PersonalityProfile

1965年、香川県生まれ。
1985年、内村光良と「ウッチャンナンチャン」を結成。
数々のテレビ出演で人気を集め、 1989年からは『オールナイトニッポン』のパーソナリティも 務める。
近年はバラエティー番組のほか、スポーツキャスター・記者としても活躍し、その他にも演劇・映画・落語・執筆活動など多岐に渡る活躍を見せている。

GuestProfile

佐伯美香(さいき みか) 1971年9月25日 愛媛県松山市生まれ。 小学5年生からインドア・バレーボールを始めて、高校卒業後の1990年、名門「ユニチカ」に入社。 全日本女子チームのエースとして、 95年のワールドカップ、96年のアトランタオリンピックに出場。 97年からは、ビーチバレーに転向。 2000年のシドニーオリンピックに高橋有紀子選手と出場して、日本人過去最高の「4位入賞」。 その後、結婚を機に一度引退、出産後の02年に現役復帰。 08年には、北京オリンピックに出場し自身3度目となる五輪出場を果たします。 現在は指導者として、インドア、ビーチを問わず、バレーボールの普及に努めている、佐伯美香さんです。

03月28日の放送は

ニッポン放送「南原清隆のスポーツドリーム」(3月27日放送)
(今週のゲスト:内山 高志さん)

2週目の今回は、まずは10の質問!!

 『地獄のスパーリング 10ラウンド!』
(南原)第〔筺.椒シングは、男のスポーツだ。
(内山)ハイ
(南原)第¬筺 屬Δ泙ぁ廚噺世錣譴襪茲蝓◆峩い」と言われたい。
(内山)ハイ
(南原)第L筺.押璽爛札鵐拭爾離僖鵐船鵐哀泪轡鵑韮沓娃娃襭腓魴彗したことがある。
(内山)ハイ
(南原)第ぬ筺,修靴董△修竜ヽを壊してしまった。
(内山)ハイ
(南原)第ヌ筺.船礇鵐團ンと言われるのは、もう慣れた。
(内山)ハイ
(南原)第μ筺仝機后▲廛蹐砲倭漢魁興味なかった。
(内山)イイエ
(南原)第問 でも、アマチュアのまま引退しなくて、本当に良かった。
(内山)ハイ
(南原)第問 「スピード」「パワー」「テクニック」、もっと能力を高めたいのは、どれ?
(内山)テクニック
(南原)第問 世界タイトルも獲ったし、次は「嫁獲り」だ。
(内山)イイエ
(南原)第問 人生をラウンドとすると、自分はいま、何ラウンド?
(内山)3ラウンド位です。

(南原)さあ、検証してまいりましょう。 〔簗棔屮椒シングは、男のスポーツだ。」「ハイ」と。
(内山)ボクシング見る人の大半は、相手が倒れるところが見たいと。そうなると、男じゃないと、ダウンはあんまりないですから。
(南原)我々芸人仲間では、南海キャンディーズのしずちゃんが、五輪目指して最重量級でやってますけども、どうですか?見てて。
(内山)よく一緒に・・・
(南原)ジム一緒なんですか??
(内山)いや、たまにウチにジムに来るんですよ。スゴイ熱心ですよ。感心します。ハンパな気持ちじゃないっていうのが伝わりました。

(南原)¬簗棔屬Δ泙ぁ廚噺世錣譴襪茲蝓◆峩い」と言われたい。「ハイ」と。
(内山)「うまい」って言われるのも嬉しいんですけども、「うまい」とか「早い」とか総合的に全部合わせたのが「強い」って事になる。

(南原)L簗椶痢屮押璽爛札鵐拭爾離僖鵐船鵐哀泪轡鵑韮沓娃娃襭腓魴彗したことがある。」と、ぬ簗椶痢屬修靴董△修竜ヽを壊してしまった。」これはなんですか?ハイ・ハイと。何ですかこれは?
(内山)アマチュアの時代なんですが。これは一人で壊したというか、当時ツルんでた仲間が、極真空手やってる連中とか、キックボクシングとか、自分より重いメンバーとかと遊んでて、そんな人間がバンバンやってれば・・・壊れますよね(笑)
(南原)異種格闘技戦を対人じゃなくて、マシンで。「じゃ、オレのパンチと、極真のパンチと、キックボクシングのパンチどれが強いか〜」みたいな。
(内山)そんな感じです(笑)
(南原)でも、内山チャンピオンが壊したんですか?ドーンって。
(内山)誰のせいだ?って話になっちゃいました。オレじゃねえよ、オレじゃねえよって。
(南原)あ、壊したら自慢じゃなくて、「ヤベエ、どうしよう」って?(笑)
(内山)そんな感じです。(笑)

(南原)ヌ簗棔屮船礇鵐團ンと言われるのは、もう慣れた。」「ハイ」これはもう。
(内山)最初の頃は「チャンピオン」って言われて、「いやいやいや」って言ってたんですけども、今だにずっと「いやいやいや」って言ってても話が長くなるだけなんで(笑)
(南原)そりゃそうですよ。「チャンピオン」って言われて「いや、僕なりたてのチャンピオンなんで」なんて面倒だよ!(笑) そういう立場になったんですから、そういう振る舞いをしないと、周りも困りますからね。
(内山)でも、まだ恥ずかしいですけど。
(南原)このまま防衛をね、重ねていけばだんだん。
(内山)続けないと。
(南原)ねえ〜防衛もあると思うとね〜。
(内山)でも好きでやってることですから。
(南原)そうですね。誰かれなれる訳じゃないですからね。で、チャンピオンにならないと防衛も出来ませんらね。
(内山)そうですね。

