TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で車椅子バスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催している「三菱電機 Going Upキャンペーン」!次回は11月23日(金・祝)、和歌山城 西の丸広場で開催の「WBSラジオまつり2018」内で実施します。みなさんのご来場をお待ちしています!

【日時】2018年11月23日(金・祝) 10:00~16:00

【場所】和歌山城 西の丸広場隣り わかやま歴史館 南芝生広場

【共催】和歌山放送
サイトはこちら
2018年12月13日
フォトグラファー・越智貴雄さん (1)

今回のゲストは、フォトグラファーの越智貴雄(おち・たかお)さんです。

越智さんは、パラスポーツの現場で、パラリンピックをはじめとする数々の大会やたくさんのパラアスリートを撮影されています。

 

越智さんは大阪芸術大学に進学し、写真の勉強をしていました。

担当の先生は、昔、オリンピックの撮影をしたことがある方で、毎週のように「オリンピックはすごいんだ。世の中を変える力があるんだ」という話を聞く中で、いつしか越智さんもオリンピックの撮影をしたい!と思うようになりました。

オリンピックを撮影する前に、まずは英語の勉強をしようということで留学をして、それから、オリンピックの撮影をさせてもらいたいと、売り込みを始めました。

そうして、ある新聞社から声をかけられ、念願のオリンピック(2000年のシドニーオリンピック)を撮影するチャンスが訪れました。

オリンピックが始まると、連日連夜、街はお祭り騒ぎ。

2000年のシドニーといえば、柔道の井上康生さんや女子マラソンの高橋尚子さんのシーンが思い浮かびますが、実際に現地で取材をした越智さんにとっては、「街が動いている」「街が一体になっている」という印象が強く残りました。

 

オリンピックの撮影の仕事を終えて、帰国の準備をしていると、別の新聞社の方から「パラリンピックの取材もしない?」と言われ、喜んで引き受けました。

しかし、パラリンピックについて知っていることといえば、「障害のある人が行うスポーツ」ということくらい。

当時の越智さんは、「障害」というと、「がんばっている人」「かわいそうな人」といったネガティブなイメージを自分の中で勝手に作っていて、(障害を持つ人にカメラを向けてもいいのかな…)などと、大会が迫るにつれて不安が大きくなっていったそうです。

ところが、パラリンピックの開会式で誇らしげに笑顔で行進する選手たちをみて、その考えが一気に変わります。

(あれ、今まで自分が持っていた感覚って何だったんだろう)

越智さんは夢中になって、シャッターをきりました。

競技が始まると、義足の選手が100mを11秒台で走ったり、車いすバスケットボールでは激しいぶつかり合いがあったり、いろんなことを知ることで、自分の世界も広がっていきました。

そして、そのことがきっかけとなり、パラアスリートを撮り始めます。

 

2013年には、「お・も・て・な・し」のフレーズで記憶している方も多いと思いますが、東京オリンピック・パラリンピック招致の最終プレゼンテーションで、越智さんの写真が使われました。

谷(旧姓:佐藤)真海選手のスピーチ中に使用された「北海道で撮影した跳躍写真」。

この写真が“五輪を呼んだ一枚”と言われ、話題となりました。

 

これまで、夏冬合わせて、パラリンピックを10大会取材された越智さん。

パラリンピックという大会はアスリートにとって“特別中の特別”、「選手それぞれが、自身を表現できる最高の舞台」だと話します。

そのパラリンピック、しかも、日本で開催されるパラリンピックまで2年を切りました。

もうすぐやってくるその日が待ち遠しいですね。

 

そんな越智さんの写真展が、東京・虎ノ門ヒルズで開催されています!(12月16日まで)

これまで越智さんが撮影したパラアスリートや「切断ヴィーナス」の写真、約40点をご覧いただけます。

「切断ヴィーナス」は、義肢装具士の臼井二美男さんと2013年に立ち上げたプロジェクトです。

「まだまだ義足を隠さなければいけないと思っている人が多い。しかも家族がそう思うケースもある。特に女性はそうなんだよ」

臼井さんからそんな話をきいた越智さん。

それならば、臆さずに堂々と、まるでファッションアイテムの一つとして義足を見せているような女性たちを撮っていこうということで始まったのが、この「切断ヴィーナス」です。

個性的な義足を履いて、それぞれの方法で表現する女性たちの姿。

ぜひ、会場に足を運んで、越智さんの作品たちをご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

次回も、越智さんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに!

