PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

12月26日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(12月26日放送)。
(ゲスト:読売ジャイアンツ 小笠原道大さん)

ゲスト2日目の26日は、小笠原選手に
スポーツドリーム恒例、10の質問をぶつけました!

第〔筺峙霓佑離罐縫侫ームでプレーすることには、もう慣れた?」
小笠原『はい。慣れたというか、最初から違和感が無かったんですよ。
入団発表で最初にユニホームに袖を通したときから、思ったより違和感無いな、と。」

第¬筺屮劵欧里覆ご蕕砲癲△發Υ靴譴拭」
小笠原『はい。いっつもコレ聞かれるんですよ。逆に今、ヒゲののびはじめが嫌なんです。ちょっとジョリジョリするから。』

第L筺屬任癲内心では、そろそろまたヒゲを伸ばしたい」と思っている?」
小笠原『一瞬で伸ばしたり、剃ったり出来るならいいんですけどね。
     そもそもヒゲを伸ばし始めたのも、最初は気分で剃ったり伸ばしたりしていたんですが、
     グッズで人形を販売してくれるようになったときに、「どっちにするか決めないと人形が作れない」と言われて。
     それで、ひげを伸ばしたキャラで行くことになりました」

第ぬ筺嶌の自分があるのは、社会人時代から支えてくれている妻のお陰?」
小笠原「・・・はい。ことあることにズシッと来る一言を言うんです。ダメ出しとか。一番厳しいことを言いますね。」

第ヌ筺崟虱娶を代表するプロ野球選手といえば長嶋茂雄か、小笠原道大だ。」
小笠原「いいえ。まだそんなレベルには達していませんよ。長島さんだけでなく、たくさんの選手もいらっしゃいますし・・・」

第μ筺屬箸呂い─■械矯弌Αη齢的に厳しいと感じることもある。」
小笠原「いいえ。それは、そう思ってはいけない、というのもありますし、逆に危機感は感じないといけません。
     少しでも長くプレイできるように考えるようにはなりましたけど。」

第問「それでも、フルスイングはやめない?」
小笠原「はい。そのときの自分のベストのスイングができなくなったら、終わりですからね。それが出来れば数字はついてくると思います。」
第問「野球は・・やっぱり楽しい?」
小笠原「はい、。総合的に言えば、楽しいです。苦しいことを乗り越えた勝利の喜び、そういうものも含めて・・・」

第問「今まで、引退を考えたことは一度もない。」
小笠原「はい。先々の人生の準備は大事だと思います。でも、考えたことはないです。」

第問「今日までの野球人生に点数をつけるとしたら、100点満点で何点ですか?」
小笠原「ちょっとまって・・・50点かな。まだ終わってないから点数はつけられないですよ。」


小笠原選手のリクエスト曲
「栄光の架け橋」ゆず

今年一年、スポーツドリームをご愛聴いただき、ありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いします。
2010年一発目のゲストは、プロゴルファー「世界の青木」こと、青木功さんです。

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.