TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で、車椅子バスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催しています!次回は11月11日(土)、鹿児島駅となりの新施設「かんまちあ」で開催される「MBCラジオまつりinかんまちあ」の中で実施します。みなさんのご来場をお待ちしています!

日時:2017年11月11日(土) 9:30~17:00

「MBCラジオまつりinかんまちあ」内

場所:鹿児島市浜町2番20号 JR鹿児島駅となり かんまちあ
サイトはこちら
2017年11月21日
ウィルチェアーラグビー・菅野元揮選手 (2)

ウィルチェアーラグビーの菅野元揮(すがの・もとき)選手を迎えてお送りした第2回目。

リオ2016パラリンピックで銅メダルを獲得し、東京2020パラリンピックに向けて進化を続けるウィルチェアーラグビー日本代表について伺いました。

 

今年、カナダ代表の指揮官を務めていたケビン・オアー氏をヘッドコーチ(HC)として迎えた日本代表。

オアーHCは、冷静な分析と戦略を立てる一方で、試合中は必要に応じて熱く大声で選手たちを鼓舞します。

オアー新体制になり、組織的に、つまり“チーム”でオフェンス・ディフェンスすることを重視しており、例えば、ひとりの選手が(相手チームの)ボールを持っている選手に対してプレッシャーをかけて、うまくボールを奪えなかったとしても、チャンスがある限り他の選手が何度でもリカバリーしてディフェンスをする…というところを強化しています。

 

ウィルチェアーラグビーは男女混合の競技で、現在、倉橋香衣(くらはし・かえ)選手という女子選手が日本代表として活躍しています。

ウィルチェアーラグビーは車いすバスケットボールのように、障害の度合いによって選手ひとりひとりに「持ち点」が与えられます。0.5点から0.5刻みで、3.5点まで7つのクラスに分けられており、コート上の4人の選手の合計が8.0点以内というルールがあります。(菅野選手は2.0クラス)

女子選手が入ると0.5点がプラスされ、つまりコート上の選手の持ち点の合計が通常8.0点以内のところ8.5点以内まで許されることになります。これにより、障害の軽い高いポイントの選手同士の組み合わせも可能になり、攻撃のバリエーションが増えることになります。

オアーHCは倉橋選手の起用について、戦略のキーポイントのひとつとして挙げています。

 

ちなみに、英語が堪能な菅野選手はオアーHCと英語でやりとりをするそうですが、一方で、オアーHCは日本語を勉強中。

「おはようございます」「こんにちは」という挨拶から、「ありがとう」のスラング“あざーす”まで熱心に覚えているそうですよ。

トレーニング中はとても厳しいそうですが、普段はすごくフランクで気さくな方だということです。

 

現在、菅野選手は日本代表として活躍していますが、東京2020パラリンピックに向けて、

「パラリンピックという特別な舞台で、自分がどれだけチームに貢献していい結果を持って来られるかが大事だと思っている。そこでしっかりやってきたことを信じて、金メダルを獲りたい」と想いを語りました。

最後に、菅野元揮選手が上を目指して進もうとする方に伝えたい”Going Upな一言”を伺いました。

『万里一空』

ひとつのことに向かって常に努力し続ける、すべての事に対して手を抜かずに100%の努力を注いでいきたい、という思いが込められています。

 

12月15日(金)~17日(日)には、千葉ポートアリーナで『第19回ウィルチェアーラグビー日本選手権大会』が開催されます。

予選とプレーオフを勝ち抜いた全8チームが日本一を目指して熱い戦いを繰り広げるこの大会。

菅野選手が所属するBLITZは、持ち味の“スピードとパワー”で優勝を目指します!

 

<菅野選手からGoing Upリスナーの方々へのメッセージ>

BLITZへの応援、よろしくお願いします! そして、“菅野元揮”という選手が会場でものすごく輝いていると思うので、ぜひ応援してください!!

 

 

※菅野選手のリクエスト曲

In The Wee Small Hours Of The Mornig / Johnny Hartman

試合前やトレーニング中はロックや激しい音楽をきくそうですが、トレーニングが終わりリラックスしてリカバリーする時間は落ち着いた音楽を聴くのが好きなんだそうです。JAZZドラムを小さい頃からやっていて、その影響もあり、このアーティストを知ったそうです。

鈴木亮平さんもこの曲を聴いて思わず「いいですね~」と言ってましたね。

 

次回のゲストは、ハンドサイクリストの花岡伸和選手です。どうぞお楽しみに!

2017年11月14日
ウィルチェアーラグビー・菅野元揮選手 (1)

今回のゲストはウィルチェアーラグビーの菅野元揮選手です。

 

ウィルチェアーラグビーは、車いす競技の中で唯一コンタクトが認められている激しいスポーツです。
競技用の車いすもバスケットボールやテニスとは違い、補強されていたり衝撃に耐えられるような構造になっています。また、守備用と攻撃用で形状の違う車いすがあるのも特徴です。
手足に障害のある選手たちがプレーする競技ですが、車いすの車輪をまわす時には、手で握るというよりも肩や腕で押して前に進みます。
ラグビーという名前がついていますが、ボールは楕円形ではなく、バレーボールを改良して作られた専用のボールを使います。
ボールをコントロールしたり車いすの操作をする時にすべらないようにするため、手袋(グローブ)には松ヤニをつけたりもします。

 

菅野選手はもともとアルペンスキーの選手として全国大会にも出場するほどの実力の持ち主でしたが、中学生の頃、試合中の事故により車いす生活になりました。
怪我をした時は、すごく落ち込んだり悲しい気持ちにもなったそうですが、そんなことはしていられない、こんな体にはなってしまったけれども、どうやって楽しく生きていこうかと考えるのに必死だったそうです。

