TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で、車いすバスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催しています!次回は6月30日(土)・7月1日(日)、山梨県甲府駅北口駅前広場で開催の「ててて!ラララまつり」内で実施します!お近くにお立ち寄りの方はぜひご参加下さい!

<日時>
2018年6月30日(土) 10:00~18:30
2018年7月1日(日) 10:00~17:30

<場所>
「ててて!ラララ祭り」内
甲府駅北口駅前広場(屋外)

<主催>
山梨放送/山梨日日新聞社
サイトはこちら
2018年6月19日
ウィルチェアーラグビー・三阪洋行さん (2)

ウィルチェアーラグビーの三阪洋行(みさか・ひろゆき)さんをお迎えしてお送りした第2回目。

今回は、三阪さんがプレーイングマネージャー(選手兼ヘッドコーチ)を務める、ウィルチェアーラグビーのクラブチーム『TOHOKU STORMERS(東北ストーマーズ)』について伺いました。

 

TOHOKU STORMERSが結成されたのは、昨年、2017年4月。

新チーム立ち上げの構想は2年前からあったといいます。

具体的に動き出したのは、リオ2016パラリンピック直後のこと。

日本代表として出場した、庄子健(しょうじ・たけし)選手と、リオからの帰りの飛行機で話したことが大きなきっかけになりました。

三阪さんと長い付き合いだという庄子選手は仙台在住。

当時、東北地方にチームがなく、庄子選手は関東のチームに所属して、1〜2ヶ月に1回、チーム練習に参加するという状況でした。

これだけ、東京2020パラリンピックに向けて、パラスポーツやウィルチェアーラグビーが盛り上がる中で、メダリストになっても充分な練習環境がないことに憤りを感じていた三阪さんは、東北地方でウィルチェアーラグビーができる環境を作るため、何かできないかと庄子さんに話を持ち掛けたのです。

その時の会話が大きな一歩となり、東北での新チーム発足に向けて、選手やスタッフ集め、クラブ運営等について試行錯誤の日々が始まりました。

 

チーム登録をするには、最低でも5人の選手が必要でしたが、東北在住でウィルチェアーラグビーができる選手は2〜3人しかいませんでした。

そこで、関東の選手にもサポートしてもらうことで、チームとして成り立たせ、練習場所については、東北からも関東からもお互い2〜3時間圏内で集まることができる福島県に拠点を置くことにしました。

チーム練習は、月に1〜2回の合宿形式。それ以外は、関東在住の選手たちは関東組で集まり、東北組は東北で、それぞれ少人数の練習をして、チーム練習で合わせようということになりました。

ひとつひとつ問題を解決していき、チーム発足に向けて準備を進めていた、ある日。

三阪さんにとって、そして、チームにとって、大きな出会いが訪れます。

当時、中学3年生だった、橋本勝也(はしもと・かつや)選手との出会いです。

東北のスタッフから、ウィルチェアーラグビーができるかもしれない青年がいるという情報を受け、三阪さんと庄子選手は、競技用車いすを持って橋本青年に会いに行きました。

それまでにほとんどスポーツをやったことがないということでしたが、競技用車いすに乗り、ウィルチェアーラグビーの魅力のひとつでもあるタックルをした瞬間、橋本青年の目が輝いたことを、三阪さんは今でもはっきり覚えているといいます。

そうして、橋本勝也選手もチームに加入し、ついに、2017年4月、東北に新たなウィルチェアーラグビーチーム『TOHOKU STORMERS』が誕生しました。

 

チームが立ち上がり、まず目標に掲げたのは、毎年12月に行われる日本選手権に出場することでした。

「ただ東北で楽しくウィルチェアーラグビーができればいいかといったら、そうではないと思うんです。選手たちが向上心を持ったり、大きな目標を持ってやるというのは、すごく大事だったので、それを大事にして1年間とりくんできました」

TOHOKU STORMERSの挑戦が始まりました。

しかし、チーム発足当時から主力の選手が病気を患い体調を壊してしまったこともあり、三阪さんが思い描いていたプラン通りには進んでいきませんでした。

日本選手権予選では、勝てるはずのチームに敗れ、本大会出場も危ぶまれました。

ただ、予選での敗戦を機にチームの結束が強くなっていくのを、三阪さんは感じていました。

改めてチーム一丸となって練習頻度をあげ、本大会出場への最後の望みをかけて、TOHOKU STORMERSは、プレーオフに臨みました。

プレーオフでは前評判を大きく裏切り、全勝!

