PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

03月15日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(3月13日放送)
(今週のゲスト:植田 辰哉さん)

2週目は、1問1答形式の10の質問!
『弾丸スパイク本勝負!』

(南原)第〔筺 ー分は、小さい頃から「負けず嫌い」な子どもだった。
(植田)はい
(南原)第¬筺 〇匐,虜△ら、涙もろい。
(植田)はい
(南原)第L筺 ゝ〃が悪い時は、自分でも「怖い顔だ」と思うことがある。
(植田)いいえ
(南原)第ぬ筺 ,任癲⊂亟蕕砲蘯信がある。
(植田)いいえ(笑)
(南原)第ヌ筺 ’悗高すぎて、不便なこともある。
(植田)はい
(南原)第μ筺 ,海海世韻力叩帖班櫃い發痢匹ある。
(植田)はい
(南原)第問  日本代表の“龍神NIPPON”という愛称は、気に入っている。
(植田)はい
(南原)第問  ロンドン五輪に行くためには、“龍神”どころか“鬼神”にもなる。
(植田)はい
(南原)第問  そして、必ずメダルを獲る!
(植田)・・・はい
(南原)第問  自分の人生で、バレーボールが占める部分は何%だと思いますか?
(植田)ん〜100%と言いたいところですけども、99%


(南原)〔簗棔惻分は、小さい頃から「負けず嫌い」な子どもだった。』「はい」と・・・
(植田)剣道を小学校から中学1年までやってたんで、小学校の小さい頃はよく負けたら悔しくて泣いてましたね。

(南原)そして¬簗棔愡匐,虜△ら、涙もろい。』「はい」と。
(植田)そうですね。ドラマ見ても泣いてましたし。この前のバンクーバーオリンピックみても、浅田真央ちゃんの涙見たら、なんともいたたまれなくなりました。
(南原)そういう時は何て声かけられますか?もしもご自分が監督・コーチだったら。
(植田)いやー、真央ちゃんはたいしたもんだと思いますけどね。
(南原)そうですよねー。
(植田)やっぱり、まだ言葉かけられませんね、僕は。五輪でメダルを取らせる監督として1回経験したら、思い浮かぶかも知れませんけども。
(南原)なるほど〜。そしてL簗棔惶〃が悪い時は、自分でも「怖い顔だ」と思うことがある。』これは「いいえ」と。
(植田)機嫌が悪いときが…あまりないですからね。普段。
(南原)ははは。(笑)
(植田)普段の生活でも、家に帰っても怒ることないんですよ、あまり。
(南原)怒られることはあっても(笑)
(植田)怒られることはあっても(笑)
(南原)はっはっは(笑)TV見てて、怖い顔してるのは集中してるんですね。腕組みして。
(植田)決して機嫌悪いんじゃないです。

(南原)そしてぬ簗棔悗任癲⊂亟蕕砲蘯信がある。』ちょっと謙虚気味に、「いいえ」と(笑)なかなかでも、可愛らしい笑顔してますよ。(笑)はっはっは。(爆笑)
(植田)普段はね(笑)
(南原)なんか笑うと、童顔ですよね。はっはっはっは!(爆笑)
(植田)色々な人が言うんですよ。例えば食事に一緒に行くと、第一印象と全く違うって言われます。こんな人だったの?って。よく笑うし。練習中とか試合中はほとんど笑いませんからね。そういう意味では、イメージと全然違うと思います。

(南原)第ヌ棔愬悗高すぎて、不便なこともある。』「はい」と。
(植田)はい。背が高すぎてって言うか、全てが大きいじゃないですか…足もデカイし、洋服も日本では売ってないし、靴も選べないし…
(南原)足は何センチですか?
(植田)29.5です。
(南原)あっはっは(笑)
(植田)革靴なんか無いでしょ?オーダーメイドするか、海外行ったときに買うしかないんです。それも妻にね、「パパあなたはいったい何足靴を買ってくるんですか?」って言われるんです。
(南原)あっはっはっは
(植田)「ゲタ箱の中に靴が入らないじゃないの!」って。

(南原)そしてμ簗棔悗海海世韻力叩帖班櫃い發痢匹ある。』「はい」と。
(植田)これは神秘的な・・・お化けですね、“幽霊”です。コレだけは無理です。心霊現象とかTVあるじゃないですか、一人でよくホテルとか泊まることが多いんですが、すぐチャンネル変えます。それ見た日にゃ寝れません。
(南原)ははははは(笑)4歳児ですよ4歳児(笑)
(植田)怖いんですよ。たまに見たくなる時あるんです、どうしても。
(南原)怖いもの見たさで。
(植田)怖いもの見たさで。で、見て。天井の四隅を見たりするんです…わかるでしょ?

