TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で、車いすバスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催しています!次回は8月18日(土)・19日(日)、宮崎県宮崎市で開催の「まつり宮崎2018」内で実施します!お近くにお立ち寄りの方はぜひご参加下さい!

<名称>
「まつり宮崎2018」

<日時>
2018年8月18日(土) 15:00~20:30
2018年8月19日(日) 15:00~20:00

<場所>
宮崎市高千穂通り および その周辺

<主催>
宮崎放送
サイトはこちら
2018年8月18日
2018車いすバスケットボール世界選手権ニュース vol.2

8月16日、『2018車いすバスケットボール世界選手権大会』がドイツ・ハンブルクで開幕しました!

4年に一度行われる世界選手権。男子16か国、女子12か国が熱い戦いを繰り広げます!

 

試合会場でもあるedel-optics.de Arenaで華々しく開催された開会式。

日本代表選手たちも堂々と入場しました!

各国代表の選手たち、そして、多くの観客が訪れた会場は熱気に包まれました。

 

 

8月17日(現地時間)、初戦となるイタリア戦を迎えた日本。

立ち上がり、第1Qでは固さも見え、パスミス等により思うように得点を伸ばすことができません。

流れを変える何かが欲しい日本は、選手交代などを効果的に行い徐々に得点を重ねていきます。

前半を終え25対28の3点ビハインド。

ハーフタイムでは「前半での(ディフェンス面での)ミスを徹底してできるようにポイントを話し合った」とキャプテン・豊島選手が言うように、後半に入ると、イタリアに24秒バイオレーションを何度も与え(※)スピードを活かしたプレーにより、日本はリズムを取り戻します。

※攻めているチームは、ボールを取った時点から24秒以内にシュートをうたなければいけない

 

第3Qで、豊島選手のフリースローにより同点となった日本は、ローポインター・岩井選手が積極的にインサイドに切り込んで奪ったシュート、そして、香西選手のレイアップや3ポイントシュートも決まり、一気に引き離しにかかりますが、イタリアも3ポイントシュートを決め、粘り強さを見せます。

44対41で第4Qを迎えると、スチールなどアグレッシブなプレーを見せ続けた鳥海選手の得点や、藤本選手がフリースローをきっちり決める等、終始リードを守り切り、58対50で初戦を白星で飾りました!

初戦での勝利について豊島選手は「やるべきことをやって勝ち切った」と充実感をのぞかせていました。

会場には、日本からかけつけた応援団の声援が鳴り響き、ドイツ在住の日本人の方々、そしてドイツの小学生からも「ヤーパン(Japan)!」という大きな掛け声がコートに向けられていました。

プールCの日本は、8月18日にトルコ戦、20日にブラジル戦を迎えます。

『ベスト4以上』を目標に戦う、車いすバスケットボール男子日本代表選手たちに、日本から熱いエールを送りましょう!!

2018年8月16日
シッティングバレーボール 真野嘉久会長・齊藤洋子選手 (2)

※ニッポン放送では、ナイター中継延長のため、8月11日(土)の放送はございませんでしたが、こちらからお聴きいただくことができます。

 

シッティングバレーボールの真野嘉久(まの・よしひさ)会長と齊藤洋子(さいとう・ようこ)選手をお迎えしてお送りした後編。

 

今回は、日本代表チームについて伺いました。

シッティングバレーボールは、1980年のアーネム大会からパラリンピック正式競技となっていますが、当初は、男子のみで、女子が加わったのは、2004年のアテネ大会からです。

女子日本代表は、2008年北京大会でパラリンピック初出場を果たし、2012年ロンドン大会にも出場しています。

齊藤選手は女子日本代表(全日本女子)として、北京とロンドンの2大会連続でパラリンピックに出場、そして、真野会長は2000年のシドニー大会と2004年のアテネ大会では男子の監督、2008年北京と2012年ロンドン大会では女子の監督を務め、現在も、全日本女子の監督として指導にあたられています。

 

現在、全日本女子チームが取り組んでいるのは、テクニックバレー。

世界ランキング上位の国には、女子でも身長が2mくらいある選手がチームに2〜3人はいて、長身の選手が手を伸ばすと、ネットは肘や頭のあたり。そこからスパイクを打たれると、真上からボールが来る感じになります。

どうしてもパワーでは負けてしまうので、例えば、ボールのタッチの仕方を工夫したり、ソフトに見せて実は手首を返して強く打つといった見た目と反対のことをやったり…と、テクニックを磨いています。

それと同時に、専門のトレーナーを入れて、フィジカルの強化にも取り組んでいます。

その中でも、真野監督がポイントとして挙げるのが、選手たちの肩まわりや、肩甲骨を柔らかくすること。

肩甲骨が硬いと、ブロックする時にもスパイクを打つ時にも肩が上がりません。

逆に、肩甲骨が柔らかいと、上げた状態からさらにクッと上がり、それだけで3-4cm変わるといいます。その効果を期待して、現在トレーニングを積んでいます。

全日本女子の今年の目標は、10月にインドネシアで開催されるアジアパラ競技大会で銀メダル以上を獲得すること。

目標達成に向けて、選手のみなさんは今日も練習に励んでいます。

 

