PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

11月27日の放送は

ニッポン放送『南原清隆のスポーツドリーム』(11月28日(土)放送分)
(ゲスト:プロビーチバレー選手・浦田聖子さん)


今週もよろしくお願いします。
(浦田)「よろしくお願いします。」
ラジオは慣れました?
(浦田)「いや〜慣れないです。言葉足らずなので・・・」
先週は、一気に32分位しゃべり続けたらしいですよ。どこが言葉足らずなんですか・・・言葉多すぎですよ(笑)

2週目は、1問1答形式。
『レインボー・浦田聖子選手に挑戦、強烈スパイク10本勝負!』

第〔筺 .咫璽船丱譟爾蓮∈従紊粒米技だ。
(浦田)「・・・う〜んイイエ?・・・ハイ!ハイ!」
第¬筺 ヾ儺劼妨られていると、燃える。
(浦田)「お客さんがいると燃えるので、ハイ!」
第L筺 〜蠎蠅、浅尾美和・西堀健実ペアだとさらに・・燃える。
(浦田)「いいえ!」
第ぬ筺 ,泙發覆、29歳・・。でも、精神的には、10代の頃と何も変わらない。
(浦田)「いいえ!」
第ヌ筺 〆までに、結婚を考えた人がいる。
(浦田)「う〜〜んハ・・・イ?」
第μ筺 〃觝Г鯒られたことがある。
(浦田)「これはイイエです」
第問  結婚しても、ビーチバレーは続ける。
(浦田)「難しい・・・いいえ!」
第問  競技用以外に、普通の水着もたくさん持っている。
(浦田)「いいえ」
第問  現時点では、人生最大の目標は、2012年のロンドン五輪出場だ。
(浦田)「ハイ!」
第問  ここまでの自分の人生に点数をつけるとしたら、100点満点で何点?
(浦田)「う〜ん難しい、・・・・・・50点!」


第〔筺.咫璽船丱譟爾蓮∈従紊粒米技だ。
これは、イイエ・・・ハイ!と。
(浦田)「出だしから難しかったです。」
戦いは戦いですよね。
(浦田)「格闘技というと、相手との接触がありますよね。それをイメージしてしまったので・・・。」
え〜突っ込んでいいですか・・・マジメか!!!
(浦田)「(笑)」
そういう意味じゃないですよ。K−1じゃないんですから。
(浦田)「相手を倒すという意味では、格闘技に近いですよね。」

第¬筺ヾ儺劼妨られていると、燃える。(ハイ)
(浦田)「燃えるの『モエる』を間違えてました。」
本当の燃えるじゃないんですよ、・・・マジメか!!
(浦田)「『萌え〜』のモエるだと思ってました。」
あ・・・火偏の燃えるですよ!
(浦田)「お客さんが入ってくれたほうがテンションもあがります。日本の文化というか、なかなか感情を表に出すのが難しいじゃないですか。それに逆らって声を張り上げて応援してくれると、試合やってて、もっとやってやろうって思います。」

第L筺〜蠎蠅、浅尾美和・西堀健実ペアだとさらに燃える。(イイエ)
これはイイエと・・・
(浦田)「ハイって言っといたほうが良かったですかね・・・美和・健ちゃんだからといって、やり方を変えるわけではないです。結構選手同士、他のペアの人と食事もしますよ。」

第ぬ筺,泙發覆、29歳・・・。でも、精神的には、10代の頃と何も変わらない。(イイエ)
(浦田)「やっぱり、変わってないとダメですよね(笑)選手としての考え方というのも変わってきてるので。楽しくやってれば良かったバレーボールが、勝負に対しての考え方も変わってきましたし・・・。」

第ヌ筺〆までに、結婚を考えた人がいる。
突っ込みましたよ〜
(浦田)「だいぶ変わりましたよね、質問が・・・」
(浦田)「結婚は20代前半にしたいと思ってたんですね。ま、そんな流れでこの人といたら結婚するんじゃないかな〜って気持ちがあったっていうのでハイにしました。それが過ぎてから、全くないですね。」

