負けず嫌いです・・・」
負けず嫌いでしょう。
(中田)「ですね。負けず嫌いです。」

フジテレビのスポルトで全日本のメンバーに渇を入れたというのは本当ですか?
(中田)「本当です。まぎれもない。 五輪出場権を取って出演で、その前に打ち上げっぽくなって、みんな酔ってたんですね。みんなオンエアになったらちゃんとやるとかなと思ったら、まるっきりダメで・・・」
「VTRになって私の声が消えてると思ったら、消えてなくて、『てめーらコノヤロー!』って言ったらそのまま(放送に)乗っちゃって(笑)やってしまいました。」

今の全日本のバレーボールはどうですか?
(中田)「真鍋監督になって、方向性としては非常に共感ができる監督です。ただ、時間がかかるので、大変だと思うんですけど・・・」
「画期的なことを取り入れようとしているので、ブロックとレシーブのシステム化というのは。
真鍋監督はブロックの重要性を大事に思っている。これはヨーロッパでは絶対なんです。
ブロックというのは。」

第2問 『セッターというポジションは、バレーボールの花形だ』(YES)
(中田)「今となっては花形ですね。指令塔って言葉が出来てから注目されました。」

中田さんが現役の時はアタッカーの大林素子さんに注目がいってました。
(中田)「『勝てば素子のおかげ』みたいな(笑)」

それをイラっとしながら・聞いてたんですね(笑)
(中田)「『OKOK、それでOK』とか言いながら、違うだろ〜みたいな事も思った時期もありましたけど(笑)バレーボールやってて、セッターは面白いポジションだと思います。」

どこが面白いですか?
(中田)「だって自分が思ったとおりに人が動かせるんですよ。ゲームメイクできるんですから。」

第3問『ぶっちゃけ、外国人選手にも、『てめーら、このヤローッ!』と怒鳴ってやりたい時がある』(YES)
(中田)「常に!(笑) もうちょっと(イタリア語で)言いたい。だってバレーボール用語がまるっきり違うんですよ。」

なんて言うんですか?
(中田)「サーブはバットゥータ、ブロックはムーロっていうんですよ。」
「日本のバレーっていうのは、イタリア人はすごく興味があるんですね。」

なにが?
(中田)「レシーブ力。ヨーロッパが今レシーブ力にすっごい力を入れ始めてる。
アレにレシーブ力がついちゃったらどうなっちゃうのかと思いますけど。」

第4問『現役時代の「忘れられない痛恨のミス」がある』(YES)
(中田)「バルセロナ五輪の準々決勝。ブラジル戦で、トスを上げたときにセンターラインを超えて足が出てしまったんです。そこから波がおかしくなっちゃって、負けちゃったんです。」

もしタイムマシーンがあったとして、その中田久美に向かって、コーチ中田久美はなんて言います?
(中田)「お前何やってんだよ(笑)こんな時に〜(笑)」

やっぱり(笑)
(中田)「私は自分のミスでメダルを逃したと思ってるんで・・・これで4年パーですからね。」


第5問『オリンピック2鷭仂譴箸いΨ亳海蓮△けがえのない宝だ』(YES)
これはしばらく考えてYESと。
(中田)「回数ではなくて、五輪に出るまでの過程が自分の財産だと思ってます。」

第6問 『将来的には、全日本代表チームの監督もやってみたい』(YES)
これもしばらく経ってYESと。やってみたいんじゃないんですか?
(中田)「やってみたいことはやってみたいですけど、これは、自分がやってみたいから出来る事ではないですから。」
色々な縁とかね、これこそ“流れ”が来ないとね。
(中田)「これからの人生のモチベーションとしては、あっていいことなのかなと。」
今まで女性で全日本の監督は?
(中田)「居ないです。経験を積んで、自分の言葉で選手たちを動かしたいので、イタリアに行っている事はすごくプラスだと思います。
イタリアに行って何を見ているかというと、このチームに勝つためにはどうしたらいいんだろうって事しか見てないから(笑)」
教えながらも
(中田)「教えながらも」
今のところ策はありますか?
(中田)「こうすれば、このチームは嫌がるだろうないう事はわかる。」
例えば???
(中田)「え〜言えないよ〜。苦労してここまできたんですから。
久しぶりに南原さんに会ったからって喋れません(笑)」

弱点はあるってことですね。

第7問 『機会があれば、再婚もしたい』(YES)
これは、考えて考えて笑いも含めつつもYESと。
(中田)「別に二度と結婚したくないとか言う気はないですけど、どうしても結婚したいっていう訳でもないので・・・(笑)」

第8問 『次のパトーナーは、外国人でもいい』(YES)
(中田)「どっちかって言うと日本人の方がいいかな」

第9問 『バレーボールのない人生は、つまらない』(YES)
(中田)「たぶんつまらないと思います。」

第10問 『ここまでの自分の人生に点数をつけるとしたら、100点満点で何点?』(100点)
もう合格だと
(中田)「結構自分の思ったとおりに生きて来れてるんですよ。そういった意味では100点。
バレーボール始めて五輪にも出させてもらって。
海外で勉強したいって言うと、それを支えてくれる人がそばにいるわけじゃないですか。
悪くないと思います。」

残りの人生はどうですか?
(中田)「あと20年で引退しますから。バレーボール界から。」

それまで20年シッカリやるってことですか?
(中田)「ハイ!」
それもスゴイですね。
(中田)「逆算なんですよ。あと7年位は勉強します。そのあと指導者になります。そこからやっても8年、長くて。…で、もう終わり。」

65歳までは、シッカリと。
(中田)「バレー界には何らかの形で貢献したいなと。」

一般社会で言うと定年退職。
(中田)「そうです。大変なんですよ。忙しいんですよ(笑)」

そろそろ日本で・・・
(中田)「とりあえず、イタリアで今シーズン頑張って、やっぱり日本のチームを強くしたいですね。どこかのチームに・・・」

日本の実業団でも女子の監督はあんまりいないですか?
(中田)「あまりいないですね。」
  
子どもたちの指導とかはないですか?
(中田)「もちろん自分の人生の中では考えているので・・次世代につなげるというのが仕事のひとつだと思うんですよ。竹下選手も頑張ってるけど、その次ですよ。竹下選手もいつもまでもやれるわけではないので。」
「そういう所も考えて・・・セッターは最低5年かかりますから、育て上げるまで。」

もし才能のある小学生とか中学生がセッターやりたいっていったらなんて声かけます?

(中田)「とりあえずイタリアに来い!イタリアの中で経験させる。そうすれば世界がわかる。」

若いうちに行ったほうがいいですか?
(中田)「絶対経験したほうがいい!」

将来的には、その指導力を活かして日本のバレーボール界を引っ張っていってもらいたいと思います。


≪中田さんのリクエスト曲≫
「12月」森山直太朗
(中田)「滑らかなメロディーの方がデータを分析する時に邪魔にならないんですよ。」

≪夢色紙≫
「自信」
(中田)「これはもう自分を信じる。そういう自信です。最後頼れるのは自分しかいないと(笑)
自分の可能性を信じてやっていかないと、何事も事は変化していかない。」


≪来週のゲスト≫
ビーチバレー界の「女豹」こと、浦田聖子(うらた・さとこ)さんが登場!
インドアバレーからビーチに転向した理由や、ビーチバレーの苦労、浦田選手の素顔に南原さんが迫ります。お楽しみに!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.