(南原)μ簗棔峺機后▲廛蹐砲倭漢魁興味なかった。」イイエと、興味はあったんですね。
(内山)ボクシング始めた最初のキッカケは、プロの試合を見てあこがれたんで。アマでやってるうちに、アマが好きになっちゃった。追求したいって形になったんで。
(南原)で、出来たら五輪に行きたいと。
(内山)そうですね。最後の方は五輪しか興味なくて、アマしか。

(南原)問目「でも、アマチュアのまま引退しなくて、本当に良かった。」
(内山)これは、本当に・・・世界チャンピオンになれましたから。
(南原)そうですねぇ。
(内山)あそこで引退していたら、今のこういうの…なかったですから。

(南原)そして問目『「スピード」「パワー」「テクニック」、もっと能力を高めたいのは、どれ?』「テクニック」だと。
(内山)でも…パワーも求めたいし…でも全部ですね。
(南原)その中でも一番最初にテクニックが出てきたのは、どういうテクニックを?自分の中で?
(内山)うーん…結構カウンターを取る選手がいるんですよ。そういうのってセンス的なものがあって、僕はなかなか練習してもカウンターって苦手で…。
(南原)パンチもらった時はどうなんですか?
(内山)一回だけ効いたのは…バンってまともにもらって、船の上に乗ってるみたいに「おお〜」ってなって…
(南原)「これか!?ヤバイッ ふらっふらだよ」って?
(内山)ぐるぐるぐるぐる回るってなるじゃないですか、ああいう感覚になった事は一回あります。ゴングと同時だったんで、大丈夫だったんですけど。
(南原)ふらふらしながらコーナー戻ったんですか?
(内山)そこは意外と冷静で(笑)何秒か仁王立ちして、ははは(笑)「よし、大丈夫だ」ってなってから戻りました(笑)
(南原)あ、ふらふらしてるのを・・・
(内山)見られたら、相手に「超効いてる!」って思われるじゃないですか。レフェリー陣にもイメージ悪いし。
(南原)オレは効いてないって言いながら(笑)でも、今まで一回しかないんですか?
(内山)そうですね。
(南原)ええ〜!(驚)

(南原)問目「世界タイトルも獲ったし、次は「嫁獲り」だ。」「イイエ」と。あんまり女性には興味ない?
(内山)いや、まあ興味はありますけども。やっぱり…まずは、防衛ですね。
(南原)そんな事言ってる暇なんかないんだ!って?
(内山)そうですね(笑)防衛で、とりあえずは、3〜4回防衛しないと。まずはボクシングを安定させたいっていうのがあるんで。チャンピオンという立場を。
(南原)なるほど。

(南原)そして問目「人生をラウンドとすると、自分はいま、何ラウンド?」「3ラウンド」だと。これは、まだ始まってすぐですね。
(内山)そうですね。やっとここからが自分のスタートかなと。過程が長かったですけど…
(南原)高校1年の時から。
(内山)もう15年ですからね。でも…30歳ってまだですよね?
(南原)若いですよ〜!僕からしたら、全っ然若いですよ(笑)
(内山)あはははは(笑)そうですか?
(南原)30歳とかね、35歳位までは、一番若いですよ。一番調子良いですよ。体力的にも問題ないです。そん時が一番お酒飲めてましたよ。やっと体が出来てきたっていうか、体と精神がだんだん。40歳過ぎたら、もっといいですけどね。もっと精神が落ち着いてきて。
(内山)まだまだですね。
(南原)やっと自分の人生がスタートしたと。
(内山)引退してやっと5ラウンドくらいじゃないですかね。

(南原)だいたいね、30歳とか35歳とか過ぎてくると、だんだんモチベーション低下してくるじゃないですか。それは全然?戦う闘志満々ですか?
(内山)全然ないですね。まだチャンピオンなったばかりですから。
(南原)初防衛戦も燃えてるわけですね。
(内山)燃えまくってますね。

(南原)これからはどういうチャンピオンになりたいですか?
(内山)僕はまだチャンピオンになったばかりですし、世間的にも全く無名のチャンピオンなので、もっと強くなって、まずボクシング界で有名になるってことですね。あとやっぱり世間的にも知ってもらいたいです。
(南原)5月17日(月)に初防衛戦。声援は聞こえているんですか?
(内山)すごく聞こえます。
(南原)内山チャンピオンを応援してください!


「内山 高志さんのリクエスト曲」
『とんぼ』(長渕剛)

「内山 高志さんの夢色紙」
『恐れず・驕らず・侮らず』
母校・花咲徳栄(はなさきとくはる)高校のボクシング部の部訓。
それを自分の座右の銘としています。

次回ゲストは、パラリンピック陸上競技、メダリストの廣道純選手!
大阪府堺市生まれの廣道選手、なんと故横山やすし氏と同じ中学出身とのこと。
本当にアスリートか?と思わせる、そのコテコテの関西弁に南原さんタジタジとなるの巻・・・お楽しみに!

backnumber
 
ニッポン放送トップページ夜の番組ページ Copyright (C) 2011 Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.