TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で、車椅子バスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催しています!次回は4月29日(日)・30日(月祝)の2日間、日比谷公園で開催される「ラジオパーク in 日比谷2018」内で実施します。参加無料です。みなさんのご来場をお待ちしています!

日時:2018年4月29日(日) 9:00~17:00/30日(月祝) 8:00~17:00

「ラジオパーク in 日比谷2018」内

場所:日比谷公園
サイトはこちら
2018年4月23日
パラトライアスロン・宇田秀生選手 (2)

パラトライアスロンの宇田秀生(うだ・ひでき)選手を迎えてお送りした第2回目。

2人の息子さんのお父さんでもある宇田選手ですが、家では「全力で子供と遊ぶ」パパ。

最近の日課は、寝る前に本気で相撲をとることで、塩を撒く土俵入りから始めるという徹底ぶりだということです。

 

さて、今から5年前。

宇田選手は事故により右腕を失いました。リハビリでプールに通っている頃、トライアスロンがリオ2016大会からパラリンピックの正式競技になることを知ります。

「パラリンピックに出たい!」

これまでサッカーで走っていて、今は水泳に取り組んでいる、あとは自転車をやれば、もしかしたらいけるんじゃないか・・・

そんな思いから、トライアスロンを始めることになりました。

 

ふだんは会社員として仕事をしながら、出社前、早い時は朝4時半に起きてトレーニングをして、仕事後はジムに行く毎日。

日本トライアスロン連合の強化指定選手に選ばれてからは、合宿に参加して競技に必要なテクニックを習得しながら、出場大会で着実に記録を残していきました。

そして、昨年、ITU世界パラトライアスロンシリーズ・エドモントン大会で2位(PTS4 クラス)になったことにより、国際トライアスロン連合(ITU)のパラトライアスロン・ポイントランキング世界一となりました。(現在は、世界ランキング3位)

レースの結果で付与されるポイントによる、このランキング。

「実力でいうと世界1位でも3位でもない。もっと強くて自分より早い選手が海外にいるので、しっかり、実力でランキング通りの上位に入れるようにしたい」と、冷静に語ります。

 

これまで出場したレースで印象深かった大会は、昨年、横浜で開催された『ITU世界パラトライアスロンシリーズ』だといいます。

気候や海の波など、コンディションがよくない中で行われたこの日のレース。

気合い充分で臨んだものの、高い波で荒れる海では自身の泳ぎが全く通用せず、スイムの弱さを痛感した大会となりました。

6位という結果に終わり悔しいレースにはなりましたが、課題がみえて、海外選手の技術から学ぶことや発見することがいろいろとあったと振り返りました。

 

パラトライアスロンをやっててよかったと思うことは、

「ゴールした時の達成感。そして、いろんな所に行って、いろんな国の選手と出会えること」

“東京2020パラリンピック出場!”という目標に向かって、宇田選手は全力で泳ぎ、漕いで、走り続けます。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Up”な一言を伺いました。

『やる時はやる!!』

オンとオフをしっかり切り替えて、子供と遊ぶときは遊ぶ、競技をやるときは真剣にやる!という決意が込められた言葉です。

 

5月12日(土)と13日(日)には、横浜の山下公園周辺で『2018 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会』、そして、6月17日(日)には宇田選手の地元・滋賀県で『第4回びわ湖トライアスロンin近江八幡』が開催されます。

観戦を楽しむポイントは「スタート前の緊張感」、そして「ゴールした後の選手たちのやりきった表情」!

そう教えてくれた宇田選手も出場予定のこのレース。

ぜひ足を運んで、パラトライアスロンの魅力を満喫しましょう!

 

宇田秀生選手のリクエスト曲:Life is Beautiful / 平井大

(リラックスしたい時によく聴く曲)

 

次回のゲストは、車いすバスケットボールの植木隆人選手・山口健二選手です。どうぞお楽しみに!

