• Facebook
  • Twitter
  • LINE

【830垣花情報部】大人気!ヨシタケシンスケの世界とは?!

  • LINEで送る
旬な話題、トレンド、知りたい生活情報などを
ラジオのリスナーに代わってリサーチする『830垣花情報部』
今日は『大人気!ヨシタケシンスケの世界とは?!』と題して特集。
スタジオには新潮社の中瀬ゆかりさん、
アシスタントに1児の母でもある武田祐子アナウンサーとお送りしました。

 
皆さんは、「ヨシタケ・シンスケ」さんという方をご存知でしょうか?
もしかしたら、小さい子供をお持ちの方は、知っているかもしれませんが
今、子供たちに大人気の絵本作家さんのこと。
 
先日、子供たちが選ぶ最強の本ベスト10を決定する、
「小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」で
全国の小学生およそ13万人が投票に参加したんですが、
第1位に輝いたのは、異例のミリオンセラーを記録した、
『ざんねんないきもの事典』
 
なんと、このランキングの中に、4作品もランクインしているのが、
「ヨシタケシンスケ」さんの作品。
今回は、そんな「ヨシタケシンスケ」さんの作品をいくつか紹介した。
 
まず1作目は・・・
【『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)】
 
「小学生がえらぶ! こどもの本総選挙」
第3位にランクインした作品。
 
垣花『絵本って、たくさん絵が描きこまれていて、
 お話もどんどん展開していくんですが、これはちょっと変わっているんです。』
 
気になるあらすじは~
 
ある日、男の子が学校から帰ってくると、
テーブルのうえにリンゴが置いてありました。
そのりんごをみた男の子が
「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」と、
空想を働かせ始めて、延々、最後まで
りんごじゃなかったら何だろう…と、妄想しつづける絵本!
 
あらすじを読んだ垣花アナは・・・
垣花『りんごひとつでよくここまで妄想できるなぁと思います!』
とコメント。
そして、ゲストの新潮社・中瀬ゆかり氏は
中瀬『発想が“男の子”だと思います。だから子供から支持されるんですね。』
 
大人が読んでも面白い『りんごかもしれない』・・・ぜひ!
 
 
続いて紹介した作品は・・・
【『りゆうがあります』(PHP研究所))】
 
こちらも「小学生がえらぶ!こどもの本総選挙」
第10位にランクインした作品。
 
垣花『この作品には、かわいらしい男の子が出てくるんですけど、
 子供って自分勝手になんでもやっちゃいますよね。武田アナウンサーのお子さんもそうでしょ?』
 
男の子の母でもある武田アナは・・・
武田『そうそう、いっつもチョロチョロしてますよ。』
垣花『この作品は、主人公の男の子が、なにか変なことをして、お母さんに怒られてしまう。
   たとえば、鼻くそをほじってしまったり。武田さんのお子さんもほじりますか?』
武田『ほじります!(笑)』
垣花『この作品の主人公は、“鼻くそをほじっちゃダメ!”と叱られたときに、
 “僕のハナのおくにはスイッチがついていて、このスイッチをおすと頭から
 「ウキウキビーム」が出るんだ。このビームは、みんなを楽しい気持ちにすることができるんだよ!”
  っていう屁理屈をいうんです。(笑)』
武田『素晴らしい発想力!』
 
他にも「ツメをかむのは…」「貧乏ゆすりをするのは…」
などなど、延々と屁理屈が続く作品。
 
この作品を受けて、垣花アナは・・・
垣花『昔、お笑い芸人の上岡龍太郎さんが、弟子に遅刻はしてもいいけど、
 面白い理由を考えてこいって言ったんですよね。それに通じるものがあります。
 この絵本は、お子さんが読んだら役に立つ本かも・・・。』
武田『大人も読んだら楽しめるかも!』
中瀬『ヨシタケさんの作品は、大人も楽しめる作品が多いですからね。』
 
「子供にも大人にも大人気!
ヨシタケシンスケさんの話題の絵本」を紹介しました
  • 榊原郁恵のハッピーダイアリー
  • ハッピーレシピ
  • セブンネットショッピング
  • パズルメイト
  • はくばく元気のみなもトーク
  • うつみ宮土理のおしゃべりしましょ
  • ラジオリビング
  • 垣花正のにっき
  • 新行市佳ドレミファブログ
過去のホームページはこちら

ニッポン放送の番組一覧

他の番組を見る >