チーム結成からわずか数ヶ月で、日本選手権出場を勝ち取りました。

このプレーオフを勝ち切れた要因について三阪さんはこう話します。

「僕たちの中に加わってくれた橋本勝也選手は、当時、中学生で、簡単に大会に帯同するのは難しかったんです。プレーオフも北海道で行われたので来られませんでした。ただ、日本選手権には行けますよと言われていたので、じゃあ”勝也のために勝とう!”というスローガンを掲げ、僕ら30代後半の選手が中心なんですが、久々に、誰かのために、目標を持って、負けられない戦いを緊張感を持って戦えたというのが、日本選手権出場を決めるいいきっかけになったと思います」

 

日本選手権初出場を果たしたTOHOKU STORMERSでしたが、結果は全敗。

最下位で大会を終えましたが、三阪さんは、日本選手権という舞台で、東北にチームができたという爪跡を残すことができ、プレーの面でもこの大会で得た収穫は大きいとして、チーム1年目としては上出来だと話しました。

中学3年生、15歳の橋本勝也選手も公式戦に初出場し、チームの一員として堂々とプレーしました。

 

春から高校生になった橋本選手は、なんと、日本代表強化指定選手に初招集され、4月に行われた日本代表合宿に参加ました。

ウィルチェアーラグビー日本代表アシスタントコーチでもある三阪さんは、橋本選手に大きな期待を寄せています。

「持ってるポテンシャルというか、可能性もそうですし、実際、TOHOKU STORMERSで1年間一緒にやってみると、学習能力も高く、競技をするセンス、同じ失敗を繰り返さない向上心も持ってます。次の練習で会う時には、もう前の失敗をしない。ちゃんと、前にミスしたことをふまえて、プレーしてるっていうのが目に見えてわかって、日に日に成長している姿が、僕らも新鮮でしたし、可能性の高さをより感じる機会にもなりました。タイミングさえ合えば、成長さえうまくいけば、東京2020パラリンピックの目玉になれる可能性を持った選手なんじゃないかなという思いも込めて、(日本代表の)ケヴィンヘッドコーチとコミュニケーションを取りながら、彼がそういう場所に行って挑戦できるチャンスを作ってあげたいと準備していって、今年度の4月に正式に強化指定選手合宿に挑戦してもらいました」

(橋本選手は、先日、ウィルチェアーラグビー日本代表としてカナダで開催された CANADA CUPに出場。日本代表、そして、国際大会デビューを果たしました!)

TOHOKU STORMERSのプレーイングマネージャーとして、日本代表アシスタントコーチとして、三阪さんの挑戦は続きます。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Up”な一言を伺いました.

『“できない” ではなく “どうすればできるか” を考える』

事故に遭い、車いす生活を余儀なくされた時、もう何もできないと思った。そのまま、できないと思っていたら、きっとベッドの上から起き上がることもなく、その先の人生が終わっていた。でも”できない”ではなく “どうすればできるか”と考えたことで、車いすを使っていろんな所に行けるようにもなったし、ウィルチェアーラグビーという、自分が大好きなラグビーがまたできた。”できない”と決めてしまうと、そこで全てが終わる。できないかもしれないけど、あと1回でも”どうすればできるか”を考えた先に、自分が目指す場所や、自分が越えたい壁を越えるヒントがあると思う。こう考えながら前に進んできたので、自分の中ではとても大事な言葉だと、この言葉に込めた思いを語りました。

 

三阪さんは、今年2月に、自身の生き方が誰かのヒントになれば、という思いを込めて、これまでの半生を綴った自伝を出版されました。

『壁を超えるー車いすのラガーマン パラリンピックへの挑戦―』(山川出版社)

ぜひ、お手にとって見てください!

 

三阪洋行さんのリクエスト曲:太陽になりたいよ /RYO the SKYWALKER

 

次回のゲストは、車いすバスケットボール男子日本代表キャプテン・豊島英選手です。
どうぞお楽しみに!

