TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

<お知らせ>
10月6日(土)・7日(日)、あすたむらんど徳島で開催の「KRY秋祭り2018」内で実施予定の「三菱電機 GoingUpキャンペーン全国キャラバン in 山口」は台風25号の影響が予想されるため中止になりました。
サイトはこちら
2018年10月8日
車いすダンサー・かんばらけんたさん (2)

車いすダンサーのかんばらけんたさんを迎えてお送りした後編。

今回は、リオ2016パラリンピック閉会式で行われた、2020年東京大会のプレゼンテーションについて伺いました。

 

本番の2、3か月前くらいに出演が決まったかんばらさん。

日本国内での練習は6日間くらいと意外と少なかったと話します。

東京近郊には、リオパラリンピック閉会式のステージ並みの広い練習場所がなく、プロジェクトもシークレット進んでいたため、ある時は、静岡の山の中にある展示場のようなところで、カーテンを閉め切り、泊りがけで練習することもあったそうです。

プレゼンテーションのテーマは『ポジティブスイッチを押そう』

「障害を新たな可能性・魅力に切り替えよう!」というメッセージのもと、「感動をあおるわけではなく、純粋にカッコいいと感じたり、純粋にいいなと思ってもらえるパフォーマンス」を意識して演出が行われました。

そのため、「感動をあおるような映像なども全部排除して演出が決まっていった」といいます。

リオに現地入りしてからも、何かあっては代わりをみつけることはできないということから、ホテルから出ず準備を行いました。

そんな中、本番の2日前に急遽ソロパートを任されることになったかんばらさんは、少し不安な気持ちで当日を迎えました。

 

本番直前。ステージのすぐ下で出番を待つかんばらさん。

スタジアム中に君が代が流れ、目の前で日の丸が揚がっていきます。

6万、7万もの人が静かにその様子を見つめる時には「ちょっと震え上がった」そうです。

君が代が流れ終わって、観客がわぁーと一気に盛り上がり、地面が揺れて、空気が揺れていました。

ステージを上って行くその時、かんばらさんの緊張はMAXに達していました。

しかし、本番のステージでのかんばらさんのパフォーマンスはとても堂々としていて、緊張していたなどとは微塵も感じられない力強いものでした。

総勢20名ほどのパフォーマーが、リオの地で東京2020大会をPRして、『See You in Tokyo』のメッセージとともに、プレゼンテーションは終わりました。

 

あれから2年。

東京大会を2年後に控え、かんばらさんは「パラリンピックに興味ある人がまだまだ少ないので、どうやったら興味もってもらえるかなというのが、今、模索しているところ」だと語ります。

そして「障害者のダンスを生で見たことがある人も少ないと思うので、見たことがない人の前で踊るというのを今一番優先している」といいます。

小学校や幼稚園などで、障害者や障害者のダンスを見たことがない子の前で踊ると、すごく盛り上がるんだそうです。

“最初はかわいそうって思っていたけど、ダンスを見て、かわいそうなんて気持ちが吹っ飛んでいって、楽しそうでした”

そんな感想をもらったりすると、(すごく夢があるな)とやりがいを感じるそうです。

もうすぐ1歳になる娘さんがいる、かんばらさん。

実は、まだ生でダンスを見てもらったことがないので、まずは見てもらう機会を作りたいと話し、「東京パラリンピックの開会式とか閉会式で、踊る姿を見てもらえたら…」と2020年に思いを寄せます。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい “Going Upな一言” を伺いました。

『チャレンジし続ける』

ダンスを始めて半年でリオパラリンピックのステージに立ったことは、自分にとってすごい“チャレンジ”だったと語る、かんばらさん。今も、表現について、舞台でチャレンジすることが多いので、自分で限界を決めずにどんどんチャレンジしていきたいと思う、とこの言葉に込めた思いを語りました。

システムエンジニアの仕事をしつつ、ダンサーとして活躍の場を広げるかんばらさん。

公演情報など、SNSやブログでぜひチェックしてみてください!

 

かんばらけんたさんのリクエスト曲:長く短い祭 / 椎名林檎

「リオパラリンピックの閉会式は、自分にとって、まさに“長く短い祭り”。この曲の歌詞には共感できるフレーズがたくさんあり、本番に向けてこの曲を聴いて気持ちを高めていました」と、この曲にまつわるエピソードを語ってくれました。

 

次回は、義足のプロアスリート・陸上の山本篤選手をゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに!