第μ筺〃觝Г鯒られたことがある。(イイエ)
(浦田)「ウチのおばあちゃんがすごい昔の考えの方なので、30近くなっていつまで水着を着てやるの!って言うんですね。それを聞いた母がイキナリお見合い写真を持って来て・・・。」
本当ですか!?わかりやすい(爆笑)
(浦田)「それも全然若い頃だったんですけど、『大丈夫だよ』って(笑)」
でも一応はお見合い写真見たんですか
(浦田)「見ました。(笑)覚えてないですけど・・・年配の方でした(笑)。」
(浦田)「(おばあちゃんに)大丈夫だから。ずっとそんなボールばっかり追いかけてないからって言って・・・(おばあちゃんが)『なんばしよっとね〜』って。本当におばあちゃんが心配してます(笑)」

第問 結婚しても、ビーチバレーは続ける。(イイエ)
これは迷ってイイエと。
(浦田)「そうですね、今結婚を考えてないというのもあるんですけど、家庭を持って子どもが出来たりすると、子どもに愛情を注ぎたいので。・・・なんか答えが真剣ですね(笑)」

いいんですよ、マジメだと分かりましたから。

第問 競技用以外に、普通の水着もたくさん持っている。(イイエ)
持ってないんですか?
(浦田)「持ってないですね〜1個か2個位ですね、でも全然着ないです。」

でも競技用の水着でもビーチにいけますよね。
(浦田)「そうですね・・・名前さえ入ってなければ・・・」
(タオルを見て)ホントだ!(笑)URATAって書いてある(笑)
(浦田)「練習用に名前の無いのも用意してあるのですが、たまに名前アリを着て行っちゃったり・・・でもわからないですよね・・・」
英語表記ですからね、これが漢字で『浦田』って書いてあったら『こりゃナンだ?』ってなりますけど。

第問 現時点では、人生最大の目標は、2012年のロンドン五輪出場だ。(ハイ)
(浦田)「いろんな課題がぶつかって来ても、大丈夫な精神力でいます。」

第問 ここまでの自分の人生に点数をつけるとしたら、100点満点で何点?(50点)
(浦田)「まだまだ『のびしろ』があると思っているので、半分にしました。」

いくつ位までやろうというのはあるんですか?
(浦田)「ひとつ、ロンドン五輪というのが節目の年にしようと思ってます。北京五輪がダメで、正直引退も考えたんですけど、最後の試合で全部出し切ったかなって考えた時に、やはり後悔が残るだろうなと思ったので。やるからには国内大会だけで満足する選手にはなりたくなかったので・・やるからには目標を落とさず、次に進みたいと思って、ロンドン五輪出場というのを
決めたんですけど。・・・ここからが勝負ですよね。」

負けから学ぶことって大きいですよね。
(浦田)「なぜ負けたのか、なぜ勝てなかったのか。負けて心が折れてしまうのではなくて、まだそれを経験していないから、この負けは来たんだと思うようにしています。本当に悔しくて涙を流すこともありますけど・・・切り替えが大事で。まだお前には先がある、出来るぞって言うことで課題がどーんと出てくるんじゃないかなと思います。」

今度帰省したら、おばあちゃんに言ってください(笑)
(浦田)「(笑)まだまだ水着でやらなきゃイカンって言います。」


≪浦田聖子さんの夢色紙≫
『レインボーで七変化!』
水着にひとつひとつ、ビーチバレーの面白さを込めているので、それを知っていただきたいと思いまして。


≪浦田聖子さんのリクエスト曲≫
「Happy Ending」 HAMMER(2BACKKA)、JANEL、George−K
今年のビーチバレー国内大会のオフィシャルソング


来週(12/5)の『南原清隆のスポーツドリーム』は、サッカー・Jリーグ中継のためお休みです。
次回放送(12/12)のゲストは、シンクロナイズドスイミングでアトランタ・シドニー・アテネと3度の五輪に出場した、「武田美保さん」が登場!お楽しみに!!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.