TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
RSK山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

2019年12月2日
車いすバスケットボール女子日本代表キャプテン・藤井郁美選手 (2)

今回も、車いすバスケットボール女子日本代表キャプテンの藤井郁美(ふじい・いくみ)選手をゲストにお迎えしてお送りしました。

 

女子日本代表といえば、8月末~9月初に東京で開催されたオーストラリアとの国際強化試合が記憶に新しいですが、最終日に会場で観戦した鈴木さんが特に印象に残っているのは、第4Q終盤での大逆転劇。

そこで、強いメンタルでチームを勝利に導いたのが、藤井郁美選手でした。

日本の1点ビハインドで迎えた場面。フリースローに臨むのは藤井選手。

(自分が決めるんだ。絶対、大丈夫!)

いつもは無心でボールを打つそうですが、その日はそんな考えが頭を巡り、珍しく手が震えたといいます。

「今のチームに必要なのは”勝つ”という経験。若い後輩たちを勝たせてあげたい」

その強い思いで、見事にフリースローを2本とも決めてみせ、日本が逆転。

しかしその後、オーストラリアに得点され逆転を許します。

残り4秒、日本ボール。

サイドラインからのボールを受け取ったのは藤井選手。

藤井選手が思い切り放ったボールはネットを揺らし日本が逆転!

キャプテン自らがプレーで引っ張り、59ー58で日本が勝ち切りました!

 

そのラストシーンには、女子日本代表・岩佐義明(いわさ・よしあき)HCとの信頼関係がありました。

試合後、岩佐HCは「藤井のシュート力、フィニッシュの精度はこれまでの信頼関係からわかっていたので、絶対に入れてくれると思いました。もし仮にそれで勝つことができなければ、もう一度反省して、もう一度練習すればいいと思っていました」と当時の心境を明かしました。

岩佐HCは長年にわたり藤井選手が所属するクラブチーム・宮城MAXの監督を務めていたこともあり、その師弟関係は10年以上に及びます。

藤井選手は岩佐HCについてこう語ります。

「仙台の父というか、もう一人のお父さんという感じなんです。12年前、仙台に何の伝手もなく来た時も、監督の家で過ごしたりご飯食べさせてもらったりと、公私ともに面倒をみてもらいました。(乳がんの手術をした後の)北京での世界選手権予選の前も、ずっと練習に付き合ってくれました。私の全てを分かっているというか、わかられているというか、岩佐監督も多分私のことを、しょうがない娘のように思ってくれていると思います」

 

現在、車いすバスケットボール日本代表は、11月29日にタイで開幕した「2019アジアオセアニアチャンピオンシップス」に出場しています。

この大会は、東京2020パラリンピックの予選会を兼ねた大会で、日本はすでに開催国枠としてパラリンピック出場が決まっていますが、チームにとって、とても重要な大会となります。

大会に向け出発する前、藤井選手に意気込みを伺いました。

「日本は開催国枠として東京パラリンピックの出場権は得ていますが、今回の予選会で必ず、中国とオーストラリアに勝って優勝するというのを目標に掲げています。中国は昨年の世界選手権・4位のチーム。中国を倒さないと東京でのメダル獲得というのは難しいので、しっかりと中国に勝ち切るという強い気持ちを持って臨みたいと思います」

 

そして、その先にある東京パラリンピックにも強い思いを抱いています。

「プレーヤーとして集大成になる大会だと思いますし、次の世代につなげるためにも、しっかりと結果を残して、戦い抜きたいと思っています」

 

最後に、上を目指して進もうとする方に伝えたい“Going Upな一言”を伺いました。

『自分の感覚に正直に生きる』

何か悩んだ時、困難にぶち当たった時、常に自分はどうしたいんだと問いかけるという藤井選手。それを考えた時の感覚に逆らわず正直に来て、それで後悔していることは一つもないといいます。「上を目指すならば、自分の感覚に正直に生きてもらえれば」そんな思いが込められた言葉です。

 

藤井郁美選手のリクエスト曲:くるみ / Mr.Children

仙台に行こうかどうしようかと悩んでいる時に聞いていたという曲。希望に満ち溢れている自分もいるし、すごく不安で怖い自分もいたりする。そんな当時の気持ちを代弁してくれているような曲だそうです。

 

次回は、車いすラグビーの今井友明選手をゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞ、お楽しみに!