2018年4月18日
パラトライアスロン・宇田秀生選手 (1)

今回のゲストは、パラトライアスロンの宇田秀生(うだ・ひでき)選手です。

トライアスロンは、スイム(水泳)バイク(自転車)ラン(長距離走)の3種目を連続して行う、まさに超人レース。

パラトライアスロンでは、スイム750m、バイク20km、ラン5kmの合計25.75kmと、一般のトライアスロンの半分の距離で行われ、その合計タイムで順位を競います。

 

リオ2016大会から、パラリンピック正式競技となったパラトライアスロン。

パラスポーツ特有のルールとして障害に応じた「クラス分け」がありますが、パラトライアスロンでは、現在、大きく「シッティング(座位)」 「スタンディング(立位)」「ブラインド
(視覚障がい)」の3つのカテゴリーに分けられています。

(※東京2020大会での、クラス分けや種目数は現在のところ未定です)

シッティング(座位・PTWC)のクラスは、 両足に障害を持つ車いすの選手たちのクラスで、バイクではハンドバイク(ハンドサイクル)、ランでは競技用車いす(レーサー)を使用します。

視覚障害(PTVI)のクラスでは、ガイド(同性の伴走者)がレース全体を通して1人つき、バイクでは、2人乗りのタンデムバイクを使用します。

スタンディング(立位)のクラスは、障害の度合いにより(障害が軽い順に)PTS5、PTS4、PTS3、PTS2の4つのクラスに分かれています。

陸上競技のように障害の内容(上肢障害や下肢障害等)によるものではなく、“機能評価”によって分けられるため、例えば、上肢障害の選手であっても下肢障害の選手であっても、障害の程度が同じくらいであれば、同じクラスということになります。

 

宇田選手のクラスは、PTS4というスタンディング(立位)のクラスで、バイクでは健常者の選手と同じロードバイクを使用します。

事故により右腕を切断した宇田選手専用に、自転車は、1つのレバーで前後同時にブレーキがかかるように改造されています。(ロードバイクの改造は許可されています)

スイム、バイク、ランの中で、宇田選手が最も得意なのはラン。

小学生の頃から大学まで、ずっとサッカーをしていたというのが、現在の強みになっています。

反対に、苦手なのはスイム。怪我をした後に始めたため、どうしても幼い頃からやっていた選手とは差がでてしまうそうです。

 

パラトライアスロンでは、スイムからバイク、バイクからランに移り変わる「トランジション」にかかった時間も合計 タイムに含まれます。

そのため、いかに早く着替えて次の種目に移れるか、選手たちはそれぞれに工夫します。

宇田選手が今回、こっそり(?)教えてくれたのは、スイムからバイクへのトランジションをより早く行うため、ウェットスーツを着る前に“リンスを全身に塗る”ということ。

ベトベトせず、サラッとしているので、ウェットスーツがスポッときれいに脱げて、しかも、全身 “いい香り” で次の自転車に移れるという素敵なおまけ付きです。

この“工夫”は、ブラジルの選手に教えてもらったもので、宇田選手はこれを、日本のパラトライアスロン選手たちにも教えてあげたそうです。

レースでは、それぞれの選手たちの“工夫”にも注目ですね!

 

『超人レース』とも呼ばれるトライアスロンは、

「正直、つらいです…」

ただ、「辛ければ辛いほど、ゴールした時の達成感は大きい!」

と、パラトライアスロンの魅力を教えてくれました。

 

宇田秀生選手のリクエスト曲:Yes I am / ONE OK ROCK

気持ちが“あがる”曲。ジムでトレーニングする時にずっと聞いているそうです。

 

次回もパラトライアスロンの宇田秀生選手にお話を伺います。どうぞお楽しみに!

2018年4月10日
パラカヌー・瀬立モニカ選手 (2)

前回に続いて、ゲストはパラカヌーの瀬立モニカ(せりゅう・もにか)選手です。

趣味は「ご飯を食べに行くこと」ということで、好きな食べ物は?の質問に『焼肉』と即答する瀬立選手(笑)

カステラや栗蒸しようかんといった和菓子も大好きなんだそうですよ。

 

さて、今回は、これまでに瀬立選手が出場した大会について伺いました。

今までたくさんのレースに出場しましたが、毎回「あぁ、ダメだったな」というレースばかりで、一度も手応えを感じた”嬉しい”レースはなかったといいます。

その中で、一番悔しい思いをしたのは、リオ2016パラリンピック出場をかけた最終選考会。

その試合に勝たなければリオには行けないという大事な試合で、前日は、自分の心臓の音がふとんの鼓動で伝わってくるほど緊張して、寝たくても寝られないということを初めて経験しました。

