• radikoリンクボタン
  • twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン

メールフォームリンクボタン

  • radikoリンクボタン
  • メールを送るボタン
  • Twitterシェアボタン
  • Facebookシェアボタン

放送時間:月~木 13:00~16:00

ギタリスト三宅伸治の明かす大物ミュージシャンとの伝説エピソード

ゲストにギタリストの三宅伸治さんが登場。

デビュー30周年を記念してリリースされた三宅さんのトリビュートアルバム。
ボーカルで参加した人だけでも…
斉藤和義・浅野忠信・石塚英彦・衣美・大西ユカリ・桜井和寿・
金子マリ・甲本ヒロト・仲井戸”CHABO”麗市・山崎まさよし
TOSHI-LOW・竹原ピストル・大竹しのぶ・鈴木圭介・BEGIN・ゆず
と、すごい顔ぶれ。

そんな大物アーティストたちとのエピソードを教えていただきました。

三宅:デビューする前には清志郎さんの運転手兼付き人をしていたんですよ。

土屋:運転手さんになったときどんなお話されたんですか?

三宅:ほとんどしゃべらないですね。でも嫌な感じじゃなくて。最初に「俺のことなんて呼ぶ」って話しかけられて「うーん…」って言ってたら「じゃあボスって呼ぶ?」。それからボスって呼ぶことになりました(笑)

さらに甲本ヒロトさんについては。

三宅:僕より少し年齢が上なんですよ。初めて会ったときに、ウィスキーを飲んでて大人だなと思いました。

土屋:ホンジャマカの石塚英彦さんとの関係性はどこからなんですか?

三宅:昔から石ちゃんのファンで、同じイベントに出たときにリハで石ちゃんがRCサクセションの曲を歌ってて声かけたんです。

他にもMr.Childrenの桜井和寿さんとのレコーディングについてなど、
貴重なお話、たくさんしていただきました。
気になる方は下のバナーをクリックして
ぜひradikoのタイムフリーでチェックしてみてください!

radikoのタイムフリーを聴く

radikoのタイムフリーを聴く

同じカテゴリの記事

トップへ戻るボタン