PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

02月06日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(2月6日放送)
(今週のゲスト:京谷 和幸さん)


2週目は、番組恒例「10の質問!」
日本代表・京谷さんに挑戦!『フリースロー本勝負!』

第〔筺 ー,離僖薀螢鵐團奪・ロンドン大会もかならず出場する!
(京谷)はい!
第¬筺 ,修靴董必ずメダルを獲る!
(京谷)ん〜はい!はいはい!
第L筺 ,匹鵑覆卜習は苦しくても、やっぱりスポーツは楽しい。
(京谷)はい
第ぬ筺 〆の自分があるのは、妻のお陰だ。
(京谷)はい
第ヌ筺 /誉減蚤腓諒物は、妻と娘だ。
(京谷)はい
第μ筺 ,い困譴蓮▲汽奪ーの指導者になりたい。
(京谷)はい!
第問  そして、日本代表の監督をやってみたい。
(京谷)・・・・・はい、いいえ、どっちかな…はい
第問  もうすぐ40代。やっぱり、体力の衰えを感じる時もある。
(京谷)いいえ
第問 今までの人生で“最高の財産”は、“人との出会い”である。
(京谷)はい
第問 「俺はサッカーをやっていて良かった」とつくづくと思う。
(京谷)はい


(南原)1問目「次のパラリンピック・ロンドン大会もかならず出場する」は、ハイと。
4大会連続となると、大変ですよ…
(京谷)そうですね〜、大変だからチャレンジしたいなという気持ちもありますし。
やっぱりロンドン行くとき40歳過ぎてるんで、40代の時の自分ってどうなっているのか、プレイヤーとして、それを検証していきたいなっていうのもあるし…。

(南原)これは8問目の「40代。体力の衰えを感じる時もある。」いいえと答えましたけど。
(京谷)これは、最近肘が悪いんで、怪我とかはあるんですけど…。実際30歳過ぎてから体にガタが来るとか、疲労が抜けないとか、あると思うんですけど、それは周りが言っているだけで、自分自身そういうことがあるのかなって思った時に、多少あったとは思うのですが、そこからさらに負荷をかけてトレーニングやって行ったら、さらにのびて行ったんですね。で、体力的なものも、考え方や食生活とか、改善できるものがいっぱいあって、体の衰えは感じてないです。成長している部分の方が大きいです。

(南原)考え方、やり方次第で、伸びしろがあると…だってね、顔ツヤもねえ、ツルッツルですもんね。
(京谷)年々若くなっているって言われる事がありますね。そういうトレーニングとかで充実しているのかなと思います。
(南原)食べ物はどうしてますか?
(京谷)妻に全面的に任せてますが、自分の中で摂生しているのは、揚げ物を食べないっていうのは、2年以上続けてます。から揚げ、てんぷらとか。
(南原)2年も!?なるほど〜

(南原)そして2問目の「必ずメダルを獲る!」は、ん〜はいはい、ん〜ハイっていう風でしたが?
(京谷)メダルを取るっていう気持ちで選手は行くと思うんですが、現状を考えた時に、日本ってランキング7位なんですね。
(南原)年々上がっては来ているんですか?
(京谷)上がって来てはいます。ただメダルを取るために、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスっていうのが強くて、そこから下はあまり変わらないんですね。そこで5位になるっていうことは、出来なくはナイ。ただ、もう一歩踏み込んでメダルとなった時に、もっとやらなきゃいけない事って沢山あるんじゃないのかなと思うんですよ。日本が勝つために。それは、今合宿で新しいヘッドコーチ・アシスタントコーチとかが話をしてくれて、色々チームに浸透させてやっている事を、しっかり選手全員が理解してやって初めてメダルを取る挑戦権があるっていうだけで、そこからさらにもう一歩、本番でいつもどおりの自分のプレーが出せるかどうかっていう精神的な部分ですよね。そこが強くなるとメダルを取れると思います。
あとは、サッカーでもそうなんですけど、日本独特の敏捷性とか、バスケットでも一緒なんですよ。
(南原)あ、そうなんですか!へえ〜面白いですね。
(京谷)やっぱり2メートル近い選手を相手にするには、よりゴールを遠ざけるディフェンスをしなければいけない。それをいかに組織的に日本人独特の敏捷性・俊敏性を活かして守るかってことが一番だと思うんですね。
(南原)サッカーとおんなじ事なんですね〜

(南原)3問目「どんなに練習は苦しくても、やっぱりスポーツは楽しい。」
(京谷)はい。やっぱり自分にロンドン・パラリンピックに出場するっていう目標があるんで。そこに行くためにやらなきゃいけないことってあると思うんですよ。辛くても苦しくても、楽しいことも有るでしょうし、それを乗り越えていかないと、最終的なゴール地点のロンドン・パラリンピックには結び付いていかないと思うんですね。で、この辛いっていう事を乗り越えた先の嬉しさとか喜びっていうことを、今までの経験でいっぱい知っているので、コレさえ乗り越えれば…だから次のステップに進めるんだ!っていう自分がいるんで、辛くて苦しいこともやらなきゃって思えるんですよね。
(南原)その先には、もっともっと嬉しい事につながる入り口なんだと。
(京谷)そうですね。