2019年11月29日
車いすバスケットボール女子日本代表キャプテン・藤井郁美選手 (1)

今回のゲストは、車いすバスケットボール女子日本代表キャプテンの藤井郁美(ふじい・いくみ)選手です。

 

藤井選手は小学3年生でミニバスを始め、中学でもバスケットボールに励んでいましたが、中学3年生の時に右足にできた骨肉腫を取り除く手術を受け、膝が人工関節となりました。

それでも、バスケットボールが大好きで、高校に進学してからはバスケットボール部のマネージャーとして活動しました。

その頃、バスケ部の顧問の先生から、車いすバスケットボールという競技があるよという話を聞き見に行きました。

ただ、当時は、高校のバスケ部が強かったこともあり部活が忙しく、高校生活の方が楽しかったため、自分がやるものだとは全然思わず、見に行っただけで終わったそうです。

その後、本格的に車いすバスケットボールを始めたのは20歳の頃。

19歳の時に潰瘍性大腸炎を患い大腸を摘出するという困難を乗り越え、そこから、車いすバスケットボールプレーヤーとしてのキャリアを築いていきました。

 

2006年に日本代表として世界選手権に出場した藤井選手は、その翌年、2007年に地元・横浜から仙台に拠点を移すことを決意します。

環境を変え、当時、日本代表HCを務めていた岩佐義明監督が率いる、日本トップの車いすバスケットボール・クラブチーム「宮城MAX」でより高みを目指すことを決めたのです。

すでに女子日本代表として活躍していた藤井選手は、ある程度できる自信を持って、練習に臨みました。

ところが、男子日本代表の選手も数多く所属する宮城MAXの練習は想像以上にハードで、1回の練習全部をこなすことができなかったといいます。

フィジカル面だけではなく、パスが取れなかったり、すべてにおいてついていくことができなかったそうです。

途中で一回抜けては練習を見て、復活したらまた入るといった感じで、少しずつその差を埋めていきました。

 

車いすバスケットボールの日本選手権(現在の天皇杯)は、男子クラブチームの日本一決定戦で、以前は男子選手のみが出場できる大会でした。

藤井選手は長らく宮城MAXのチームメイトとして一緒に練習しながら、大会には出られないという状況にいました。

2017年から女子選手もメンバー登録ができるようになり、ついに本領発揮と言わんばかりにこれまで鍛え上げてきた実力を見せつけます。

そうして、今年の大会まで3年連続で大会オールスター5に選ばれました。

ドイツをはじめとするヨーロッパのリーグでは何十年も前から女子選手も同じように試合に出場していたため、日本選手権に女子選手が出場できるというニュースを聞いた時は「(仙台に来て)10年かかった…」と思ったそうです。

「やっとこの時が来たなという感じで嬉しかったですし、後に続く若い女子選手にも何か一つ残せたと思い嬉しかったですね」

 

2017年、世界選手権の予選を控えるなか、藤井選手に乳がんが見つかります。

バスケットボールを続けられるよう筋肉を傷つけないように手術を行なったそうですが、驚くべきことに、手術した数日後にはコートに戻り、予選会では誰よりもアグレッシブにコートを駆け抜けゴールを狙う姿がありました。

当時の心境をこう振り返ります。

「自分がキャプテンだったというのももちろんありますが、そこに至るまでにみんなでいろんなことを乗り越えて来たので、やっぱりその仲間たちと戦いたいというのが一番強かったと思います」

そして、そんな辛い時、藤井選手を支えていたのは家族の存在でした。

「家族がいなかったら、今の自分はないと思いますし、ここまで頑張れてないと思います。ありきたりな言葉かもしれないですけど、原動力となっているのが家族ですし、なくてはならない宝物のような存在です」

 

車いすバスケットボールプレーヤーとして、「常に心技体がバランスとれている選手でありたい」という藤井選手。

11月29日にタイで開幕する「2019アジアオセアニアチャンピオンシップス」では、キャプテンとしてチームを勝利に導きます。

大会の優勝を目指す、車いすバスケットボール日本代表選手たちに日本から熱いエールを送りましょう!