 

越智貴雄さんのリクエスト曲:ステキなタイミング / 坂本九

小学生の頃から坂本九さんの大大大ファンだという越智さん。今でも、大事な大会、大事な試合の前に聞いている曲だそうです。

2018年12月7日
義足のプロダンサー・大前光市さん (2)

義足のプロダンサー・大前光市さんをお迎えしてお送りした2回目。

 

リオ2016パラリンピック閉会式での東京大会プレゼンテーションをはじめ、世界中でパフォーマンスしている大前さん。

タリンやプラハなど伝統ある海外の舞台にゲストダンサーとして招かれているほか、今年3月には、アメリカ・ラスベガスでJABBAWOCKEEZ(※)のショーに参加。電飾が施された義足を付け、目を見張るターンなど、パワフルでダイナミックなダンスパフォーマンスを披露して大きな拍手を浴びました。

 

※JABBAWOCKEEZ(ジャバウォッキーズ)

MTVの人気番組『America’s Best Dance Crew』で優勝したことをキッカケに、爆発的な人気となったアメリカの6人組ダンスグループ。特徴である白いマスクには、偏見や差別を超えてパフォーマンスだけで勝負するという意思が込められている

 

アメリカでは「バリアフリーの国」という印象を受けたと、大前さんは話します。

人種、マイノリティー、多様性を認める国。そして、ノリがポジティブで、自分に自信を持っている人が多いと感じたそうです。

大前さんのダンスもすぐに受け入れられ、アメリカでのステージは大成功をおさめました。

 

大前さんは、義足だけではなく、車いすに乗ってダンスすることもあります。

「義足を使うのも、杖を使うのも、車いすを使うのも、アイテムを使うっていう意味で同じなんですよね。ダンサーがダンスシューズを使い分けるような感じで、僕にとっては、車いすも大きな意味でダンスシューズみたいなものだと思っています」

ダンスといえば、芸術のようなイメージがありますが、車いすダンスは「障がい者スポーツ」として、国際パラリンピック委員会(IPC)の認定も受けています。

現在では『パラ・ダンス・スポーツ』と呼ばれ、IPC公認の国際大会も開かれています。

大前さんは、その国際大会で金メダルを獲得しているアスリートでもあるのです。

ワルツ、タンゴ、ルンバ、サンバ…と種目は、競技ダンスと同じ数だけあり、2人で踊るデュオだけはなく、シングル(ソロ)やフリー(自由演技ができる種目)も行われます。

健常者もペアとして一緒に出場できるのも大きな特徴のひとつです。

競技ダンスということで、採点により順位が決まります。

大前さんは、競技ダンスよりも「自由に踊って、自由に表現するダンスが好き」だと話していました。

 

そんな大前さんに、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Up”な一言を伺いました。

『キャラ立ち』

「一人一人みんな個性が違う。それをちゃんと分かりやすい形で、キャラクターとして際立たせる。そうすると、みんな魅力的になることができる」と話します。

大前さんの場合は、それが義足。

隠すのではなく、見せて分かりやすい形で、左脚が義足の人ですよーとアピールすることで、それが個性となりキャラ立ちするのです。

そうすることで、世界観が広がったり、いろんなオファーがきたり、いろんな自分の可能性に気付けたので、すごく可能性のある言葉だと語りました。

最後に、大前さんからリスナーのみなさんへのメッセージです。

「キャラ立ちを目指しましょう!どんな人も!」

 

大前さんのダンス義足コレクション!

 

大前光市さんのリクエスト曲: 蘇生 / Mr. Children

事故により足を切断してから10年間、大前さんが努力と葛藤を繰り返していた時期に励まされた曲。歌詞のように、自分も何度でも何度でも生まれ変わってやろうと決意をあらたにしてくれた曲だということです。

 

次回は、フォトグラファーの越智貴雄さんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに!

