TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

2017年2月20日
車椅子バスケットボール・川原凛選手 (1)

今回のゲストは、車椅子バスケットボールの川原凛選手

みなさんもきっと川原選手を見たことがあるはずです!

そうです。三菱電機のCMで鈴木亮平さんと共演している、背番号18、あの車椅子バスケの選手が川原凛選手なんです。

鈴木さんからの情報によると、CM撮影中、はにかみ屋さんの川原選手は「もうちょっと真面目な顔で!」と監督に言われることがあったそうです。川原選手の人柄がわかるエピソードですね。

 

さて、最近の川原選手の話題といえば、なんといっても、先日タイで開催された「IWBF男子U23世界車椅子バスケットボール選手権アジアオセアニアゾーン予選会」でしょう。

U23(アンダー23)とは、23歳以下の選手のみが参加できるカテゴリーのことで、世界選手権は4年に1度開催される大きな大会です。1997年にカナダで第1回世界選手権が行われ、今年6月に再びカナダで第6回大会が開催されます。

その世界選手権のアジアオセアニアゾーン予選で、日本代表は見事、銀メダルを獲得!6月の本大会出場を決めました!

そして、川原凛選手はベスト5にも選ばれています。

高校2年生の時にU23日本代表に招集され、二十歳にして(本人曰はく)“古株”という川原選手は、大会を振り返って、日本代表チームは日に日に成長していったといいます。

初戦の中国戦ではチームが噛み合ってなかったそうですが、4戦5戦と試合を重ねるごとに、日本の武器であるスピードを生かしたプレーで他のチームを圧倒しました。

川原選手個人としても、相手チームの攻撃(スコアラー)を1対1で抑え、よいディフェンスができたと収穫の多い大会となりました。

 

6月に行われる世界選手権ではメダルを取ります!と宣言した川原凛選手。

次回もゲストにお迎えしてお送りします。

2017年2月15日
車椅子アスリート・土田和歌子選手 (2)

陸上・車椅子アスリートの土田和歌子選手を迎えてお送りした第2回目。

まずは、昨年末のホノルルマラソンでのご褒美のお話から。

ホノルルマラソン通算10回目の優勝を果たした土田選手に、なんと自ら“ファン”だと公言する歌手のAIさんと会えるチャンスが訪れたのでした。

大会オフィシャルテーマソングを歌うAIさんと車椅子マラソン優勝者が対談するという企画があり、それをレース後に知らされた土田選手。

ふだんは静かだといいいますが、この時はさすがにテンションが上がって、「AIさんの曲聴いてます!」と伝えたり、ついついおしゃべりになってしまったそうです。

そばにいた男子優勝者の副島正純選手には「(土田選手が)すごいしゃべっていたから

ほっとこ。」と思われてしまったそうです…

 

パラリンピックや世界の車椅子マラソンで数々の輝かしい記録を残している土田選手ではありますが、20年を越える競技人生を振り返ると、決して順調でいい事ばかりではありませんでした。

2008年北京パラリンピックでは、5000mのレース中にクラッシュに巻き込まれ大けがを負い、2か月寝たきりの生活を余儀なくされました。

その時、入院していた病院で生と死というものをみつめる出来事がありました。

入院当初、個室の隣の建物がホスピスで、人生最後の日々を送る患者さんや親族の様子を窓から見ながら「死」を感じたそうです。

ある日、その個室を移ることになったのですが、今度は産科の分娩室の隣の部屋。

四六時中、産声が聞こえてくるその部屋で「生」を感じることとなりました。

その体験は、「死は必ずやってくるが、それまでの間どう生きるのか」という、これからの生き方を考える機会となりました。

家族からは競技を続けることに反対の声もありましたが、説得に説得を重ね競技続行を決意し、パラリンピックロンドン2012大会、リオデジャネイロ2016大会に出場しました。

リオでの車椅子マラソンでは、1位と1秒差の4位と悔しい思いをしましたが、自分にまだ可能性を感じたそうです。

東京都出身、まさに地元開催の東京パラリンピック2020大会出場、そしてメダル獲得をかけて、土田選手の戦いは始まっています。

 

そんな土田和歌子選手が上を目指して進もうとする人々に伝えたい “Going Upな一言”は・・・

『逆境に耐えて咲く花こそ美しい』

この“花”は蓮の花のことなんだそうですが、蓮の花は泥水の濃度が濃いほど大輪の花を咲かせるといわれているそうです。

困難に打ち勝って、金メダルに向かって力強く進む土田選手の決意が伝わってきますね。

 

次回のゲストは、男子車椅子バスケットボールU23日本代表の、川原凛選手です。

どうぞお楽しみに!

2017年2月7日
日本人史上初の夏季・冬季パラリンピック金メダリスト、土田和歌子選手 (1)

今回のゲストは、日本人史上初の夏季・冬季パラリンピック金メダリスト・陸上の土田和歌子選手です。

土田さんは、1994年リレハンメル冬季パラリンピックから昨年のリオデジャネイロパラリンピックまで、夏冬合わせて7大会に出場しました。

19歳の時に長野県で開催された、アイススレッジの講習会に遊び心で参加したことがきっかけで、ノルウェー人の講師から才能を見込まれ「アイススレッジスピードレース」を始め、3ヶ月後にはリレハンメルパラリンピックに急遽出場することに。

さすがにリレハンメルでは惨敗したそうですが、その4年後の長野パラリンピックでは、アイススレッジスピードレース1000mと1500mで金メダル、100mと500mで銀メダル、計4つのメダルを獲得しました。

アイススレッジスピードレースは、氷上でソリに乗りストックをつきながら進むスピード競技ですが、パラリンピックでは、選手人口と参加国が少ないということから1998年長野大会を最後に廃止されました。

1996年頃から、夏場のトレーニングとして陸上競技を取り入れていたこともあり、長野後に陸上へと転向、2000年のシドニー大会(夏季)を目指すことになりました。

アイススレッジスピードレースと陸上。

どちらもスピード競技ということで、持久力や瞬発力という面ではアイススレッジで培ったものを活かすことができましたが、ストックと車輪を回すのでは全くの別物。

まずは標準記録を出すため、武者修行にでることもあったそうです。

スピードを体感するために、男子選手に練習パートナーになってもらうこともしばしばあるそうで、厳しいトレーニングの結果、2000年シドニー大会では、公開競技として行われた車いす800mレースで銀メダル、車いすマラソンで銅メダルを獲得。

そして、2004年アテネパラリンピック陸上女子5000m(車いす)で金メダル(車椅子マラソン銀メダル)に輝き、日本人初の夏季・冬季パラリンピック金メダリストとなりました。

 

土田さんは、昨年末にホノルルマラソン通算10回目の優勝を果たしましたが、その時に、すごいご褒美をもらったそうです。

その話はまた来週、お届けします!

 

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。