TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
朝日放送
日曜日 12:30~13:00
山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国のラジオ局とタイアップして、車椅子バスケットボールの体験イベントを開催します!ぜひご参加ください!

次回はニッポン放送「ラジオパーク in 日比谷2017」での開催です!

日時:2017年4月29日(土祝) 8:30~17:00・4月30日(日) 9:00~17:00

場所:日比谷公園
サイトはこちら
2017年4月24日
車椅子バスケットボール・土子大輔選手(千葉ホークス)(2)

車椅子バスケットボールの土子大輔選手をお迎えしてお送りした第2回目。

5月3~5日に東京・千駄ヶ谷にある東京体育館で行われる『内閣総理大臣杯争奪 第45回記念 日本車椅子バスケットボール選手権大会』(通称:日本選手権)について伺いました。

日本選手権は、一年に一回、全国の車椅子バスケットボール・クラブチームの日本一を決める大会で、全ての選手の目標の大会でもあります。

また、大会での活躍により日本代表に選出されることもあるので、選手にとって特別な大会です。

 

土子選手が所属する「千葉ホークス」は、昨年の第44回大会で準優勝。

千葉ホークスの前身「千葉作業所チーム」時代を含めると、日本選手権優勝11回、準優勝15回を誇る強豪チームです。

しかし、ここ数年は優勝の座を「宮城MAX」(仙台市が拠点のチーム)に奪われており、宮城MAXは日本選手権8連覇中という記録を打ち立てています。

土子選手は日本選手権での日本一奪還に向けて「(宮城MAXには)絶対的エースの藤本怜央選手や日本代表で活躍する選手が多く所属している。いい準備をしないと戦えない相手なので、分析をして戦略をしっかり立てて試合に臨みたい」と語っています。

千葉ホークスは、日本一走り込みをするチーム。スピードを活かしたプレーが強みだということです。

 

土子選手個人としては、日本選手権で大会ベスト5に5回も選ばれており、自身の持ち味を「シュート」と答えています。

日本代表でもシューターとして、アウトサイドのシュートにはこだわりを持ってプレーしていると言います。

そんな土子選手について、千葉ホークスの後輩に印象を聞いてみました。

「バスケはすごく頼れる存在でチームを奮起させてくれる人。でも、普段はけっこうテキトーでマイペースな印象です。日本代表合宿など張りつめている場でもおちゃらけたりするので尊敬しています。“THE B型”という印象です。」

これに対して、当たっています・・・という土子選手。

ある特定なものに対しては集中力が高いけど、それ以外のものに対してはテキトーな人間だと自己分析。代表合宿では、もちろん真面目にやっているけど、年齢的に上の方ということでコーチとのコミュニケーションもとれるので、若手とスタッフとの間に入ってコミュニケーションをとったりしているそうです。

日本代表には欠かせない存在ですね。

 

最後に、土子大輔選手が上を目指して進もうとす方々に伝えたい “Going Upな一言”を伺いました。

『後悔先に立たず』

チャンスは突然やってくるもの。その時、いつでも「俺、行けるよ!」という準備ができていないと最高の結果は得られない。最高の準備をした者だけが、チャンスを手にできるとしたら、常に最高の準備をした状態でいよう、という思いが込められています。

 

土子選手からGoing Upリスナーのみなさんに一言。

車椅子バスケットボールは東京2020パラリンピック開催が決まり、どんどん注目されています。競技のレベルも向上しているので、ぜひ会場に来てバスケの迫力を感じてください。タイヤの焦げる匂いや、車椅子同士がぶつかる音・・・五感で感じられると思うので、『内閣総理大臣杯争奪 第45回記念 日本車椅子バスケットボール選手権大会』にぜひお越しください!

