• radikoリンクボタン
  • twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン

メールフォームリンクボタン

  • radikoリンクボタン
  • メールを送るボタン
  • Twitterシェアボタン
  • Facebookシェアボタン

放送時間:月~木 13:00~16:00

ニッポン放送に33年勤めるミステリー作家・志駕晃登場

ゲストはミステリー作家の志駕晃さん。

ニッポン放送に33年勤めていながら小説を執筆。
4作目の『スマホを落としただけなのに』が話題となり、
映画化が決定されました。

土屋:そもそもなんで小説書こうと思ったんですか?

志駕:昔から書こうとは思ってたんですよ。
48歳で子供を授かって、これを機会に書かなかったら
もう書かないなと思って。

土屋:ニッポン放送で働きながら小説家デビューって希望の中年ですよ。

(スタジオ爆笑)

スタジオの外にはたくさんのニッポン放送社員が見学に来ていて、
「希望の中年」というワードで爆笑が起きていました。

土屋:どうやって書いてたんですか?忙しいでしょ?

志駕:僕の場合は、朝の5時から7時の2時間で、
400字4枚をノルマにしてるんですけど、毎日やる続けるのが大事です。

土屋:僕だったら書いてること自慢したくなっちゃうけど、
増山さん気づいてました?小説書かれてるの。

増山:全然気付かなかったですよ!

志駕:僕も言わないです(笑)
だって本になってなかったら
“朝、ただ文字を書いてるおじさん”ですから!

志駕さんの最新作「ちょっと一杯のはずだったのに」が宝島社文庫から発売中。
実は、増山さやかアナウンサーをモチーフにした西園寺さやかという
キャラクターも登場しますので、ぜひ、ご一読ください。

そして、北川景子さん主演で映画化する
「スマホを落としただけなのに」は
11月2日に公開予定です。そちらもぜひチェックしてください。

志駕さんには映画の裏話や、アナタにも出来る周囲を観察して小説を書くコツ
などもうかがっています。
気になる方は下のバナーをクリックして、
ぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください!

radikoのタイムフリーを聴く

radikoのタイムフリーを聴く

同じカテゴリの記事

トップへ戻るボタン