競技力向上の一方で、普及活動にも積極的に取り組んでいます。

2020年を迎えるにあたって、会場でたくさんの方に見てもらうために、まずは選手たちの顔と名前を覚えてもらって「ファンではなく友達になろう」というのがテーマです。

毎年、真野監督は選手たちと一緒に小学校や中学校など、30〜40校を訪れ、コート上でのニックネームで選手を紹介(例えば、齊藤選手の場合→「ようこちゃんです」という風に)して、親しみを感じて友達になってもらい、会場に来て下さいね、と呼びかける活動をしています。

そうすると、試合会場に近い小学校や中学校の生徒たちが、「ようこちゃん出るらしいから見に行こう」という感じで見に来てくれて、ある大会には、地元の小学生たちが、その学年全員来てくれたんじゃないかというくらい来てくれたこともあったそうです。

歓声があると選手もやる気が出るし、実際に、その歓声のおかげで齊藤選手のチームは試合に勝ったそうです。

友達が増えたら試合を見に来てくれる→見に来てくれれば選手はやる気が出る→やる気になって選手が活躍すれば応援しに来てくれた人も「私が来たから頑張ったんでしょ?」と思ってくれる。

地道な普及活動によって、そのような、うれしい輪ができていると、斎藤選手は笑顔を浮かべながら語りました。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい “Going Upな一言” を伺いました。

(齊藤選手)『続ける努力 続けられることの幸せ そして続けさせていただけることへの感謝』

続けることはすごく難しい。時には、辞めたい、自信がない、続けていいのかなと迷うこともあるけど、やっぱり好きだから続けたいと思う。そして、続けていると、幸せだな、私まだやれるな、頑張ろう!となるが、一人だと続けられなくて、まわりの人がいることで続けられる。一人だけでは続けて来られなかったので、真野会長をはじめいろんな方に感謝している、というのが、この言葉に込めた思いです。

(真野会長)『 心 』

全ては心。いいも悪いも心が全て。強い心も、優しい心も必要だし、その心の変化を自分で知り、また、相手の心もわかるような、そんな生き方をしたい、と語ってくれました。

 

齊藤洋子選手のリクエスト曲:Sing / Pentatonix

全日本女子が試合前にウォーミングアップするときの曲。この曲がかかると、今から行くぞ、という気持ちが全員の中に生まれるそうです。「大きな声で歌おう」「みんなで歌おう」というような内容の歌詞があり、試合中に声を出して、コミュニケーションをとらないとうまくいかないこともあるので、そういう意味でも、試合に向かっていくための準備の曲としてぴったりなので、いつもスタートはこの曲と決めているそうです。

 

次回のゲストは、車いすバスケットボールの諸岡晋之助選手です。どうぞお楽しみに。

2018年8月12日
ウィルチェアーラグビー日本代表、金メダル!!

オーストラリア・シドニーで開催された『2018 IWRF ウィルチェアーラグビー世界選手権大会』

日本は金メダルを獲得し、日本ウィルチェアーラグビー界初の世界一に輝きました!!

 

それでは、日本代表の戦いをダイジェストでご紹介します。

まずは、6チームずつ、2つのプールに分かれて行われた予選リーグ(総当たり戦)

4勝で迎えた最終戦、日本(世界ランキング4位※)は、同じく全勝のオーストラリア(同1位)と対戦し、52対65で大敗を喫します。

予選2位となった日本は、もう一方のプールで1位通過したアメリカと決勝進出をかけたクロスオーバーに臨みます。

オーストラリアとの敗戦後、戦略・選手ミーティングを通して、チームを立て直したという日本は、世界ランキング2位のアメリカを相手に51対46で勝利。

再び、金メダルをかけてオーストラリアとの決勝戦に挑みました。

たくさんの観客が見守る中、一進一退の攻防が繰り広げられます。

1点取れば1点を返される、そして、その1点を取り返す・・・ひとつのミスがターンオーバーを招き、逆転に繋がってしまいます。

究極の集中力を要し、コートには緊張感が漂います。

第4ピリオドまで一瞬たりとも気の抜けない展開が続きましたが、相手にリードを許しても、日本は、仲間を信じ、最後まであきらめることはありませんでした。

そして ーー

62対61で試合を制し、世界の頂点に立ちました!

 

東京2020パラリンピックでの金メダル獲得にむけて、大きな『自信』を手に入れた日本。

しかし、キャプテンの池選手は「(日本は)まだ未完成」だと語ります。

果たして、日本が目指す”完成形”とは?

ウィルチェアーラグビー日本代表の戦いは続きます!

 

 

※大会時のランキング。最新の発表により、現在、日本は世界ランキング3位になりました。

( 世界ランキングー 1位 オーストラリア     2位 アメリカ )

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。