TV・映画・舞台で活躍中の俳優・鈴木亮平が、車椅子バスケットボールを中心に、様々な障がい者スポーツの世界と出会い、触れあい、感じたことを語るラジオ番組です。
障がい者アスリートや関係する方々にお話を伺ったり、リスナーの皆さんからのお便りを紹介することで、障がい者スポーツが盛り上がり、鈴木亮平がリスナーの皆さんと一緒に、今よりひとつ上に、“Going Up!”することをめざします。

放送局・放送日時

ニッポン放送
土曜日 22:00~22:30
STVラジオ
日曜日 17:30~18:00
東北放送
日曜日 12:30~13:00
北陸放送
土曜日 17:00~17:30
東海ラジオ
土曜日 12:00~12:30
ABCラジオ
日曜日 12:30~13:00
RSK山陽放送
土曜日 16:30~17:00
中国放送
日曜日 17:00~17:30
九州朝日放送
日曜日 8:30~9:00
南日本放送
日曜日 17:00~17:30

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。

三菱電機 Going Upキャンペーン 全国キャラバン情報

全国各地で車椅子バスケットボールを中心に障がい者スポーツの体験イベントを開催している「三菱電機 Going Upキャンペーン」!次回は3月23日(土)、島根県松江市の「松江市 くにびきメッセ」で開催される「2019 春のBSSまつり」内で実施します。みなさんのご来場をお待ちしています!

【日時】2019年3月23日(土) 9:00~16:00
【イベント名】 2019 春のBSSまつり
【場所】松江市 くにびきメッセ
    (島根県松江市学園南1-2-1)
【共催】山陰放送
サイトはこちら
2019年8月17日
竹内圭さん (2)

今回も、株式会社つなひろワールド 代表取締役の竹内圭(たけうち・けい)さんをお迎えしてお送りしました。

 

竹内さんが仕事のかたわら、情熱を注いでいるのが「車椅子ソフトボール」。ご自身もプレーヤーとして活躍しています。

その名の通り、車椅子に乗って行うソフトボールですが、アメリカでは40年以上の歴史があり、日本に入ってきて7年くらいの競技だということです。

グレープフルーツくらいの大きさ(16インチ)の少し柔らかいボールを使うため、ほとんどの選手がグローブではなく手袋をしてプレーします。(バットは一般のソフトボールと同じものを使用します)

大きな特徴としては、プレーヤーが9人ではなく10人だということ。

一般のソフトボールのポジション”フリーマン”と呼ばれる、どこを守ってもいい選手が一人入ります。外野を4人にして打力が弱いバッターの時は前に出てくるというチームが多いそうです。

また、スローピッチの1m80cmを越える山なりのボールしかストライクにならないというルールがあり、バッターの方が圧倒的に有利となるため、1ストライク1ボールからカウントが始まります。そのため、試合の展開が早いのも特徴です。

 

障がいの程度によるクラス分けは、4つ。

頸椎損傷や脳性麻痺、四肢に障がいがある選手など、一番障がいが重いクアードクラスの持ち点が0点(日本国内では上肢に障がいがある選手も車いすが漕ぎにくいということでクアードクラスになっています)、障がいが軽くなるごとに持ち点が1点、2点となり、片足切断や腹筋・背筋の機能が残っている選手たち、そして健常者プレーヤーも3点となります。

競技用の車椅子は、屋外でプレーするため前輪の部分(キャスター)が大きいのが特徴で、ゴロのボールが入らないように、前の部分(バンパー)が低くなっています。そして、脚を開いて打てるように脚を置くステップがついています。車椅子メーカーの松永製作所が日本で初めて車椅子ソフトボール用の競技用車椅子を製作しました。

 

日本車椅子ソフトボール協会の副会長を務める竹内さんは、車椅子ソフトボールの魅力について「障がい者と健常者が一緒にできること」だと語ります。

現在、日本には20チームあり、競技人口は300人程。障がい者と健常者がチームメイトとしてプレーしています。

アメリカにはジュニアチームも含めると約80チームあるそうで、最近では、ガーナやベルギーといった国でもやる人がでてきて、少しずつ世界にも広がっているようです。

今はまだ、パラリンピック競技ではありませんが、車椅子ソフトボールという競技を世界的に普及させて、「(2028年の)ロサンゼルスパラリンピックで金メダルを獲る!」というのが竹内さんの目標。

