TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

2017年1月23日
車椅子バスケットボール・鈴木百萌子選手 (1)

今回のゲストは、“モモ”という愛称で呼ばれている、車椅子バスケットボールの鈴木百萌子選手です。

2月9日から11日まで開催される『2017国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会』に、日本代表として出場予定ですが、鈴木選手が初めて強化指定選手として日本代表に招集されたのは、2015年11月。

今年でバスケットボールを始めてまだ3年ということで、初めて招集された時には正直(早すぎる…)と思ったそうです。

鈴木選手は、自動車事故が原因で、23歳の時に右足を切断。

入院していたリハビリ病院の体育館で車椅子バスケに出会い、25歳で競技を始めました。

以前は、雑誌の読者モデルをしていたこともあり、こっそり見せてくれた昔の写真には、黒い肌にビキニ、サングラスをかけて海辺のデッキチェアに座っている鈴木選手が。

これには、鈴木亮平さんもびっくりしていましたよ!

さて、車椅子バスケを始めたばかりの鈴木選手はというと、練習をサボって遊びにいくこともしばしばあったそうです。

しかし、気付けば、バスケットボールが1番に。

そこには、負けず嫌いの性格と、交通事故のあと落ち込んでいたご自身をポジティブに励まし続けてくれた親友やご家族に何かお返ししたい、という感謝の気持ちがあったといいます。教えてもらったことはノートに書き留めて、コツコツと努力を重ね、現在では日本代表入りするまでに成長しました。

車椅子バスケの魅力は『日常用の車いすではでないスピードが出る』ことと『ゴムの焦げた匂い』という鈴木選手。

2014年には『Colors〜片脚を失った元読者モデルが一念発起してパラリンピックを目指す彩りある人生の話〜』という自叙伝を大洋出版から出していますので、ぜひそちらもお手に取ってみてはいかがでしょうか?

2017年1月20日
アスリートを技術で支えるーオーエックスエンジニアリング

パラアスリートを技術でサポートする、日本を代表する車いすメーカー「オーエックスエンジニアリング」。

こちらで製作されている車いすの9割は日常生活用、そして残りの1割が、テニス、バスケットボール、陸上競技用等の競技用車いすです。

日常用の車いすでは、使い勝手のよさに加え、かっこよさにもこだわり、本体のフレームは100色から選ぶことができます。中には、1時間もどの色にするか迷われるお客さんもいるそうですよ。

カラフルなお気に入りの車いすに乗れば、どんどん外におでかけしたくなりますよね。

そして、競技用では、世界で活躍するテニスの国枝慎吾選手や、先日Going Upにもいらっしゃった上地結衣選手をはじめ、多くのアスリートの車いすを手掛けています。

日本のアスリートだけではなく、海外アスリートの車いす製作も行っており、オーエックスエンジニアリングの車いすを使った選手が、これまでパラリンピックで獲得したメダル数は、アトランタからリオデジャネイロまで、夏と冬を合わせた計8大会で、なんと122個に及んでいます!

「選手の要望を細かいところまで聞いてくれるんですよ」という上地結衣選手の言葉からもわかるように、競技用車いすを作る上で大切にしていることは『対話の時間をしっかりとること』。

試合会場にもオーエックスエンジニアリングのスタッフがメカニックとして待機していますが、会場にいるスタッフは、実際に選手の車いすを作っている技術者でもあるので、選手ごとの車いすの構造を熟知していて、助言もできるのが一番の強みなんだそうです。

また、選手として競技をしている社員の方もいるので、選手の立場から技術の改善ポイント等について製作現場に意見することで、よりニーズに合った開発ができるということです。

 

パラリンピックにもメカニックとして参加されているということで、ちょっと意地悪な質問をしてみました…

「もし、パラリンピックでオーエックスエンジニアリングの車いすを使っている他の国の選手が困っていたら、サポートしますか?」

石井勝之社長の答えは、迷わず『NO』でした。

「あくまでも“日本”のメカニックとして行っているので、サポートするのは日本選手だけです」

たとえ他のメーカーの車いすを使っていても、日本選手のために、できる限りのことをして尽くすし、他の国の選手やメカニックもプライドがあるので、頼ってくることはないそうです。

 

オーエックスエンジニアリングの車いすは、4年ごとにフルモデルチェンジしますが、リオデジャネイロパラリンピック前から、すでに東京パラリンピックに向けての車いすの改良や試作は始まっているそうです。

そして今、競技人口のすそ野を広げ、子供たちにスポーツを楽しんでもらいたい!という思いから、子供用のスポーツ車椅子にも力を入れています。

WeeGo(ウィーゴー)というモデルは「誰でもスポーツが楽しめる車いす」をコンセプトに作られたもので、車いすテニスの国枝慎吾選手が監修を務め、国枝選手と同じ製作者が作っているんです。

素材はトップアスリートと同じ仕様、色も7色から選べて、値段は大人用の約半分。

ちなみにWeeGoというネーミングは石井社長が考案したもので、『Here we go』という言葉をもじってつけたそうですよ。

 

『どの会社よりも新しいものを早く出し続ける、新しいものに対して挑戦していかないといいものができていかない』と語る石井勝之社長。

アスリートとともに挑みつづけるこのスピリットと地道な努力が、日本を強くするのですね!!

2017年1月16日
車椅子バスケットボール・北田千尋選手 (2)

車椅子バスケットボール・北田千尋選手をゲストに迎えてお送りした2回目。

車椅子バスケットを始めたきっかけについて伺いました。

教員免許を取得しようと、大学に通っていた北田選手。

大学3年生の時、インターンシップで行ったのが、障がい者スポーツセンターでした。

そのセンターで臨時職員として働いていたのが、車椅子バスケットボールの初代日本代表だった方で、そこでバスケ競技用の車椅子に乗せてもらったのがきっかけで、その方が所属する北九州のチームで、車椅子バスケを始めることになったそうです。

チームの先輩方はとても面倒見がよく、北田選手の送り迎えをやってくれたり、遠征にも連れていってくれたり…チームを離れた今でも、よく連絡を取り合っているということで、本当に人との出会いが人生を変えるんですね。

 

大学3年生で車椅子バスケに出会った北田選手は、今や日本代表としても活躍しています。

来月、2月9日から11日まで開催される「2017国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会」通称“大阪カップ”でも、日本代表として出場する予定です。

日本、オーストラリア、イギリス、オランダが総当たりで熱戦を繰り広げるこの大会。

北田選手の言葉を借りると、女子日本代表にとって『親善試合』とはいえ大事な試合となります。

2017年に行われる世界選手権のゾーン予選を控えての大会で、リオデジャネイロパラリンピック後に各国どの選手が代表に残っているのか、どういう強化をしているのか、現時点での世界のレベルを知る上でも、そして日本のレベルを確かめる上で重要な大会となります。

「得点をとりにいく選手に目が行きがちだけど、その裏で障害の重い選手たちが良い仕事をしているからこそ、その選手たちが目立つ。そこに注目してほしい」と語る、北田選手。

本気でぶつかりあう日本代表を、ぜひ会場で応援しましょう!

 

そんな北田千尋選手の、上を目指して進もうとする人々に伝えたい “Going Upな一言”は・・・

『奇跡を待つより捨て身の努力』

待っていても環境は変わらないし進まない、まず一歩踏み出すことが大事だと語る北田選手。

思いついたことは、すぐやるタイプだということですが、やってしまえばどうにかなるものなので、思った事ややりたい事をやってみよう!という思いが込められています。

 

勇気を持って、まず一歩。

上を目指して、Going Upしていきましょう!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。