TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

2016年12月4日
車椅子バスケットボール 小田島理恵選手・長野志穂コーチ (2)

女子車椅子バスケットボール日本代表候補 強化指定選手の小田島理恵選手と、日本代表アシスタントコーチの長野志穂さんをゲストにお迎えしてお送りした、第2回目。

東京の女子車椅子バスケットボールチーム・Graceでも一緒のおふたりに、それぞれの印象を聞いてみました。

長野コーチから見た小田島選手は・・・「素直」。

ただ、素直が故に何でもコーチに聞いてしまい、怒られることもあるそうです…

小田島選手から見た長野コーチは・・・「熱い」「メリハリがある」

練習の時は厳しいが、ふだんは優しいそうです。

grace%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81

小田島選手がGraceでバスケを始めたのが4年前。

障害者スポーツセンターで開催された体験会で車椅子バスケに出会い、一気にその魅力に惹かれたんだそうです。

初めて乗ったバスケ用の車椅子は、クルクルと回ったりして、操作するのが楽しい!車椅子自体が新しいおもちゃみたいに思えたそうです。

その体験会での講師がGraceのメンバーだったということで、Graceに所属した小田島選手。

これまでのバスケ歴4年の中で、一番苦しかったことは、車椅子を自由に操るチェアスキルを身につけること。止まったり、プッシュ(漕ぎはじめ)やターンなど、何度も何度も練習を重ねています。

今では、坂を見ると「トレーニングだ!」とダッシュの練習をしたくなるんだそうですよ。

grace%e5%b0%8f%e7%94%b0%e5%b3%b6%e9%81%b8%e6%89%8b

このチェアスキルは、車椅子バスケならではの技術。

ぜひみなさんも車椅子バスケの試合に行って、選手たちのチェアスキルに注目してみてくださいね!

 

最後に、そんなおふたりの、上を目指して進もうとする人々に伝えたい “Going Upな一言”は…

長野コーチ 『結局、人なんだよな』

どんなに取り繕っても、結局のところ人となりが大事なんだ。

小田島選手 『生きていれば、なんとかなる』

生きていれば、夢が持てる時が来る!(小田島選手にとって、それが今!)

 

一日一日、上を目指して努力を重ねるおふたりを、全力で応援します!!

2016年11月28日
車椅子バスケットボール 小田島理恵選手・長野志穂コーチ (1)

securedownload

ゲストは女子車椅子バスケットボール日本代表候補・強化指定選手の小田島理恵選手と日本代表アシスタントコーチの長野志穂さん。

ふたりは東京の女子車椅子バスケチーム Graceでも選手とヘッドコーチという間柄です。

長野コーチは選手から“ジャックさん”と呼ばれていて、名刺にもお名前の横に(ジャック)という文字が(笑)

あだ名をつけるのは(女子)バスケの伝統なんだそうで、長野コーチがバスケを始めた学生時代に先輩からつけられたんだそうです。

なぜ、ジャックかというと・・・

長野コーチのお名前「志穂」から、女優の「志穂美悦子さん」を連想

→ 志穂美悦子さんが当時所属していたのが、ジャパンアクションクラブ 通称「ジャック」ということで、“ジャック”に決まったんだそうです。

ただ、20代の若い選手はピンと来ないそうです・・・ が、選手たちはみんな「ジャックさん」「ジャックさん」と親しみをこめて呼んでいましたよ。

ちなみに、小田島選手のあだ名は「おだじ」。

選手たちのあだ名をチェックするのも楽しそうですね。

 

さて、小田島選手も長野コーチも口を揃えて言っていたのが、練習環境の問題。

体育館を借りるにも、タイヤ痕がついたり、ぶつかったりすると危ないから 等という理由で断られることが多いという現状を抱えています。

そして、それぞれ仕事をしていたり、住んでいる場所が遠かったりして、チームで集まって練習できる日が非常に少ないということもおっしゃっていました。

少しでも、環境が改善されるように考えていければと思います。

 

番組に届いた、リスナーの方からの「今までバスケット経験がなくても、車椅子バスケを始められますか?」というメールも紹介しましたが、小田島選手も4年前に車椅子バスケを始めるまで、バスケ経験はなく、吹奏楽や高校時代に少林寺拳法(全国大会にも出場したことがあるそうです!)をしていたそうです。

そして、小田島選手と長野コーチ所属のチームGraceでも70%以上が車椅子バスケ初心者だったということで、少しでも興味がある方、経験の有無は関係ありません!どんどんチャレンジしてみてくださいね!!

 

来週も引き続き、小田島選手と長野コーチにお話を伺います。

お楽しみに!

2016年11月21日
ブラインドサッカー日本代表・落合啓士選手 (2)

先週に引き続き、ゲストに、ブラインドサッカー日本代表の落合啓士選手を迎えてお送りしました。

“ブラサカの魅力”は、老若男女・障害の有無に関係なく、どんな方でも楽しむことができるユニバーサルスポーツだと語る、落合選手。

日本代表の練習では、自分がどれくらい走ると(実際に)どれだけ動いているのか、イメージと現実を一致させる、空間認知能力を鍛えるトレーニングに力を入れているそうです。

海外でも数多く試合をしてきた落合選手が一番印象に残っているゴールは、ブラジルで行われた試合でスペインから奪ったゴール!落合選手が決めたその1点で、日本が勝利。しかも、それが落合選手の誕生日!!ということで、バースデーゴールで勝利した喜びは、一際大きかったそうです!

 

そんな落合選手が、上を目指して進もうとする人々に伝えたい “Going Upな一言”は・・・

『挫折をポジティブに変換する!』

まさにこの言葉通り、ブラサカを語る落合選手は本当に楽しそうでした。

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。