TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で、車椅子バスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催しています!次回は11月11日(土)、鹿児島駅となりの新施設「かんまちあ」で開催される「MBCラジオまつりinかんまちあ」の中で実施します。みなさんのご来場をお待ちしています!

日時:2017年11月11日(土) 9:30~17:00 ※終了しました

「MBCラジオまつりinかんまちあ」内

場所:鹿児島市浜町2番20号 JR鹿児島駅となり かんまちあ
サイトはこちら
2018年1月15日
長野パラリンピック金メダリスト・マセソン美季さん (2)

マセソン美季さんをゲストに迎えてお送りした第2回目。

東京2020パラリンピックの成功とパラスポーツの振興を目的に設立された『日本財団パラリンピックサポートセンター(通称:パラサポ)』のスタッフでもいらっしゃるマセソンさん。

今回は、マセソンさんがマネージャーを務めるプロジェクトについて伺いました。

 

そのプロジェクトとは、国際パラリンピック委員会公認のパラリンピック教育プログラム「I’m POSSIBLE(アイム ポッシブル)」

Impossible(不可能な)という単語に「 ‘  (アポストロフィー)」をつけると、I’m possible(私はできる)に変わるように、「不可能 (Impossible) だと思えたことも、ちょっと考えて工夫さえすれば、何でもできる (possible) ようになる」というメッセージが込められています。

障害のあるアスリートを見る時、できない部分ではなく、彼らの魅力やすごいところに目を向け、可能性を追求する・・・そういうことから共生社会を構築するための考え方を育んでもらいたいという思いで作られました。

 

マセソンさんは国際パラリンピック委員会の教育委員を務めており、教材の開発にも携わっておられます。

2012年のロンドン大会時には、オリンピック・パラリンピックの価値をベースにした「Get Set(ゲットセット)」という教材が大成功を収めましたが、それをぜひ東京大会に向け日本で、そして世界でもということで、先に英語版が制作され、昨年の2月に日本版が発表されました。

日本の教育現場に合うように改良された日本版は、小学校の授業で活用してもらうため45分(1時限)の授業が4回できるように編集されてされていますが、小学校だけではなく、中学・高校・大学・一般と、幅広い年代の方々に伝えられています。

今後も教材の制作は続き、2020年までに追加の授業セットが順次公開されます(2019年までに15授業分が完成する予定)。

 

教材は大きく分けて「パラリンピックの価値」と「パラスポーツ」の2つのテーマに沿って構成され、教室で行う座学とパラリンピック競技を体験する実技の2種類があります。

現在、公開されている授業内容は・・・

「パラリンピックって何だろう?」(座学)
「パラリンピックスポーツについて学ぼう!」(座学)
「シッティングバレーボールをやってみよう!」(実技)
「ゴールボールをやってみよう!」(実技)の4授業分。

授業を通して、楽しい!と感じることで興味を持ってもらい、実際に体験することによる“気づき”という部分を大事にしているといいます。

授業を行う教師用にハンドブックや授業ガイドも用意されていて、パラリンピック教育を受けていなくても、そして、選手などの経験者でなくとも子供たちに教えられるように教材が用意されています。

パラリンピック教育は、東京大会が行われる2020年を目指しているわけではなく、2020年をきっかけにそれ以降も続けていってほしいというのが教材制作にも携わるマセソンさんの願いです。

 

最後に、マセソン美季さんが上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Up”な一言を伺いました。

『道がなければ、作ればいい!』

「前例がありません」「今までこういうことをやった方がいらっしゃいません」と断られることがあったり動くのに躊躇される事があったりするけれど、だったら作ればいいんじゃない、今までやった道を歩いていくだけではなく新しい道を作ってもいいんじゃないかと思う。この言葉を常に頭に置いて、新しいことを開拓していきたいといつも思っていらっしゃるそうです。

 

マセソン美季さんのリクエスト曲:セント・エルモス・ファイアー / ジョンパー

だんな様と好きな曲が偶然一緒で、結婚した後にふたりで同じCDを持っていたそうです。

この曲は、元車いすバスケットボールの選手で1980年アーヘン(アーネム)パラリンピック陸上・車いす800m金メダルをはじめ、パラリンピックで6つのメダルを獲得したカナダ人のリック・ハンセンさんが車椅子で世界一周した時に応援歌だった曲。障害のある方に対する認識を変えたいという想いで世界を一周した彼の応援歌を聴くと、自分も頑張りたい!という気持ちになると、この曲に込められた想いを話してくれました。

 

次回のゲストは、義足のハイジャンパー・鈴木徹選手です。どうぞお楽しみに!