2018年11月30日
義足のプロダンサー・大前光市さん (1)

今回のゲストは、義足のプロダンサー・大前光市(おおまえ・こういち)さんです。

大前さんは、昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』で平井堅さんとコラボレーション、平井堅さんが歌う『ノンフィクション』の世界をダンスで表現されました。

リスナーのみなさんの中にもご覧になった方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

大前さんは、高校生の頃、テレビで『劇団四季』のCMを見て、ここに入りたい!と思いダンスを習い始めました。

高校では、演劇部に所属。

中学生の時のある経験がきっかけとなり、大前さんを演劇へと突き動かしました。

中学でいじめにあってたという大前さん。廊下を歩くと、ひそひそと上級生に「のろまの亀いち」と呼ばれ、つらくて悔しい思いをしていました。

ある時、クラスごとにお芝居をして中学3年生を見送ろうという会があり、当時、中学2年生だった大前さんは、その劇の準主役に選ばれました。

一生懸命練習をして衣装も手作りして、小道具も作り、本番を迎えました。

堂々と演じきった大前さん。

芝居が終わると、すごい拍手が起こりました。

と、同時に、会場は“どよどよ”していました。

(このどよどよしているのは何だろう・・・)

次の日になってその意味がわかりました。

「あの、のろまの亀いちが、バカではなかった、のろまではなかった」

大前さんの演技は、それほどまでにすばらしいものでした。

廊下を歩くと、すれ違った瞬間に「おお、光市!」と上級生に慣れ慣れしく呼ばれました。

昨日までとは、まるで手のひらを返したかのような現象。

(これだ!人前で何かをすればスーパーマンになれる!)

この出来事がきっかけで、演劇を目指すことを決意しました。

 

高校では演劇とダンス練習に励み、大阪芸術大学に進学。

数々のダンスを経験し、プロになるぞと思った大前さんは、24歳のときに憧れの劇団のオーディションを受けます。

一次、二次試験に受かり、いよいよ最終試験。

ところが。

最終試験の2日前、飲酒運転の車にひかれ、左ひざから下を失うことになるのです。

高校の時からアルバイトをしながらダンスを習い、少しずつ実力もつけて、もうすぐプロになれるぞという、その一歩手前でした。

自分と同じように志していた人はそのオーディションに合格して夢を叶え、劇団四季に入る人やプロとしてやっていく人もいました。

やり場のない悔しさしかありませんでした。

「僕は彼らと同じようになれず、それどころか崖の下に落ちてしまって、登ることもできない。普通の状態、前と同じような状態にすら戻ることができないような状態に落ちてしまったというような感覚でしたね」

 

「負けず嫌い」だった大前さんは、何とか別の方法でもダンサーとして復活できないかと考えます。

それを後押ししてくれたのは、お父さんでした。

泥のついた作業着を着て、軍手をはめて、塗装のはげた軽トラに材木を積んで毎朝出かけていく父親を、大前さんはずっと、カッコ悪いと思っていました。

(友達のお父さんはいい車に乗っているのに、うちは軽トラかよ)

そういう家庭、そういうお父さんが嫌で、いつしか華やかな世界を目指すようになりました。

 

大前さんが事故に遭った朝、病院のベッドには家族の姿がありました。

その時、お父さんは大前さんの手を握ったのです。

分厚い手。

泥が爪の間にはさまっているような手で、体が痛くて大声で苦しんでいる大前さんの手を握ってくれました。

「おい、お前、負けんなよ。お前やったらできるさ」

(えっ?応援してくれている?)

それまで、実家に帰るとお父さんから「そんなちゃらちゃらしたことせんと、まともな仕事につけ。舞台の仕事なんて、一握りの人しか食ってけんぞ」と言われ、その度にうざいなと思っていたそうです。

そんなお父さんが、実は応援をしてくれていたことに、その時初めて気づきました。

「その分厚い手がね、分厚い手が、力強く感じられて…そこからすごい自分の体に力強さがみなぎってきて、その瞬間、足の痛みがすーーって消えていったんです。で、その瞬間、お父さん、なんか温かいな、力強いな、そして、かっこいいなって思いました」

その時にはすでに、足を失うことがわかっていたという大前さん。

「足がなくなったとしても、僕にはそのお父さんの血が流れている。DNAが流れている。お父さんの力強さとか包容力とか、そういうものが僕の中にはあって、それさえあれば、たとえ美しくなくなったとしても僕はやっていける。その強さを表現していけば、ぼくは絶対に表現者としてやっていける」

そういう風にして、今は亡きお父さんのことを思い続けて、これまでやってこられたと話します。

紅白もお父さんに見て欲しかったと語りながら、思い出の一曲をリクエストしました。

 

大前光市さんのリクエスト:ノンフィクション / 平井堅

 

次回も、大前光市さんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞお楽しみに。

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。