PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

01月09日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(1月9日放送)。
(ゲスト:プロゴルファー 青木功さん)

2週目の今週は、10の質問!
【世界の青木に挑戦!OB覚悟の10球勝負!】

第〔筺 ’を取ってからのほうが、ゴルフは楽しい。
(青木)「YES!」
第¬筺 .乾襯佞砲蓮岷燭龍さ」も必要だ。
(青木)「YES」
第L筺 ー分は「運が強いほうだ」と思う。
(青木)「YES」
第ぬ筺 〆でも忘れられない最高の「ミラクルショット」がある。
(青木)「YES」
第ヌ筺 〆でも忘れられない「痛恨のミスショット」もある。
(青木)「YES」
第μ筺 .縫ラウスと妻には、今でも勝てない。
(青木)「YES」
第問  “世界の青木”と言われるが、ここだけの話、
英語は苦手で、ゴルフ殿堂入りのスピーチの文面にカタカナのルビがふってあった。
(青木)「YES」
第問  第2、第3の石川遼は、今後もどんどん出てくると思う。
(青木)「ん〜期待したいから、YES」
第問  グリーンの上で死ねたら、本望だ。
(青木)「NO!」
第問  人生を「18ホール」にたとえると、青木さんは今、何ホール目ですか?
(青木)「1番です」


1問目 年を取ってからのほうが、ゴルフは楽しい。(YES)

(青木)「若い時からやってきて、まだこの年でもゴルフできるというのが楽しい。
本当にゴルフは俺の天職だよ。」

2問目 ゴルフには「運の強さ」も必要だ。
3問目 自分は「運が強いほうだ」と思う。
YESYESと来ましたが。

(青木)「ゴルフでは運は強いと思う。だからハワイアンオープンだって3rdショット入ったでしょ。あれは、ピンとグリーンエッヂの真ん中に乗せたいということで打ったら、ワンバウンドで入っちゃったと・・・本当だったら、キャディは9番で打てと言ったんだけど、嫌だって言って・・・そこに乗せないとバーディー取ってプレーオフ出来ないと直感的に考えたんですね。
だからなんでもいいからピンの手前に乗せたいということでPWで打ったら入っちゃったっていうね。これは自分の運だと思うんですよ。」

じゃあ4問目の『今でも忘れられない最高の「ミラクルショット」』っていうのは、そのハワイアンオープンの。
(青木)「そうですね」

じゃあ5問目の『今でも忘れられない「痛恨のミスショット」』というのは?
(青木)「日本オープンを追いかけてて、2ストロークくらいリードしてて、16番のショートホールで、左の池に入れて負けたことや、茨城の今ではパナソニックオープンをやっているコースの18番ロングホールで、右のラフから池に入れて負けたとか・・・ミスショットですよね。そういう悔しさがあるから今があるんだよ。取りたくてしょうがない日本オープンだけど取れなくて、17〜8年追いかけてやっと取れたんだけど、十数年の苦労があるから、まだもう一回、もう一回ってなるんだよ。」

6問目 ニクラウスと妻には、今でも勝てない。(YES)

(青木)「女房には勝てないのはわかるんだけど、ジャックには勝ててもいいなと思うんだけど、アノ人とは最終日・最終組で回って1回も勝てて無いんだよ。なんだか知らないけど天敵だね、ありゃ」
(南原)(笑)
(青木)「一回勝ってやろうと思ったら、彼は引退しちゃっただろ?勝たずじまいはこの人だけだよ〜今でも勝てないって言うけど、やるチャンスが無いんだからダメだよね、もう。
3年4年やってないとか言わせないで、何でもいいから勝ちたいんだよ(笑)1回でもいいから。
ウチのカミサンには一生勝てないけどさ、ジャックは勝てるんじゃないかなと思ってるうちに辞められちゃったんだよ。だから借りがあるんだよ(笑)。」

7問目 “世界の青木”と言われるが、ここだけの話、英語は苦手で、ゴルフ殿堂入りのスピーチの文面にカタカナのルビがふってあった。

(青木)「当たり前ですよ(笑)それでも、かれこれ1週間近く夜練習したんだよ。」
(南原)(笑)ゴルフ解説者の方に聞いたんですけど、青木さんと海外回った時に、青木さんはトマソン氏とかに日本語で話しかけてるって(笑)しかも通じて帰ってきてるって、ビックリしたって(笑)
(青木)「長く行ってると、こういう場面では青木はこう喋るとか、むこうもわかるんだよ。
で、「イサオ、英語でシャベレヨ」って言われて、『お前も日本語でしゃべれよ』って言うと、「デキネエ」って、『俺も出来ねえ』って言って、これで終わりだよ。」
(南原)(爆笑)
(青木)「ニュアンス+コミュニケーションだよ。(笑)」

第8問 第2、第3の石川遼は、今後もどんどん出てくると思う。(YES)

(青木)「石川遼とか池田勇太が出てきたことによって、ゴルフ界が盛んになるだろうし、池田のように個性のある人間と、遼のような優等生と、両方出てきてほしいな。」

第9問 グリーンの上で死ねたら、本望だ。(NO)

(青木)「この52年間、53年目に入ってるけど、自分の人生を送ってきた所で死にたくない。汚したくないって言うの?・・・かと言って、ウチでとか病院で死ぬかって言うとコースがいいなって思う部分があるんだよね。グリーンの上では死にたくない。それだけグリーンは神聖な場所ですよ。」

10問目 人生を「18ホール」にたとえると、青木さんは今、何ホール目ですか?
・・・1番だと。

(青木)「まだスタートですよ。ナンチャンと今話をして、終わってゴルフ行くとまた1番だよ。18番たどり着いたら俺の人生終わってるよ。」

(南原)毎回毎回新鮮な気持ちでティーグラウンドに立って・・・

(青木)「ティーグラウンドに立った時に、ゴルフというスポーツを作ってくれた神様に気持ちの中で目を瞑って、人生を懸けられるゴルフを作ってくれてありがとうって思ってます。」

(南原)「いや〜10問の回答の中に青木さんの人生が凝縮されてましたね。



青木さんのリクエスト曲
「山」北島三郎さん


次回放送では、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト・高橋尚子さんが登場!
お楽しみに!!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.