(南原)4問目「今の自分があるのは、妻のお陰だ。」これはもう素直にハイと。
(京谷)これは、本当に自分の人生を左右したと言っても良いくらいな…
(南原)そうですよ、もう京谷さんはいいから奥さんの話を聞きたいくらいですよ(爆笑)
(京谷)ははは(笑)
(南原)そして5問目「人生最大の宝物は、妻と娘だ。」
(京谷)はい、家族あっての自分なんですね。とにかく、何をするにも家族を一番に考えてるんで。

(南原)そして6問目面白いですね。「いずれは、サッカーの指導者になりたい。」ハイと。
(京谷)やっぱり自分のベースとなっているのはサッカー。まさに車椅子バスケットにサッカーを見た瞬間があったんですね。サッカーと車椅子バスケってスペースの競技なんですよ。例えばライン際を走っている選手に対して、サッカーで後ろにそれたパスを出したらタッチライン出ちゃいますよね。車椅子バスケットも、車輪を漕いでいる時にパスを後ろにそらされたら、手が使えないんで、出ちゃうんですよ。車椅子バスケットと普通のバスケットと、そういうところがチョッとずつ違ってくるんですね。で、サッカーと車椅子バスケットって前にボールを出さなきゃいけない、スペースを使わなきゃ行けない。
(南原)なるほど
(京谷)ライン際を走っているオフェンスとディフェンスがいたら、スルーパスを出す感覚でパスを出せるとか。
(南原)前へ前へ。
(京谷)そうです。あとは、平面だけじゃなくて、上の空間を使える。ループでパスを出すとか。裏にパスを通してあげるとか。
(南原)車椅子バスケから逆にヒントを得ることもあるんですか?
(京谷)あります。まあ、サッカーだけの世界でやってきている人間よりも、違う世界に一回出てまた戻ってくる方がすごく視野が広く見れるんじゃないかなっていうのがあって。自分が車椅子バスケットで経験してきたことを、またサッカー界に落とし込むっていうのも、一つの方法かなと。

(南原)7問目「そして、日本代表の監督をやってみたい。」ん〜はい、いいえ、ハイと。
(京谷)まあ自分がそこまでのレベルに達してないので、すぐには無理だと思うんですね。勉強している方がいるので、車椅子バスケットの世界でも、サッカー界でもそうですけども、そういう方がまずいるので、まず自分はシッカリ基本から勉強して、ゆくゆくはそういう事が出来ればいいかなぁという感じですね。

(南原)9問目「今までの人生で“最高の財産”は、“人との出会い”である。」ハイと。
(京谷)コレを感じられるようになったのは、事故を起こしてからですね。それまでは、オレ様、オレは天才、オレよりうまい奴はいないっていう人間だった。そんな自分が事故を起こして、人の有難みだったり、人に支えられているっていうことに気付いた時に、そこからいろんな人と出会って「有難いなぁ」って思えるようになったし、人との出会いによって人間的にも一回りも二回りも成長させてくれて、今尚成長している自分がいるんで、究極言うと事故が無かったら今の自分は無いっていう風に考えれば、事故っていうのも「出会い」だったのかなと…
(南原)出会い…

(南原)そして10問目『「俺はサッカーをやっていて良かった」とつくづくと思う。』ハイと。
(京谷)本当に、車椅子バスケをやる上でも参考になった部分もあるし、仲間ですよねサッカー時代の仲間。先日僕の同期の46年会っていうのがあって、その中には、(お笑いの)ペナルティのヒデもいるんですよ。
(南原)ああ〜はいはいはい。同世代ですか。
(京谷)藤田俊哉、相馬直樹とか、
(南原)錚々たるメンバーですね。
(京谷)その辺がみんな集まって、ワイワイ話してるときに、何かすごく良いなって、自分がサッカーやってないとこういう奴らと話も出来ないし、サッカーをやっているから人との出会いもすごく多かったし、車椅子バスケットもサッカーをやっていたから注目されたこともあっただろうし、そこから色んな人とも出会ったって事で、サッカーやって無かったら僕はただの、「いち障害者アスリート」だけだったと思うので、本当に家族も宝ですけども、サッカーも車椅子バスケットも宝かなと思います。
(南原)全部が一つに繋がっている感じなんですかね。サッカーから始まって事故から車椅子バスケットとの出会い、それを全部受け入れているっていう感じですかね。


『京谷和幸さんの夢色紙』
「夢・出会い・感謝」
常に自分は夢を持っていて、夢に向かっている途中に人達との出会いがあって、その出会いに感謝することで夢・目標が実現してきたので、この言葉を大事にしているそうです。


『京谷和幸さんのリクエスト曲』
アンビシャス (ハウンド・ドッグ)
気分が乗らない時に、強引にモチベーションを上げる時に聞く曲だそうです。


今週の番組プレゼント
京谷選手が練習の時に着ている「チャンピオン」のトレーニングウェア上下セットを1名様に!


来週は、シドニーオリンピック・柔道の金メダリスト瀧本誠さんが登場します。
お楽しみに!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.