上位4選手にリオへの出場権が与えられたこのレースで、瀬立選手は5位。

パラリンピックへの道は閉ざされました。

 

ところが、日本に帰って来た瀬立選手のもとにコーチから一本の電話が入ります。

「リオ、決まったよ」

聞くと、最終選考会に出場した上位の選手が失格になり、5位の瀬立選手が繰り上がりになったというのです。

(まさか…)

そうして、リオ大会から正式競技となったカヌーに日本からただ一人、出場することが決まりました。

 

リオでのレースを振り返ると「悔しかったというより、恥ずかしかった」と語る瀬立選手。

「ラッキーな感じで出場権を獲得して、ラッキーな感じで(パラリンピックで)入賞してしまった」

10名の選手がパラリンピックに出場する中で、ロシアのドーピング問題により同じクラスの選手が出場できなくなり、10位(最下位)だったのが、ひとつ順位が上がって9位に。そして、ウクライナの選手が肩を壊して出られなくなり、さらに繰り上がって8位になりました。

後ろの選手とは差があったので、8位は獲って当たり前という状況での8位。

7位の選手とはものすごい差が開いていただけに、一番の大舞台であるパラリンピックで、一番恥ずかしい思いをしたと当時を振り返ります。

レースの時は、パラリンピックに出られたという“嬉しさ”が半分あったといいますが、時間が経つにつれ、”恥ずかしい”、”悔しい”という思いが全てになりました。

今でも、『パラリンピック8位入賞』と言われる度に「心がキュってなる」と心の内を明かしてくれました。

 

そんな思いをした初のパラリンピックでしたが、当時18歳で経験したその舞台は、

「いや、もう最高でしたね。私が一番パラリンピックを楽しんだんじゃないかってくらい楽しんでました」

ふだん出場しているカヌーの大会とは違い、いろいろな競技の選手が一緒に選手村の中にいるのが異様な光景で新鮮に映ったのです。

それに、障害を持っている方達がいっせいに集まって、腕がないのが当たり前、目が見えないのが当たり前、車いすなのが当たり前、という環境に2週間身を置く中で「”当たり前”って何なんだ?」と自分の中で考え方が変わり、そのことが「一番大きな経験だった」と話します。

 

リオ2016パラリンピックに出場して、改めて、オリンピック・パラリンピックが開催されるということは、ものすごいことなんだと感じたという瀬立選手。

オリンピック・パラリンピックをきっかけに社会が変わっていく。

そのレガシーは大会が終わった後も続いていくということを、ブラジルのカヌーの選手を通じて、現地に実際に行って感じ、それが、地元・日本で開催されると思うだけで「すごい!」と感じていると目を輝かせます。

「だけど、私たちみたいにオリンピック・パラリンピックの現地に行ってない人は、その感動というのが想像しきれない。私もロンドン大会についてはわからないし他人事のように見ていた。(リオ大会を経験することで)国民一丸となって、オリンピック・パラリンピック開催に向かって進んでいくというのはものすごい事なので、その魅力を伝えていきたい」

 

2020年東京大会は、生まれ育った地元・江東区での開催。

「2度目の出場となるので、出るだけでは済まされない。出場して確実にメダルを獲れるように頑張っていきたい」と熱い想いを寄せました。

 

最後に、瀬立モニカ選手が上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Up”な一言を伺いました。

『常に前向き』

コーチがすごく前向きな方で、常に前向き!と指導されているそうで「下に思えば思うほどどんどん落ち込んでしまうけど、前向きに目線が開けるといい事しか見えてこない」と、この言葉に込めた意味を語る瀬立選手。

まさに、東京2020大会に向け突き進む、瀬立選手を象徴する言葉ですね。

 

瀬立モニカ選手のリクエスト曲: Cheerleader (Felix Jaehn Remix) / OMI

 

次回のゲストは、パラトライアスロンの宇田秀生(うだ・ひでき)選手です。お楽しみに!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。