2018年10月2日
車いすダンサー・かんばらけんたさん (1)

今回のゲストは、車いすダンサーかんばらけんたさんです。

 

かんばらさんは、リオ2016パラリンピック閉会式で行われた、2020年東京大会のプレゼンテーションに、ダンサーとして出演されました。

車いすのダンサーは4人いらっしゃいましたが、『東京は夜の七時』の曲に乗って、横に倒した車いすの上でくるくると回るパフォーマンスをしていたのが、かんばらさんです。

近未来的でとても印象に残るステージでしたが、実は、当時、ダンスを始めてまだ半年くらいだったそうです。

 

「まさかダンスにハマるとは思ってもいなかった」という、かんばらさんの人生を変えたのは、ある“車いす”の存在でした。

タイヤの横には太鼓、後ろにはヨットの帆のような飾り。

動くとキラキラキラという音が鳴り、LEDが光る、パフォーマンス専用の白い車いす。

(かっこいい!乗りたい!)

この車いすに乗るパフォーマーを募集しているのを知り、「パフォーマンスをしたいというよりは、そのかっこいい車いすに乗りたい」という気持ちで、応募しました。

憧れの車いすに乗るチャンスを掴んだかんばらさんは、上半身の強さを活かしたパフォーマンスを披露。

すると、それを見た人々はみな驚き、とても良いリアクションが返ってきました。

かんばらさんは一気にダンスにのめり込んでいきます。

そして、ダンスを始めてわずか数か月で、リオへの切符を手に入れることになるのです。

 

実は、パフォーマンス専用車いすのプロデュースしていたのは、リオパラリンピック閉会式のキャスティングに携わっていた方でした。

「かんばらさん、この日ちょっと来てくれる?」と声をかけられて行ってみると、なんとそこは、オーディション会場。

「ここで踊ってみてください」

急にオーディションが始まり、有名な振付師の前で急遽踊ることに。

結果は・・・合格!

その場でOKをもらい、なんとダンサーとしてリオパラリンピック閉会式でのパフォーマンスに参加することになりました。

ただ、あまりに急な話で、合格と言われても「奥さんや会社に確認をするので、ちょっと待ってください…」と伝え、すぐに家族会議を開いたそうです。

話し合いの末、奥様が介助者という形で一緒にブラジルに来てもらうということで話がまとまりました。

とはいえ、治安の問題や、そもそもそんな大舞台に上がるダンサーが自分で大丈夫なのか・・・

不安が8割、楽しみ2割。不安の中での決定だったといいます。

 

それから3か月後の、2016年 9月18日(ブラジル現地時間)。

リオ2016パラリンピック閉会式。

かんばらさんの目の前には、これまで想像もできなかったような光景が広がっていました。

スタジアムには人、人、人。後ろの客席の人たちは、点にしか見えません。

その大舞台で繰り広げられた、東京大会PRのステージは大成功!

歓声で地面は揺れ、空気がビリビリ震え、まるで別世界にいるような感覚でした。

現実ではなかったのでは、と日本に帰ってきても、夢の中の出来事のように思えてなりませんでした。

 

今では、ダンス中心の生活。

システムエンジニアとして働きつつ、ダンサーとしても活動しており、忙しい毎日を送っています。

かんばらさんは、障がい者ダンスの魅力についてこう語ります。

「例えば、脚が動かないという制限がある中で踊るからこそ面白いものができたり、筋肉のつき方のバランスが違うのでふわっと逆立ちができたり、車いすを横に倒してぐるぐる回ったり・・・多分、みなさんが考えたことがないようなパフォーマンスが見られます。他にも、義足で踊っている方もいたり、考えられないような超人がいっぱいいて、そんな面白さがあります」

 

ぜひ、みなさんも、インターネットで検索して、リオパラリンピック閉会式でのかんばらさんのパフォーマンスをご覧になってみてください!

(車いすダンサーのパートで、横に倒した車いすの上でクルクル回っているのが、かんばらさんです!)

 

かんばらけんたさんのリクエスト曲:エソテリック/ トウ

初めてソロを踊った、思い出の一曲。歌手のAIさん主催のイベントで、会場はなんと日本武道館!今でもこの曲でよく踊っているそうです。

 

次回も、車いすダンサーのかんばらけんたさんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに!

