• radikoリンクボタン
  • twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン

メールフォームリンクボタン

  • radikoリンクボタン
  • メールを送るボタン
  • Twitterシェアボタン
  • Facebookシェアボタン

放送時間:毎週土曜日 8:30~10:50

ベランダ天気予報/3分でポン!/10時のグッとストーリー/MY BOOK MY LIFE/この声、ダイスキ♥

ベランダ天気予報

新しいお友達のタネを蒔きました。

ん!? タネが青い……!

3分でポン!

10月27日の「八木亜希子LOVE & MELODY」番組内コーナー「3分でポン!」では、今日から東京都美術館で始まった『ムンク展』の「叫び以外のみどころ」を、アートテラー・とに〜さん教えてもらいました。

ムンクの「叫び」は白目バージョンが来日

「叫び」で知られるノルウェーの画家・エドヴァルド・ムンクの作品が約100点来日しています。

実は今回来日した「叫び」は、日本でよく知られているのとは別のバージョンなんです。

よく知られているのはクレヨンで描かれたもので、よく見ると黒目があります。今回来日したのは油彩で、目玉がない“白目バージョン”。より一層不安感が出ています。

「叫び」はバージョンとしては4つあって、他に版画もあります。

ムンクが愛を描いた作品もたくさん

ムンクの作品は「叫び」のように不安を描いたものばかりではありません。実は愛を描いた作品が多いんです。

ムンク自体もかなりのモテ男だったようで、キスシーンや男女の別れなどを描いた作品も多く来日しています。

ムンクの自撮り写真も展示

ムンクの作品には自画像も多く、19歳のイケメンの頃から晩年のものまで、様々な表情が見られます。

また珍しいのが、ムンクの自撮り写真。自分で腕をいっぱいに伸ばして撮ったと思われる写真が展示されています。

ポケモンとコラボしたグッズは売り切れ必至

グッズも豊富です。食べれば「ひょえー」っとなりそうな湖池屋「カラムーチョ」とのコラボ「ムーチョの叫び」や、世界のお茶専門店「ルピシア」のオリジナルティー、「BEAMS」とのコラボも。

注目は、ポケモンとのコラボ。「叫び」のポーズのピカチュウのぬいぐるみは売り切れ必至です。

ムンク展―共鳴する魂の叫び|東京都美術館

10時のグッとストーリー

さくらももこさんに憧れて出版社に入り、夢を実現させた宝島社・マルチメディア局の女性編集長・皆川祐実さんの物語をお送りしました。

詳しくはこちらをご覧ください→http://www.1242.com/lf/tag/八木亜希子/

メールでこのコーナーの感想を頂いた方の中から抽選で毎週1名様に、マツ六の持ち運びできる家具のようなデザイン手すり『LOHATES』(ロハテス)にマガジンラックをつけてプレゼントします。
(※色はマツ六にお任せとなります)

MY BOOK MY LIFE

今週は、国分拓の『ノモレ』をご紹介しました。

この声、ダイスキ♥

今回のリクエストは、Stevie Nicks「Edge of Seventeen」でした。

この声がダイスキ、そんな心に残る歌声のリクエストを、あなたからもお待ちしています。

同じカテゴリの記事

トップへ戻るボタン