ただ、金メダルを獲ることだけが目標ではなく、この車椅子ソフトボールという競技を通じて、障がい者への理解を深め、障がい者と健常者という垣根をなくして、よりよい社会を作っていきたいと言葉に力を込めました。

 

最後に、上をめざして進もうとする方に伝えたい“Going Upな一言”を伺いました。

「いま頑張らずに いつ頑張る!」

いつも全力投球の竹内さんらしい言葉ですね。

 

竹内圭さんのリクエスト曲:不協和音 / 欅坂46

仕事でも車椅子ソフトボールでも大きなビジョンを掲げて活動している竹内さん。不協和音を恐れていたら前に進めない、自分の道を貫くんだと思いながら、カラオケで歌う一曲だそうです。

 

次回は、車いすラグビー日本代表・キャプテンの池透暢選手をゲストにお迎えします!

どうぞ、お楽しみに。

2019年8月9日
竹内圭さん (1)

今回のゲストは、株式会社つなひろワールド・代表取締役の竹内圭(たけうち・けい)さんです。

 

株式会社つなひろワールドでは、障がい者アスリートの就職支援、就職後のマネージメントを展開しています。

現在、障がい者アスリートの働き方としては大きく分けて3パターンあるといいます。

一つ目は、競技に専念するという働き方。会社には月に1回とか2カ月に1回出社します。

二つ目は、週に2~3日出勤するというケース。

三つ目は、週5日出社して時短勤務、例えば、毎日15時まで仕事をして夕方から練習という働き方。

障がい者アスリートにとって、競技生活を続けるため、そして、現役引退後の生活や人生においても仕事は重要な問題です。

もともと親会社の新規事業として2012年にスタートした事業ということですが、2012年のロンドンのパラリンピックが終わって、メダルを獲った選手、入賞した選手からも就職相談を受けたそうです。

しかし、当時はまだ、競技に専念するというような働き方が浸透していなかったため、企業からは「一体それはどういう働き方ですか」という声も多く、面接にすらこぎつけないというような厳しい状況だったといいます。

事業を開始して、これまでに7年間で150名のアスリートの就職支援を行なったそうですが、大きくその状況が変わったのが2013年。

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が決まったことで「一気に神風が吹いた」のです。

 

パラアスリートを雇う企業側のメリットについて、「障がい者の雇用率という観点で言えば、選手を雇用することで雇用率が達成できるということもありますが、ただ単に雇用率を達成するだけではなく、選手が活躍する姿を一緒になって応援することで社内に一体感を作るという効果がある」と語ります。

選手からの声で多いのは、東京2020パラリンピックまでもうすぐということもあって、練習時間や費用といった「競技の環境を整えたい」ということ。あとは、雇用率のためとか、ただ単にお金をいただいてスポーツをやるだけではなく、雇ってくれる企業に応援してもらい、一緒に戦っていきたいというマインドを持つ選手も多いそうです。

そして、企業からは、「東京2020大会に出そうな選手がいいです」という声もあり理想が高くなっているという状況がある一方で、東京大会の先を見据えて、若い選手を支援していきたいという企業もちょっとずつ増えてきているそうです。

 

竹内さんは、現在の仕事に携わるようになって、自分の中でも考え方が変わったといいます。

「この事業を始めた時は、(相談を受けた選手には)障がいがある、だから支援しなければというスタンスでした。でも、選手たちが人生をかけて競技に取り組んでいるのを知る中で、その自己実現を手伝いたいと思うようになりました。病気や事故によって、車いすユーザーになったり、視覚に障がいがあったり…でもその中で、競技でトップを目指していることに対して尊敬の念もありますし、一緒に遊んだり飲みにいくこともあって、人対人、一個人としての付き合いでもあるなと思います」

 

アスリートと企業をつなぐにあたって、竹内さんが大事にしているのは「アスリートファースト」ということ。

しっかり選手の意向を聞いて企業に伝え、双方が納得いく状況を作るというのを目指しているそうです。

 

雇用支援事業の一方で、株式会社つなひろワールドでは、パラスポーツ専門のニュースメディア『Glitters』を立ち上げ、パラスポーツに関するニュースをwebやSNSで発信しています。