 

そんな時に出合ったのが、ウィルチェアーラグビーのドキュメンタリー映画「マーダーボール」。
こんなおもしろい世界があるんだ、自分もすぐにこの世界に入らなければと思ったそうです。
ウィルチェアーラグビーの魅力はなんといっても”タックル”。
その魅力に惹かれ、競技を始めました。

 

実は最近また「マーダーボール」を見たという菅野選手。
競技を始める前は、ただ『かっこいいな』とか『すごいな』と思っていたそうですが、映画の中の選手たちと同じ土俵で戦っている今、自分もここまで来たんだなと思うと同時に、この人たちに負けてられない、もっともっと頑張らなければという感情がわいたといいます。

 

現在は、ウィルチェアーラグビー日本代表として活躍している菅野選手ですが、昨年のリオ2016パラリンピックに日本代表として出場することは叶いませんでした。
パラリンピックでの日本の戦いを見て、いい試合をして銅メダルを獲得したのは嬉しかったけれど、一方で悔しい思いもあり、もしも自分が日本代表に入っていたら、銀メダルだったのではないか…という気持ちになったと正直に話してくれました。

 

これまでは、がむしゃらに、ただひたすらに、金メダルを獲って世界で一番のプレイヤーになりたいと思って頑張ってきましたが、”日本代表”は、 結果が全ての世界。
菅野選手は今、日本代表としての責任感を強く感じ、より精度の高いトレーニングに励んでいます。

 

次回もウィルチェアーラグビーの菅野元揮選手をお迎えしてお送りします。
どうぞお楽しみに!

 

2017年11月7日
メンタルトレーニング上級指導士・田中ウルヴェ京さん (2)

ニッポン放送では日本シリーズ 試合延長のため11月4日の放送が休止となりました。

この回の内容は、11月23日(木・祝)

ニッポン放送 ホリデースペシャル『三菱電機プレゼンツ 鈴木亮平 Going Up プラス』(時間:15:00~16:00)の中で放送致します。

*******************************************

 

メンタルトレーニング上級指導士・田中ウルヴェ京さんを迎えてお送りした第2回目。

今回は、田中さんがメンタルコーチを務める、男子車いすバスケットボール日本代表について伺いました。

 

リオ2016パラリンピックで一回いろんなことを終え、2017年は “全てを壊す年”。

自分の成功体験や失敗体験…すべてをゼロにする、ゼロどころか“壊す”のが2017年だといいます。

人は“一回自分を疑ってみる”という時期をちゃんと持たないといけない。勝手な成功体験なんていうものだけで高めようというのは“傲り”でしかないので、まず自分をつぶす練習に取り組んでいます。

 

(誤解を恐れずに言えば)パラアスリートはどんな結果になっても「よく頑張ったね」と言われてしまう、たとえ負けたとしても。でも、これってどうだろうか?

本当にメダルが獲りたいのであれば「メダル獲りに行きます」と言っている最中の自分は、すごくカッコ悪いはず。なのに、メダルを目指しているだけでも凄いですねと言われることに対して、どれだけ満足しないかということをしっかり持っていないと、みんなが応援してくれることで、どこかでもう充分だと自分が決めてしまうと、絶対努力できなくなってしまう。

パラアスリートはそれを自分でちゃんとわかっている、と田中さんは言います。

 

選手たちからの声で多いのは、日本代表という重みやプレッシャーからくる『緊張』。

科学的に言われていることは、それだけ大事なことなので「もちろん緊張はする」。

これに対しては、その緊張の種類を自分でちゃんと可視化することによって、悪い緊張は排除し、良い緊張はもっと高めるというやり方を実践します。

例えば「周囲の目が気になって緊張する」のであれば、周囲の目は自分でコントロールできないことなので、いかに気にしないようにするかということになってくるけど、その緊張が「自分がちゃんとできるかという不安」からくるものであれば、それは“ちゃんと不安になっておく”ことが大切なんだそうです。そして、今日すべきことは何かを具体化する、今日に集中することで、いい緊張に変えることができるんだそうです。

 

“全てを壊す年” 2017年の先は『試す』→『整える』→『行く』。

その『行く』年が、2020年です。

男子車いすバスケットボール日本代表、2020年までの歩みをしっかり見ていきましょう!

 

最後に、田中ウルヴェ京さんが上を目指して進もうとする方に伝えたい”Going Upな一言”を伺いました。

『明日 死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学べ』

これは田中さんの書斎の壁に貼ってある言葉(ガンジーの名言)。

小さい頃から死ぬのが怖くて、すぐ死ぬかもしれないのになんでこんなに頑張る必要があるんだろと思っていた田中さん。ある時、その考え方を変えようという思いに至ったそうです。明日死んでもいいように今日ちゃんと生きて、でも永遠に生きるかもと思っておけば、これ大変、すごく学んでおかなければならない。そうすれば、50歳だからとか70歳だからとか思わなくてすむと思った。

そんなエピソードを話してくれました。

 

リクエスト曲:ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』より『 I am what I am 』

※シンクロ選手を引退した後に自分のことがわからなくなり、シンクロをとったら何もない人間だと悩んでいた時にアメリカ(留学中)で観たミュージカルの中の一曲。“私は私”という歌詞にとても共感したそうです。

 

(番組こぼれ話)

田中ウルヴェ京さんの話にとても興味を持ち納得した様子の鈴木亮平さん。

「役者にもメンタルコーチが欲しい。メンタルコーチを初めてつけた俳優になろうかな(笑)」と話していました・・・

 

次回のゲストは、ウィルチェアーラグビーの菅野元揮選手です。どうぞお楽しみに!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。