 

藤井郁美選手のリクエスト曲:Another Starting Line / Hi-STANDARD

2019年11月22日
車いすバスケットボール・網本麻里選手 (2)

今回も、車いすバスケットボールの網本麻里(あみもと・まり)選手をゲストにお迎えしてお送りしました。

 

今週は、車いすバスケットボール女子日本代表について伺いました。

女子日本代表は、網本選手が出場した2008年北京パラリンピックで4位、2000年のシドニー大会では銅メダルを獲得しました。

その後、2012年のロンドン大会、2016年のリオ大会では出場を逃していますが、その要因の一つが中国の台頭でした。

2008年の北京大会、日本は初戦で中国と対戦し勝利します。

しかし、それから2年後、2010年頃から、最初は一桁差で負け始め、みるみるうちにレベルを上げ強豪になっていった中国に勝てない時代が続きます。

 

“世界との距離”について、網本選手は「遠くもなく近くもない」といいます。

国際大会に出場すると、いい試合はするけれど勝てない…という試合が多く、数年前に比べると日本のレベルはすごく上がっているものの、同時に世界各国のレベルも上がっているため、その差を埋めるためには自分たちがさらに上がっていかなければいけないと話します。

 

今年2月に行われた「2019国際親善 女子車いすバスケットボール大阪大会」(通称:大阪カップ)。

昨年の世界選手権で優勝したオランダや準優勝のイギリスを追い込むようなシーンも数多く見られ、「自分たちがやってきたバスケットがはっきり出せた」という手応えを感じる大会となりました。

そして、8月29日~9月1日に東京で開催されたオーストラリアとの国際強化試合では、3試合を行い2勝1敗。

逆転に次ぐ逆転の接戦となった最終戦で、勝ち切ることができ「自信」になったといいます。

しかもそれが、東京2020パラリンピック本番と同じ会場で行われた試合とあって、その意味もとても大きいと言えます。

 

女子日本代表の東京2020大会での目標は「銅メダル」。

“メダル”でも”金メダル”でもなく「銅メダル」にした理由を伺いました。

「自分たちの現実を見て、この目標にしました。金メダルだと地に足つかない感じで高すぎる目標ですし、これまで世界で戦ってきて『金メダルを目指します』というのは簡単なことではないと思いました。でも、メダルは獲りたい。そう考えた時に、2大会、パラリンピックに出ていなくて、東京は3大会ぶりの出場。それに、前回(昨年)の世界選手権にも出ていないことを考えると、自分たちが目指せる中での限界というのが、銅メダルなのではないかという結論に至りました」

 

その銅メダル獲得に向けて重要な大会が、11月29日からタイで開催される「2019アジアオセアニアチャンピオンシップス」です。

オーストラリア、そして最大のライバルである中国との対戦が控えています。

網本選手は、「この大会でアジアオセアニアのチャンピオンになって、東京2020パラリンピックを迎えるということが一番の目標」だと意気込みを語ります。

昨年の世界選手権では4位となった中国を敗ることで、パラリンピックでの銅メダル獲得も見えてきます。

この大事な大会に臨む車いすバスケットボール女子日本代表に、大きなエールを送りましょう!

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Upな一言”を伺いました。

『越えられない壁はない!!』

自分の人生は自分でしか進めない。楽しくすることも辛く悲しくすることも、自分次第。日々、過ごしていく中では、辛いこと、大変なこと、しんどいこと、嫌と思うような泣きたいこともあるけど、それを越えられるのは自分だけ。越えた先には明るいことが待っている!そんな思いが込められています。

 

網本麻里選手のリクエスト曲:宿命 / Official 髭男dism

「ラジオ好き」だという網本選手。最近よく聴くのがこの曲。自分がやっていることと、一生懸命やっている人たちがリンクして、この曲を聴くと泣きそうになるそうです。

 

次回は、車いすバスケットボール女子日本代表キャプテンの藤井郁美選手をお迎えしてお送りします。
どうぞ、お楽しみに!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。