 

土子大輔選手のリクエスト曲: 手紙~未来 / ケツメイシ

(選曲に込められた意味)

10年後の自分に手紙を書いて(自分に)エールを送るという歌詞の曲。

(土子選手が)交通事故に遭ったのが2007年4月23日。それからちょうど10年経ち、10年後の自分が今どうなっているのかと振り返るような思いで選びました。車椅子バスケを始める前から、日本代表になってパラリンピックに行くんだという目標があり、当時この曲を聴いて、嫌いなトレーニングを嫌だなぁという思いを、朝一回ぶっとばして玄関のドア開けていました。

10年経った今、また聞きたいなと思って選曲しました。

 

 

次回のゲストは、男子車椅子バスケットボール元日本代表・三宅克己さんです。お楽しみに。

2017年4月24日
車椅子バスケットボール日本選手権 出場チーム紹介(関東ブロック)

内閣総理大臣杯争奪 第45回記念 日本車椅子バスケットボール選手権大会(通称:日本選手権)出場チーム紹介。

関東ブロック代表は、こちらのチームです。

 

埼玉ライオンズ(埼玉県) 結成1978年

選手13名 スタッフ11名

チームスローガン:日本一、得点を取る集団!

(特徴)選手・スタッフ共に、若手とベテランの融合により、バランスのとれたチームになり、一つステップアップしたライオンズを見てもらいたいです。

注目選手:

原田翔平選手(持ち点1.0)どのエリアからでも得点できるシューター

篠田匡世選手(持ち点3.5)相手を翻弄しスペースを切り裂くようなスピードと

クイックネスが持ち味のパワーフォワード

(PR)緑をチームカラーとしています。大会会場を緑色に染めたいと思います。

心強い応援団(マスクグリーン)で会場を盛り上げます

(地域の方へ一言)

練習の見学はいつでも歓迎です!また、大会応援に来て頂けるならぜひとも緑色のグッズを持って、応援してもらいたいです!

 

(日本選手権への意気込み)

目標は日本一です!初戦からライオンズらしいスピードとパワーを生かしたプレーをして、一戦必勝で戦いたいと思います。

 

 

パラ神奈川スポーツクラブ(神奈川県)設立1974年

選手8名 スタッフ6名

チームスローガン:ベテランから若手まで、全員で走るバスケ

(特徴)ビックセンターがいないので、スピードとアウトシュートに磨きをかけています。

注目選手:

古澤拓也選手(持ち点3.0)U-23日本代表

日本代表のポイントガードを目指しています。

西村元樹選手(持ち点4.0)

東京工業大学で化学を専攻、バスケもパワープレーで頑張ってます

(地域色)夏は練習前に湘南の海で泳いで、夜に練習をしていました。肺活量強化です。

(今は冒険しないで、バスケの練習のみです)

(地域の方々に一言)神奈川県では車椅子バスケを始める方が今は少なく、新人募集中です!

 

(日本選手権への意気込み)

オフェンス・ディフェンスの切り替えの早いバスケでベスト4を目指します!

 

 

千葉ホークス(千葉県千葉市)

選手 15名 スタッフ9名

チームスローガン:チーム力!

(特徴)スピードを生かしたプレー

注目選手:

土子大輔選手(持ち点4.0)安定した2P、3pシュート

川原凛選手(持ち点1.5)若さとスピード

(地域色)地元・千葉市と千葉にある大学が主催の車椅子バスケットボール大会もあるので、応援してくださる方が多く力になります。

(地域の方々に一言)

車椅子バスケットボールの迫力やスピード感、面白さを感じるのは生で観ていただくのが一番です!ぜひ会場へお越しください!

 

(日本選手権への意気込み)

今年こそ優勝旗を取り戻します!

2017年4月24日
車椅子バスケットボール日本選手権 出場チーム紹介(甲信越ブロック)

内閣総理大臣杯争奪 第45回記念 日本車椅子バスケットボール選手権大会(通称:日本選手権)出場チーム紹介。

甲信越ブロック代表は、こちらのチームです。

 

長野車椅子バスケットボールクラブ(長野県安曇野市)

選手8名 スタッフ4名

(特徴)全員バスケット

ハイポインターがいないので、全員でシュートをねらう!

注目選手:

熊谷悟選手(持ち点3.5)20歳(世界ジュニア代表)シュート大好き。

丸山弘毅選手(持ち点2.5)20歳(世界ジュニア代表)

スピードを活かしたプレーが魅力。熊谷選手より、もっとシュートが大好き

※二人は誕生日が一日違い!

(地域色)メンバーが少ないため練習に苦労しますが、信州大学の学生やOB達と一緒に練習しています。

(練習で苦労していること)冬は寒くて練習どころではない!走ると鼻水が凍ります。

 

(日本選手権への意気込み)

まずは一勝したいです!

 

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。