2018年6月15日
三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018 レポート vol.3

6月10日に行われた『三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018』決勝。

5000人を超えるの大観衆が見守る中、再びオーストラリアとの対戦となったこの一戦。

日本は「チームワークで勝ち切ろう」と心を一つにして決戦に臨みました。

 

前日の予選リーグの時とは違い、オーストラリアはスタートからエースを投入。

日本はブレない堅いディフェンスと攻守の切り替えの速さ、息の合った連携プレーで対応します。

第1Q(18-14)、第2Q(10-16) 前半を終えて、28対30とほぼ互角の戦い。

後半に入ると、徐々にオーストラリアに疲れが見られ、シュートミスも目立つようになります。

第3Q(23-18)を終えて、51対48と日本のリード。

ところが、第4Q、開始からオーストラリアの連続得点により、一時は51対56と、そのまま引き離されそうになります。

しかし、残り7分を切ったあたりから、日本は猛反撃。

オーストラリアに一点の追加点も許さず、逆転からさらに点差を広げ、最後はキャプテン・豊島選手がシュートを決め、65対56で勝利しました。

 

これで日本は、予選リーグを含め、4戦全勝での優勝となりました!!

戦いを終えて、会場には、たくさんの喜び、たくさんの笑顔が溢れました!

 

 

<及川晋平ヘッドコーチ 決勝後のインタビュー>

選手たちがそれぞれ100%の力を出して40分間戦い抜いてくれた、それに尽きます。2020年に向かって、強化指定選手24名全員で強くなっていこうと考えているので、今日、ベンチ全員で戦い抜いたことはこの先に繋がっていくと思います。まだまだだと思いますが、いいスタートを切ったことは間違いないですし、しっかりした自信にして次に進みたいと思います。このような大会で、こんな強豪相手に全勝して金メダルを獲るというのは、僕が知る限りでは歴史上初めてだと思います。ほんとにみなさんと作って来たから、チームも強くなったと思います。これからまた一緒に、2020年に向かって応援して頂けたらいいなと思います。本当にありがとうございました!

 

表彰式には、わが鈴木亮平さんもプレゼンターとして登場!会場から歓声があがりました。

 

車いすバスケットボール男子日本代表のみなさん、優勝、本当におめでとうございます!!!

 

歴史に残る決勝戦を会場で観戦した鈴木さん。6月16日(17日)の放送では、番組後半で大会レポートもありますので、どうぞお聞き逃しなく!

2018年6月15日
三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018 レポート vol.2

6月8日から10日まで、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された

『三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018』

昨年に続き2回目の開催となった今年は、昨年の優勝チーム・オーストラリア、車いすバスケ界のスーパースター パトリック・アンダーソン選手を擁するカナダ、8月に開催される世界選手権ホスト国のドイツという世界の強豪チームに日本代表が挑みました!

 

大会初日、初戦となったドイツ戦で日本は65対60と白星スタート。

大会2日目、昨年1点差で敗れたオーストラリアに、52対44と雪辱を果たすと、続く、カナダ戦も64対53で勝利。

予選リーグ3勝の日本は、決勝に進出しました。

 

チーム最長のプレータイムで攻守にわたり大活躍。日本を勝利へと導いた、キャプテンの豊島英(とよしま・あきら)選手。及川HCも「今大会のMVP」と絶賛した。

日本のエース・香西宏昭(こうざい・ひろあき)選手も健在。チーム最多得点を挙げた。

コートの中でも外でもチームを鼓舞した日本の大黒柱・藤本怜央(ふじもと・れお)選手

カナダ戦ではチーム最多得点をマーク。鮮やかな3ポイントシュートでチームの勝利に大きく貢献した若きエース・古澤拓也(ふるさわ・たくや)選手

全試合、攻守にわたりアグレッシブなプレーを見せた、鳥海連志(ちょうかい・れんし)選手

海外勢のハイポインターにもひるまない、堅いディフェンスで勝利に貢献した川原凛(かわはら・りん)選手

及川HCも「ゾーンに入っていた」と称するほど得点力が光った、村上直広(むらかみ・なおひろ)選手

スターティングメンバーに起用されるほどの急成長を遂げた若きローポインター・岩井孝義(いわい・たかよし)選手

 

<番外編>

今大会には、車いすバスケットボールのスーパースター、パトリック・アンダーソン選手も来日。光るプレーの連続に観客の目は釘付けになった。

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。