TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

2017年3月24日
リオ2016パラリンピック 柔道女子57kg級 銅メダリスト・廣瀬順子選手、廣瀬悠選手 

ゲストは、リオ2016パラリンピック 柔道女子57kg級 銅メダリストの廣瀬順子選手、廣瀬悠選手夫妻

パラリンピックで競技に夫婦で参加したのは、廣瀬夫婦が日本人初です。

廣瀬順子選手は、スタジオに銅メダルを持ってきてくれました!

初めて銅メダルを手にした鈴木亮平さんの感想は「重い!」そして「大きい!」

リオ大会のメダルは500gもあり、視覚障害の選手でも何メダルかわかるように音が鳴ることも話題になりましたよね。

実際に振ってみると・・・シャカシャカシャカと可愛らしい音が。

表面には点字も打たれていました(点字で『Rio2016』と書かれています)。

廣瀬順子選手は、銅メダルが決まった瞬間は「嬉しいよりもほっとした」と言い、表彰台でメダルをかけられた時に、メダルを獲ったという実感がわいて嬉しい気持ちになったそうです。

順子選手のコーチも務めている悠選手は、その時何をしていたかというと・・・。

表彰式が終わって順子選手が戻ってくる時に“ここだったらテレビに映るな”って所の場所取りをしていたそうです。

その努力が報われ、悠選手はテレビにばっちり映って、ニュース等で何度も使われていました。

 

柔道の魅力は、『投げた豪快さ!』(悠選手)『人とのつながり』(順子選手)だと言います。

順子選手の言う「人とのつながり」は、視覚障がい者柔道合宿の時に、高校まで一緒に柔道していたり試合をしていた仲間が練習相手をしてくれたり、女子日本代表の監督が(順子選手の)高校の時の恩師の後輩だったり、いろんなところで繋がって、いろんな人に助けてもらう中で感じ、それがとても嬉しいそうです。

 

そんな廣瀬順子選手の、上を目指して進もうとす方々に伝えたい “Going Upな一言”は・・・

『頑張らないと、何も始まらない』

自分は運動神経が悪くて選手として柔道をしているタイプではないけれど、そんな自分でも、頑張っていたら、いつか才能もセンスもある強い選手にも勝てると思って柔道をやっている。頑張らないと勝つ可能性もないので頑張る!という順子選手の思いが込められています。

 

次回のゲストも引き続き、廣瀬悠・順子選手夫婦です。お楽しみに。

 

廣瀬順子選手のリクエスト 「見えない翼 / 川嶋あい」

2017年3月13日
ブラインドサッカー・加藤健人選手 (2)

ブラサカの“カトケン”こと加藤健人選手を迎えてお送りした第2回目。

加藤選手が初めて日本代表に選出されたのは2007年。

夢が叶った瞬間でした。

『日本代表』としての初試合はベンチスタートだったのですが、国歌斉唱を聞いた瞬間から、緊張で体がいう事をきかず、試合で思うような結果を残せなかったといいます。

その試合を振り返って加藤選手は「日本代表になりたい!」ではなく「日本代表として、どういうプレーをしたいか」を大前提として考えるべきだったのではないかと反省をします。

それからは、“日本の勝利に貢献できるような選手”、“守備でも攻撃でも存在感を出せる選手”になりたいと思うようになりました。

 

そんな加藤選手が日本代表として出場する大会が、3月20日(月・祝日)に行われます。

ブラインドサッカー国際親善試合『さいたま市ノーマライゼーションカップ2017』

日本代表と対戦するのは、パラリンピック4連覇中のブラジル代表!

ブラジル代表は、リオデジャネイロ2016パラリンピックの金メダルメンバーを引き連れてやってきます。

日本代表の攻撃重視、迫力あるプレーをぜひ間近で体感してください!

http://normalizationcup.b-soccer.jp/

 

そして、3月25日(土)と26日(日)には、神奈川県川崎市で

『ブラインドサッカー クラブチーム選手権2017』

が、開催されます。

加藤選手は、所属する埼玉T.WNGSとして予選から出場予定です。

こちらの大会にも、ブラジルチームが参加しますので、ぜひ併せてご観戦ください。

※詳しくは、「日本ブラインドサッカー協会」の公式ウェブサイトをご覧ください。

http://www.b-soccer.jp/

 

最後に、加藤健人選手が上を目指して進もうとする人々に伝えたい “Going Upな一言”を伺いました。

『始めなければ始まらない!』

目が見えないから何もできないんじゃないかと思っていた時期もあったけど、ブラインドサッカーに出会うことでいろんな経験をすることができ「やればできる!」と思えるようになったという加藤選手。

やる前にできる・できないを考えるのではなく、まずはやってみること、挑戦してみることが大切だと語っていました。

上を目指してがんばる加藤選手を、これからも応援します!!

 

加藤健人選手のリクエスト曲  VOICE OF LOVE~上を向いて歩こう / VOICE OF LOVE POSSE

2017年3月6日
ブラインドサッカー・加藤健人選手 (1)

ブラインドサッカーの加藤健人選手をお迎えしてお送りしたGoing Up。

加藤選手は、2007年からブラインドサッカー日本代表として活躍しています。

この日は、日本代表のスーツを着て来てくれました。

ブラインドサッカーは“ブラサカ”の愛称で親しまれていますが、簡単に説明しますと・・・

視覚障害の選手が、転がるとシャカシャカ音の出るボールを使ってプレーする5人制サッカーです。

アイマスクをつけてピッチを走るフィールドプレーヤーは4人で、ゴールキーパーは視覚障害のない選手、または障害の軽い選手が務めます。

パラリンピックでは2004年のアテネ大会から正式競技になっています。

 

加藤選手は、小学3年生の時にJリーグに憧れサッカーを始め、中学生の時は学校のサッカー部のキャプテンも務めました。高校生の時に遺伝性の病(レーベル病)により徐々に視力が低下、両目の視力を失いました。

ふさぎ込んでいた時に、加藤選手のご両親がインターネットでブラインドサッカーを探してくれて、(出身の)福島県から茨城まで、ブラインドサッカーを見学に行き体験しました。

その時「一緒にブラサカやろうよ!」と誘ってくれた言葉が背中を押してくれて、ブラサカを始めることになりました。

現在では、日本代表として活躍するまでになった加藤選手。

ブラサカをすることで、人との繋がりが生まれ、いろんな経験をするようになったそうです。

ブラサカとの出会いは、加藤選手の人生を大きく変えました。

 

そんな、加藤選手が日本代表として出場する試合が開催されます!

3月20日(祝)に行われる「さいたま市ノーマライゼーションカップ2017」。

今年、日本代表と対戦するのは、パラリンピック4連覇中のブラジル代表です。

ブラジル代表は、リオデジャネイロ2016パラリンピックのメンバーが来日するという情報も届いていますので、ぜひ、3月20日は埼玉に熱い戦いを観に行きましょう(入場無料)!!

詳しくは、日本ブラインドサッカー協会の公式ホームページをご覧ください。

http://www.b-soccer.jp/

 

加藤健人選手のリクエスト:褒めろよ / GLIM SPANKY

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。