Jリーグラジオ

  • TOP
  • ブログ一覧
  • Jリーグラジオの湘南戦中継は無敗。結果プレーオフ行きは・・・?!...
2018.12.03

Jリーグラジオの湘南戦中継は無敗。結果プレーオフ行きは・・・?!

12月1日(土)J1リーグは最終節。柏レイソルは前節・降格が決定。

その一方で最終節まで混戦を極めるのが、J1参入プレーオフ行きとなる16位の座。

1試合を残した時点で、16位になる可能性がある12~16位の状況は、

以下のように勝ち点「1」差の中に5チームがひしめく状況。

 

最大のポイントは、名古屋×湘南の直接対決。この直接対決は決着が着いた場合、

勝ったクラブが15位以内を確定できる一方で、もし引き分けに終わり両者が、

「勝ち点41」になると、他クラブも結果次第で順位が大きく変動する可能性がある。

得失点差でプラス1の横浜FMは、よほどの大敗を喫しない限り16位転落はない。

15位鳥栖の残留条件は「鹿島に負けないこと」。少なくとも引き分ければ、2クラブのいずれかより勝ち点、もしくは得失点差で上回る。ただし鹿島に敗戦した場合、

両クラブが引き分けると16位に転落。もし決着がついたとしても、

負けたクラブとの得失点差での勝負になる。13位の磐田は「川崎に負けなければ」、

15位以内が確定。名古屋と湘南が引き分け、鳥栖が引き分け以上に終わった場合、

磐田にとって厳しいのは得失点差「-12」。

この状況でもし敗戦すると、3クラブに得失点差で上回られてしまい、まさかの16位転落となってしまうが・・・。

 

 

ニッポン放送Jリーグラジオでお送りした、J1最終節の名古屋グランパス×湘南ベルマーレ。

湘南が菊池のゴール、梅﨑のPKで2-0とリードを広げるも、

ジョーの2回のPKで2-2と引き分けに・・・

試合終了後、鹿島×鳥栖も同時刻に終わり、0-0で試合終了。

この段階で磐田・鳥栖・湘南・名古屋と勝ち点で41に並び、

後半キックオフが15時6分の等々力の川崎×磐田にマイクを移す。

その直後、川崎・家長のシュートが入ったように見えたが磐田のDFに当たりオウンゴール。

そしてタイムアップのホイッスルでこの瞬間、磐田が16位に転落し、プレーオフ行きは磐田に・・・

運命の最終節は最後の最後でドラマが待っていました。

 

今シーズンもJリーグラジオをご拝聴頂き、ありがとうございました。

また来シーズンもJリーグラジオをよろしくお願い致します。

Jリーグ情報もまたこちらで更新して参ります!

最新番組ブログ
パーソナリティ
  • 煙山光紀
    煙山光紀
    煙山光紀

    煙山光紀

    1962年7月2日生
    広島県出身
    野球・サッカー・競馬の実況をすべて完ぺきにこなすスーパーアナウンサー。かつ白米3合を完食するスーパーストマックの持ち主である。特技はアニメソングの絶唱と将棋。双子の愛娘の成長が何よりの楽しみ。

  • 洗川雄司
    洗川雄司
    洗川雄司

    洗川雄司

    1977年6月16日生
    長崎県出身
    通称「エロい川」。歯切れの良い実況で野球・サッカー・競馬をすべて器用にこなす。声は高いが背は低く、近年深酒のせいか肥満が進み、身長と体幅がほとんど変わらなくなってきた。

  • 清水久嗣
    清水久嗣
    清水久嗣

    清水久嗣

    1980年8月30日生
    千葉県出身
    愛称“銀次”。日曜競馬ニッポンの司会を担当し、様々なスポーツ実況をこなすユーティリティープレイヤー。趣味も多く「食べる事とゲームをする事が何よりも幸せ」とのこと。無類のB級グルメであり、料理もたしなむ。

  • 大泉健斗
    大泉健斗
    大泉健斗

    大泉健斗

    1994年2月20日生
    東京都出身
    立教大野球部出身!ただし4軍。定位置はセンターのアシスト!楽天田中和基選手の後ろで球拾いをしていた。新卒で一般企業に就職するも、アナウンサーへの思いを捨て切れず、ニッポン放送に転職。「ももクロが人生のバイブルです。」と豪語し、カラオケで歌って踊る元気者。実況では1軍エースを目指す!

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.