TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国のラジオ局とタイアップして、車椅子バスケットボールの体験イベントを開催します!ぜひご参加ください!

次回は九州朝日放送「第21回 KBC水と緑のキャンペーン」での開催です!

日時:2017年8月5日(土) 10:00~17:30

場所:JR博多シティ
サイトはこちら
2017年7月23日
車いすバスケットボール・古川諒選手 (1)

今回のゲストは、車いすバスケットボール・埼玉ライオンズ所属の古川諒選手です。

現在、大学4年生で、大学ではビジネスの勉強をしているという古川選手は茨城県在住。

週3回ある埼玉ライオンズのチーム練習に参加するため、毎回茨城から埼玉まで通っています。

埼玉ライオンズは、攻守の切り替えが早い「トランジションバスケ」をチームコンセプトとしているため、スピードと強度を目的としたトレーニングが多くとてもハードです。

 

今年5月に行われた日本選手権では3位という成績を収めた埼玉ライオンズ。

2015年の準優勝以来、ここ数年埼玉ライオンズはセミファイナルが鬼門となっており、今年は準決勝で宮城MAX(※宮城MAXは今年の大会で日本選手権9連覇を達成した強豪チーム)と対戦するということで、そこに最高のコンディションで臨もうと試合に挑みました。

しかし、残念ながら力及ばず負けてしまい、古川選手にとって悔いの残る大会となりました。

 

その後、古川選手は男子U23日本代表として『第9回ファザ国際車いすバスケットボールトーナメントinドバイ』に出場し、銅メダルを獲得しました。

昨年の第8回大会では銀メダルを獲得しましたが、今年はU23代表でありつつ日本代表強化指定選手にも選ばれている選手が不在の中、自分たちのバスケをして上位を狙おうと臨んだ結果、普段あまり試合に出られない選手も出ることができ、刺激の大きい大会になったと言います。

試合会場の様子を伺うと、ウォーミングアップ時などになんとドローンが頭上を飛んでいたそうです。どんどん試合もエンターテイメント化していますね。

 

車いすバスケットボール中心の生活ですが、古川選手は音楽を聴くのが好きで、時間ができるとライブに行ったり夏フェスに行ったりすることもあるそうです。

そんな古川選手のリクエスト曲はASIAN KUNG-FU GENERATIONの『さよならロストジェネレイション』。

アジカンは昔から好きで、今年の結成20周年ライブにも行ったそうです。

車での移動中など一人の時間によく音楽を聴いているということです。

 

古川選手は8月5日(土)、6日(日)に愛知県豊田市のスカイホール豊田で開催される

全国ジュニア選抜車いすバスケットボール大会 in 愛知』に出場します。

次回は、そのジュニア選抜大会について伺います。お楽しみに!

2017年7月19日
第28回全日本女子車いすバスケットボール選手権大会の結果

7月15日と16日に神戸市のグリーンアリーナ神戸で開催された

第28回全日本女子車いすバスケットボール選手権大会』。

全国の女子8チームの頂点に立ったのは、関西ブロックのカクテルでした!

カクテルはこれで大会4連覇を達成しました!

 

優勝   カクテル (関西)

準優勝   SCRATCH (東北)

3位  Brilliant Cats (東海北陸)

4位  九州ドルフィン (九州)

5位  ELFIN  (関東)

6位  GRACE  (東京)

7位  パッション  (四国)

8位  WING  (関東)

 

《 個人賞 》

MVP 賞   北間優衣選手(カクテル)

3ポイント賞  柳本あまね選手(カクテル)

ベスト5

    財満いずみ選手(SCRATCH)

   萩野真世選手(SCRATCH)

   柳本あまね選手(カクテル)

   藤井郁美選手(SCRATCH)

   網本麻里選手(カクテル)

 

次回、7月22日(23日)の放送では、大会レポートをお届けします!

2017年7月19日
スポーツライター・宮崎恵理さん (2)

スポーツライターの宮崎恵理さんをお迎えしてお送りした2回目。

20年に渡りパラスポーツを取材されている宮崎さんの『忘れられない瞬間』について伺いました。

数々の名シーンの中から宮崎さんが選んだのは、車いすテニス・国枝慎吾選手のエピソードでした。

 

車いすテニスでは、2バウンド以内の(相手コートへの)返球が認められているので、特にダブルスではラリーが長く、そのラリーをどれだけ我慢して勝ち抜いていくかという消耗戦になります。

その中でフルセット(3セット)を戦い抜く気力、体力が要求されるのです。

2004年、アテネパラリンピック。

男子ダブルスに出場した国枝慎吾選手はまだ若く、決勝まで戦うということは当時の国枝選手にとって容易なことではありませんでした。

そんな国枝選手をペアの斎田悟司選手が「大丈夫だから!君ならできるから!」とずっと励まし続けたのです。そうして、ふたりは金メダルを獲得!

国枝選手は(次はシングルスで金メダルを獲る!)と心に決めました。

そして、4年後の北京パラリンピックで見事シングルスの金メダルを掴み取ったのです!

勝利の瞬間、国枝選手は自分のラケットをポーーンと空に放り投げたそうです。

アテネで必死に戦う国枝選手の姿を見ていたからこそ、宮崎さんにとってこのシーンは忘れられない瞬間として今なお心に残っているということです。

 

そんな、宮崎恵理さんの上を目指して進もうとする方々に伝えたい “Going Upな一言”を伺いました。

『想いは伝わる』

言葉ってすごくもどかしい。伝えようと思ってもうまく伝わらないことがしょっちゅうある。

それでも、本当に伝えたい想いや気持ちは心を尽くせば伝わる、というのが宮崎さんの信念。

例えばアスリートであれば、競技に取り組む姿勢であったり、競技大会で活躍している姿が、自身を表現する一番のメッセージになったりする。だから(言葉で伝えられなくて)もどかしくてもあきらめないで欲しい、きっと“想いは伝わるんだから”と言ってあげたいんだそうです。

 

宮崎さんの熱い“想い”が伝わってくる一冊があります。

宮崎恵理著『希望をくれた人 -パラアスリートの背中を押したプロフェッショナル-』(協同医書出版社)
この本の主役は、パラアスリートを“支える人たち”。
義肢装具士や盲学校の先生、トレーナー等、いろいろな職業の方々のエピソードが紹介されていますが、取材をするとどの方も同じように「いえいえ、私は(パラアスリートに対して)特別なことは何もしてないんですよ」とおっしゃるそうです。
つまり、このプロフェッショナルな方たちは、自分たちの仕事に真摯に向き合う中で結果的にパラアスリートたちの背中を押したり、心に光を灯す大切な存在になったのです。そしてそういう人たちのことをアスリートたちは決して忘れません。
その関係性や信頼性の確かさに、宮崎さんはとても感動されたそうです。
“支える人たち”を知ることで、アスリートのバックグラウンドも見えてきて、競技をより楽しくより深く観ることができます。

ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか。

 

次回のゲストは、車いすバスケットボールの古川諒選手です。お楽しみに!

 

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。