2018年1月9日
長野パラリンピック金メダリスト・マセソン美季さん (1)

明けましておめでとうございます。
本年も『鈴木亮平 Going Up』をどうぞよろしくお願い致します。

 

2018年最初のゲストは、長野パラリンピック金メダリストのマセソン美季(ませそん・みき)さんです。

マセソンさんは、今からちょうど20年前、1998年の長野パラリンピック・アイススレッジスピードレースで 4 種目に出場し、500・1000・1500mで金メダル、そして 100mで銀メダルを獲得しました。1500mでは世界新記録も樹立しています。

アイススレッジスピードレースとは、スピードスケートの刃のような 2 本のブレードがついたそりで氷の上を滑りタイムを競う競技です。先端にアイスピックがついたストックで氷をかいて前に進ます。

(参加国と競技人口が少ないという理由から、長野大会を最後に冬季パラリンピックの正式競技からはずれました)

 

マセソンさんがアイススレッジスピードレースを始めるきっかけとなったのは、長野パラリンピックに向けて行われた選手発掘イベントでした。
当時、陸上の車いすマラソン競技をやっていたマセソンさんは、はじめは全くアイススレッジ競技に興味が湧かず、スケートリンクは寒いし、どうやってここを抜け出して帰ろうかなと思っていたそうです。
小さい頃からスポーツが得意で、体育の時間や運動会では必ず目立っていたと言いますが、アイススレッジスピードレースは初めて、出来ないと思ったスポーツでした。

適当な言い訳でもつけて辞めようかと一時は思いましたが、このまま辞めたら”逃げている負け犬”のような気がして、辞めるにしてももう少しできるようになってから辞めよう、と考えを変えました。
そうやって始めたアイススレッジスピードレースでしたが、やってるうちに「速くなりたい」「強くなりたい」「大きい大会で活躍したい」と、どんどん欲がわいてきて、自分の国で開催される長野パラリンピックで、自分の国の代表ユニフォームを着て出場することが、いつしか目標になっていきました。

 

そうして迎えた、長野パラリンピック。
競技場に入った時、目に飛び込んできたのは大勢の観客でした。
こんなに多くの人たちの前でプレーするのは初めてのことで、それまで一度も試合で緊張したことはありませんでしたが、この時初めて緊張したと自身初のパラリンピックを振り返ります。

実は、出場した4種目中、100m以外はメダル圏外の選手だと思われていたといい、取材陣から「そこの黄色いジャンパーの子、邪魔だからどいてくれる?」と言われ、どかされたこともあったそうです。

ところが、そんな”黄色いジャンパーの子”が金メダルを3つも獲得するという快挙を成し遂げます。
そこには、こんなエピソードがありました。

 

最初の出場種目だった100mを銀メダルという結果で終えたマセソンさん。
「あー、終わっちゃった」と完全にリラックスモードで、次の試合に向けて他の選手たちがウォーミングアップをする中、マセソンさんは昼寝をしたそうです。
昼寝中、さっき負けたはずのレースで、一番いいレースをして金メダリストになっている夢を見たといいます。
レースの時間が近づき、トレーナーさんに起こされたマセソンさんは、すっかり金メダリストのイメージ。何も怖いものはありません。

競技場に入ると、さっきまでの大歓声とは違い「美季がんばれ!」「松江(マセソンさんの旧姓)こっち!」と、自分への歓声が全部耳に入ってきて、(やっぱり金メダリストになったら、みんな見てくれるのね!)と思ったそうです。
いつもはスタート前に、あれをやってはいけない、これをしないようにしよう、という”やってはいけない事リスト”を頭の中に置いてレースに臨みますが、この時ばかりは、今までで最高のレースが頭の中にあったので、何も気にせず「もう大丈夫!」と自分を信じることができたといいます。
いいレースに入れるという自信の中でスタートの音を聞き、思い通りのレースを展開。そして、金メダルに輝きました!
昼寝の時に見た夢は、完璧な『イメージトレーニング』だったようです。
快進撃は続き、終わってみれば、500m・1000m・1500mと3つの金メダルを獲得しました。

“夢”のようなエピソードですね。

 

障害がある方にとって、普通は『バリア』である雪や氷。
ただ、競技をすることで、雪山に行ったり氷に乗ったりして、日常生活では体験できないような感覚の中、スピードを感じる事ができるのは冬のスポーツの魅力だとマセソンさんは語ります。

そんな、冬のパラスポーツの祭典、平昌2018パラリンピックがもうすぐ始まります!

 

 

マセソン美季さんのリクエスト曲: Happy  /  ファレル・ウィリアムス
息子さん達の目覚ましの音楽。
カナダ在住のマセソンさんは、今、仕事で日本とカナダを往復して家を空けることもよくあるそうです。「マミーもこの曲を聞いて、毎日僕たちのことを思い出して元気な1日を迎えてね」と息子さんたちにもらったのがこの曲。毎朝聴いているそうです。

 

次回も引き続き、マセソン美季さんをゲストにお迎えします。お楽しみに。

2017年12月31日
2017年もありがとうございました!

今年も一年、『 鈴木亮平  Going Up 』をお聴き頂き、誠にありがとうございました。

これからもパラアスリートの素顔に迫り、パラスポーツのかっこよさを伝えて参ります。

2018年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

 

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。