(南原)問目の『日本代表の“龍神NIPPON”という愛称は、気に入っている。』「はい」と。
(植田)これはもう僕は大好きなニックネームというか、愛称ですね。辰年生まれですよね。我々は。
(南原)そうですよ。
(植田)しかも滝に打たれに行く。滝に行くと白龍という龍がいるそうですね。
(南原)ほほ〜
(植田)昇り竜っていう…
(南原)はい
(植田)そして植田辰哉。辰…。
(南原)ホントだ!
(植田)なんかこれはもう、つけていただいた方に感謝感謝ですね。

(南原)そして問目『ロンドン五輪に行くためには、“龍神”どころか“鬼神”にもなる。』「はい」と。
(植田)やっぱり、たまには鬼の気持ちになって選手たちに接することもありますからね。心を鬼にしてっていう事も必要ですね。
(南原)決断となると。
(植田)覚悟です。
(南原)決断イコール覚悟。決断するまで大変らしいですね。いろんな監督にお話伺うと。判断・決断・覚悟と。
(南原)そして問目『必ずメダルを獲る!』「ん〜ん〜・・・はい」と。
(植田)取りたいというか…思いはありますけどね。こればっかりはねぇ、保証は無いですよ。そこまでしっかりと、メダルを取れるようなチームにするための努力をする自信はありますけども。
前回の五輪に出て8位入賞したとか、6位5位でもう一歩でメダル狙えたのに、っていうチームだったら、次こそはメダル狙います。って言えると思うんですけど。
前回の五輪行ってない、その前も行って無い、その前も行ってないんですよ。久しぶりに行った五輪の監督がメダル狙いますなんてって言ったら、見てる人の何%がそれを支持するかって言ったら…たぶん0.00%ですよ。

(南原)さあ、問目『自分の人生で、バレーボールが占める部分は何%だと思いますか?』100%と言いたいところだが、99%」と。
(植田)僕にも皆さんにも家族があるように、人生全てバレーボールだって言ったら家族がかわいそうですから。
(南原)もうちょっとパーセンテージ上げてもいいんじゃないですか?1%って…(笑)
(植田)1%じゃ悪いですね…(笑)
(南原)あっはっはっは(笑)今こういう話してますからね。バレーボールの話してますからね。
(植田)まあ、バレーボールの話してますからね。どうしても。
(南原)家に帰ったらもう逆転ですよね。バレーが1%くらいですよ。
(植田)家族あっての…私・・・ですから。
(南原)あっはっはっは(爆笑)だんだん…フェードアウト…
(植田)トーンダウン…
(南原)家族の話したら、急にトーンダウンしますよね(笑)ここら辺のところが親近感を覚えるところでございましょうか。

(南原)今年の男子バレーのやるべきことは、どういう目標でしょう?
(植田)9月に迫っている世界選手権において、前回ベスト8だったんで、それを上回る成績を残せたら良しとしようと。今回はアウェーのイタリアなんで・・・。
(南原)植田ジャパン・龍神ニッポンを皆さんで応援して、日本人の可能性を見せてもらいたいですね。


「植田 辰哉さんのリクエスト曲」
『For you』 (高橋 真理子さん)

「植田 辰哉さんの夢色紙」
『驕兵必敗』(きょうへいひっぱい)
驕りたかぶった兵隊は、必ず敗ける。常に謙虚で努力を続けなければいけないよ、っていう意味です。

次回ゲストはボクシング・WBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志選手が登場します。
南原さんが、「ノックアウト・ダイナマイト」の異名を持つ内山選手をトークのジャブで翻弄します!? 是非お楽しみに!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.