PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

01月23日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(1月23日放送)
(今週のゲスト:高橋尚子さん)

2週目の今週は、1問1答形式、ハイかイイエで答えていただきます!
長短距離の本勝負!

(南原)第〔筺〆でも「現役で走っている夢」を見ることがある。
(高橋)イイエ。
(南原)第¬筺 屮リンピック」という言葉を聞くと、私の中の血が騒ぐ。
(高橋)…イイエ あ、ハイ 微妙だな、ハイ、イイエ 自分ではイイエ、人のはハイ。
(南原)第L筺,修蹐修蹇孱僂舛磴鵝廚箸いΩ討个貶は卒業したい。
(高橋)イイエ
(南原)第ぬ筺.▲薀侫ー女性として、そろそろ、婚活にも頑張ろうと思っている。
(高橋)イイエ
(南原)第ヌ筺〃觝Г垢襪覆蕁△金持ちより健康な人の方がいい。
(高橋)ハイ
(南原)第μ筺々腑灰鵑帽圓辰燭海箸ある。
(高橋)イイエ
(南原)第問 時間さえ気にしなければ、今でも、何時間でも走り続けることができる。
(高橋)ハイ
(南原)第問 「もう一度戻って、やり直したい」と思う瞬間がある。
(高橋)これ微妙なんですけど、この言い方だと、イイエ。
(南原)第問 いま、「第二の人生」は充実している。
(高橋)ハイ
(南原)第問 人生を「42.195km」にたとえると、高橋さんは今、何km地点ですか?
(高橋)難しい!いや〜いつもMAX42.195キロなんですけど・・・ゴールの瞬間ばかりです。


(南原)第〔筺 愃でも「現役で走っている夢」を見ることがある。』これはイイエと。
(高橋)ほとんど走っている夢は見ないですね。
(南原)いつ頃まで見てました?
(高橋)現役中もそれほど走っている夢は見なかったんですけど、唯一よく見た夢が、スタートに間に合わなくて、トラック1周後から走り始めて、追いかけていく夢は見ました。靴の紐を結んでいて、間に合わない夢ですね。

(南原)¬簗棔悄屮リンピック」という言葉を聞くと、私の中の血が騒ぐ。』これはイイエ?ハイ?自分ではイイエ、人のハイと・・・
(高橋)自分が行ったオリンピックに関しては全然血が騒がないんですが、もうすぐバンクーバーオリンピックがあって、誰が活躍するんだろうってことに関しては、すごくワクワクするんです。

(南原)選手にインタビューとかもして・・・
(高橋)はい。知り合いにもなったんで、どういう活躍を見せてくれるんだろうっていうのはすごく楽しみなんですね。
(南原)今回のバンクーバーは誰ですか?注目というか、応援しているのは。
(高橋)やはり、取材にも行きましたが、浅田真央ちゃんとか、高橋大輔君とか、スピードスケートの加藤(条治)君、長島(圭一郎)君・・・。
(南原)逆取材されるでしょ?どうやればいいですか?みたいな。
(高橋)そうですね。試合にはどういうモチベーションで臨めばいいですかとか、試合の時どういう精神状態ですか?って事をよく聞かれるんですけど。なるべく、あえて普通にしておくことが大事。で、日頃の練習さえシッカリしていれば、そこで特別な事をみせるんじゃなくて、いつもの自分のままでいいんだって思えば、まったく緊張がなくなるよって。365日のただの1日であって、特別な輝いた1日ではないからって言います。
(南原)いや〜全く逆ですよ。だって4年間その一瞬にかけてることを・・・。
(高橋)で、自分のやってきたことを出せることが一番いい事だと思います。

(南原)第L筺 悗修蹐修蹇孱僂舛磴鵝廚箸いΩ討个貶は卒業したい。』(イイエ)
(高橋)そうですね。おばあちゃんになってもQちゃんQちゃんって言ってもらえたら嬉しいと思います。
(南原)これがQさんって言われてもねえ、Qさんとか、Q様とかねえ(笑)。
(高橋)そうですね(笑)あの〜高橋さんって本当に多い苗字なんですね、Qちゃんって呼ばれると私だなって、嬉しいんですね。

(南原)ぬ簗棔 悒▲薀侫ー女性として、そろそろ、婚活にも頑張ろうと思っている。』
すっかりアラフォーと原稿に書ききっちゃってる所がスゴイですが・・(笑)これはイイエと。
(高橋)がんばっている兆しが自分に見当たらないので・・・。

(南原)4・5・6問と同じような問題ですが、ヌ簗棔結婚するなら、お金持ちより健康な人の方がいい。ハイ。μ簗棔合コンに行ったことがある。イイエ。
(高橋)ないですね。(結婚)したいなっていう思いはあるんですけど、今か?って言われると、今はなんか、仕事だとか、やらなければならないことがイッパイありすぎて…。余裕が全く無いんですね。
(南原)ニッポン放送のラジオ番組もやって、15分間土曜の朝からしゃべりっぱなしで…キツくてしょうがないって(笑)。そんなことないか(笑)。新しい自分の表現ですよね、そりゃ15分間フリートークって難しいですからね。恋愛をするモードじゃないってことですよね。

(南原)そして問目『時間さえ気にしなければ、今でも、何時間でも走り続けることができる。』ハイと!走ってるっていうのは日常のようなものですか?会話してるようなもんですか?