2018年9月24日
パラパワーリフティング・マクドナルド山本恵理選手 (2)

パラパワーリフティングのマクドナルド山本恵理選手をお迎えしてお送りした2回目。

今回は、競技者としての山本選手に迫りました。

 

2016年からパラパワーリフティングを始めた山本選手は、競技を始めてわずか1か月で37kgを挙げ、その年の全日本選手権では女子55kg級の日本記録を更新…と、スタートから順調にきているように見えますが、実際は「全然、順風満帆ではないです」と話します。

競技を始めてから1年弱くらいは「何をしても挙がった」といい、1ヶ月で37kgを挙げた時は、まだ右も左もわからない時期だったと当時を振り返ります。

「今までの試合で一番気持ちよかった!」と語るのも、まだ背負うものがなく、勢いに乗っている1年目に出場した、2016年12月の全日本選手権。

(持ち上げる)バーがバーじゃないようで、“何でも挙げられるという感覚になった”そうです。

後にも先にも、そんな感覚は、その一度きり。

初めて“ゾーン”に入ったのを感じた試合でした。

感覚のみならず、そこに結果もついてきて、見事、優勝を果たしました。

 

しかし、そこからスランプに入ります。

50kg級に階級を落としたことも影響して、どんどんバーが挙がらなくなり、伸び悩んでしまいます。

考えすぎてしまい、試合に行ってもどこを目指して挙げたらいいのか、わからなくなることもあったといいます。

結果が出ないし、強くもならない。

(やっている意味があるのか・・・)

前進を感じられない自分に、そう問いただしたこともあったそうです。

バーと向き合い、悩む。

競技を始めて2年目だった昨年1年間は、そんな辛い日々が続きました。

 

世界との差。

そこにも大きな壁が立ちはだかっています。

山本選手の自己ベストは、53kg。

しかし、山本選手と同じ55kg級のトップ選手は130kgを挙げるそうです。世界3位の選手でも113kg。

最低でも100kgを挙げられないと、メダル争いにはくい込むことができません。

筋肉はすぐに育つものではないので、長い道のりの先を考えると、気が遠くなってしまうこともあるといいますが、バーベルと向き合い、バーを挙げたりするのは面白くて楽しいと、明るい笑顔で話します。

 

“メンタルスポーツ”だと言われていてるパラパワーリフティングは、メンタルひとつで、バーベルが挙がるか挙がらないかが決まるほどの競技。

毎日の練習でも、昨日挙げた50kgの重さと、今日挙げる50kgの重さは、メンタルひとつで重さの感じ方が変わるんだそうです。それに、何kgを挙げたい、挙げたい…と思えば思うほど、挙がらなくなるといいます。

メンタル面でコーチに言われるのは、『それが何キロだろうとkg数は関係ない。“バーがあったらそれを挙げるだけ”というのを学べ』ということ。

見た目とは逆に、とても繊細なスポーツです。

山本選手は、以前、パラ水泳日本代表のメンタルコーチを務めていましたが、自分のメンタルとなると別の話。

自分で自分のメンタルを見ることはできないので、メンタルトレーナーに会いに行って、話を聞いてもらい頭を整理してトレーニングしているそうです。

 

山本選手はアスリートであると同時に、日本財団パラリンピックサポートセンター(通称:パラサポ)の職員として働いています。

山本選手が担当しているのは、パラリンピック教育。

現在は、健常者と障害者とのコミュニケーションの方法を教える『あすチャレ!Academy』というセミナーで講師を務めたり、講師の育成も担当しています。

パラパワーリフティングは、練習をやり過ぎると、肩や肘、手首を壊したりするので、練習は週3回。

トレーニングの合間を縫って、全国各地の学校などをまわり、パラリンピック公認教材である『I’mPOSSIBLE 』の普及活動も行っています。

 

『パラリンピックを見てもらいたいというのが一番の目標』だと語る山本選手。

「あの人を応援したらこんな競技に繋がったし、パラリンピックのムーブメントに参加できたって思われる選手になりたい」と言い、「実際に見に来てもらえる、“マック”を見に来てもらえる、そんな選手になりたい」と抱負を述べました。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい “Going Upな一言” を伺いました。

『 i enjoy! 楽しむ人は強い』

パラサポのキーメッセージであるこのフレーズ。

初めて見た時から、その通りだなと思っていたけど、パワーリフター2年目で悩んで3年目になった今、選手として、この楽しむということが本当に重要で、苦しい時も楽しい時も両方含めて楽しむというのが深いと感じると、この言葉に寄せる思いを語りました。

 

マクドナルド山本恵理選手のリクエスト曲:Walk / Foo Fighters

今までもやもやしていた主人公が、一念発起してチャレンジしていこうという気持ちを表したこの曲。
山本選手がカナダにいる時、人とコミュニケーションがうまくできなくて英語ですごく悩んだり、ホッケーで自分のやりたいプレーができなかったなとか、あそこで私がミスをしたから負けたんじゃないかとか、そんな事を思うこともたくさんあったといいます。そんな時に「もう一度頑張ろう」「明日はまた新しく来るから」からと思いながら、聴いていたのがこの曲だったそうです。

 

次回は、車いすダンサーの、かんばらけんたさんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。