(高橋)会話というか、なんか自分と向き合える時間かなと。今情報社会で携帯があったり、TVがあったり、色々な情報源がたくさんあって、自分自身と向き合って考えられる時間があまり無いじゃないですか。そういう意味でも、40分でも50分でも走ると自分と向き合うことが出来るんですね。なので、現役時代に40キロ、50キロ走ったあと、そこからは自由な時間なので、監督に「じゃ、わたし走ってきまーす」って言ってそれから90分とか走って行っちゃうんですよ。
(南原)練習した後??
(高橋)練習した後に。そこからは楽しみのために走るので。でも、「高橋が50キロ走った後なのに、行方不明だ」って言って捜索願いを出されたことあります。「誰か高橋を管理しとけ!」って(笑)

(南原)そして問目『もう一度戻って、やり直したい』と思う瞬間がある。「この言い方だと、イイエ」と。
(高橋)そうなんですよ。今までの人生、毎日毎日が全力投球で、まあ良い事も悪い事もありますけれども、全てその時点で決断をしてきたので、後悔が無いんですね。ただ、生きてきた人生がとても大好きなので、逆に中学校位に戻ってもう一回ジックリやり直したいです。同じ人生で良いです。ゆっくり味わいたいです。

(南原)そして問目 『いま、「第二の人生」は充実している。』(ハイ)
(高橋)そうですね、充実していますね。やることなすことルーキーなんですね。勉強勉強なんですけども…。
(南原)いろんな人にインタビューしてますね、石川遼選手とか亀田興穀選手インタビューして、どうでした?
(高橋)いや・・・石川遼君、みんなから良い子良い子っていわれていて、ホントのトコどうなの?と思って行ったんですよ・・・。良い子なんですよ〜ほんっっっとに良い子ですよ。ビックリしました。
(南原)中学の時だったら告白してたくらいですか?
(高橋)いや、今でも告白したいくらいです(笑)
(南原)(爆笑)あはははは! (おばちゃん風に)いい子ね〜(笑)
(高橋)年齢を取っ払っても、アスリートとしてどんな人達の中に入れても、トップクラスに良い子ですね。受け答えとか、相手のことを気遣って、コメントもシッカリとまとまっていて。ものすごいシッカリしてますね。

(南原)トップアスリートの条件っていうのはありますか?
(高橋)今日一日を全力投球できるっていう事ですね。今日すべきことから逃げない。ってことだと思います。それを積み重ねることが出来た時に、はじめて次の道が現れるといいますか…夢に近付くというのが、みんなに共通してますね。

(南原)おぉ〜それが最後の質問の『人生を「42.195km」にたとえると、高橋さんは今、何km地点ですか?』に対し高橋さんは42.195キロ?っていうのに・・。
(高橋)毎日毎日が全力投球をしていて、現役時代からなんですけど、「あ〜もう、今日は一歩も走れない、今日の全力は使い果たした、ありがとうねみんな」って言って抱き合って終わっていたので。
(南原)毎日毎日が。
(高橋)毎日。そして面白いことに、人間の体ってすごいなって思うんですけど、次の朝ちゃんと走れるようになってるんですよ。その繰り返しだったかなって思うので。今日のすべきことは全てする。って。

(南原)よく言われるでしょ。疲れませんか?と。
(高橋)でも、疲れるっていろんなタイプがいると思うんですけど、精神的にいろいろな荒波の中に居る方もいっぱいいらっしゃると思うんですね、そういうのも「疲れる」だろうし、でも肉体の「疲れる」っていうのは、心地よい「疲れ」なんですね。なので私は気持ちよかった。怪我をするとか、うまく走れないっていう時の方が、ストレスが溜まっていくような状態でした。
(南原)なるほど〜皆さん参考になったでしょうか?


『高橋尚子さんの夢色紙』
「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く」
高校時代に先生から送られた言葉だそうです。


『高橋尚子さんのリクエスト曲』
YELL (いきものがかり)


来週は、車椅子バスケットボールのパラリンピック日本代表として3大会連続出場。
京谷和幸さん(きょうや・かずゆき)が登場します。
お楽しみに!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.