昨年には、パラスポーツマガジン『Glitters』も創刊されました。

“Glitter”という言葉には「輝く」という意味があるそうで、『Glitters』という名前には「キラキラと輝くアスリートたち」という思いが込められているそうです。

鈴木亮平さんも創刊号と2号を手に取って、「写真がすごく多いですね。選手のかっこいい姿がすごく多い!」と見入っていました。

9月上旬には3号も発売されることで、ぜひリスナーのみなさんもご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

次回も、竹内圭さんをゲストにお迎えしてお送りします。

どうぞ、お楽しみに!

 

竹内圭さんのリクエスト曲:美しい日 / SUPER BEAVER

2019年8月3日
車いすバスケットボール・藤本怜央選手 (2)

今回も車いすバスケットボールの藤本怜央(ふじもと・れお)選手をゲストにお迎えしました。

 

今年6月、車いすバスケットボール・男子強化指定選手のうち13名がアメリカ遠征に参加しました。

藤本選手もメンバーの一人として参加し、国際親善大会でリオ2016パラリンピック金メダルのアメリカ、同・銀メダルのスペインと対戦しました。

今回対戦した世界のトップ・アメリカ代表。どういうチームなのか、藤本選手に伺いました。

「一言でいうと、完全に強いです。個のスキルもチームのスキルも総合的にレベルが高く、パスのスピード、ドリブルのスキル、パスやキャッチの精度…すべてにおいてハイレベルです。シュートも僕たちのインサイドのアベレージレベルでアウトサイドを決めてくるようなスキルを持っていて”世界ナンバーワン”だと思いました」

 

アメリカとは3年ぶりの対戦となった日本。

今回の遠征では3試合を行い、35対76、46対95、38対54で、0勝3敗という結果に終わりました。

しかし、クォーターごとで見ると互角に戦った時間帯があったのもの事実。

男子日本代表の及川晋平HCは「まだまだ課題は多いが、世界の強豪に対して試合を通していろいろと試すことができたことは来年に向けて大きな収穫」だと語っています。

アメリカ戦を通して藤本選手が感じたこととは?

「総合的な試合結果からするとだいぶ点も取られて、こちらの点も抑えられたという印象ですが、こちらのミスから負けていったのではなく、一番大きな要因はシュート力の差にあります。相手のアクションにこちらがリアクションするのではなく、ディフェンスでアクションを仕掛けて、向こうがリアクションしている時間を増やせば、当然僕たちの方が有利に進む時間帯も生まれてきます。勝ち負けを競うような段階にはまだ到達できませんでしたが、今回、世界一のアメリカに少しリアクションさせられたクォーターがあったことで、『勝つならこうだな』『これを40分やれば勝つな』という戦い方みたいなものは見えたのかなと思っています」

 

一方、もう一つの対戦国・スペインは、アメリカと違い、大きい(背の高い)選手を4人揃えて、そこに持ち点1点台の選手が加わるのが特徴です。

サイズを生かして、ペイントエリア内、インサイドで戦うというのが基本スタイル。

これに対しての日本の対策は「釣り出して、剥がして、崩す」。

ボールを3ポイントラインの外でもらうとディフェンスが出てくるので(釣り出す)、そこにピックをかけると高い位置で相手のディフェンスが崩れる(剥がす)。そうするとリングに近いところのスペースが大きく広がるので、そこをめがけてアタックして(崩す)インサイドで点を取っていきます。

そこに、「5人での連携プレー」、そして、いいディフェンスからリバウンドを取って、1人でも多く相手のディフェンスが戻る前にペイントに行って点を取るという「トランジションバスケ」で戦います。

 

スペインは、昨年の世界選手権・決勝トーナメント1回戦で日本と対戦して、50対52と惜しい負けを喫した相手。

今回の遠征ではスペインと3試合を行い、66対73、62対70、58対60と、あと一歩という悔しい結果に終わりました。

勝ち切れなかったことは課題として残りましたが、それでも大きな手応えを藤本選手は感じています。

「今回も2点差で負けはしましたが、内容を見れば僕たちがリードする場面が増えてきたのはよかったと思います。全ての試合で接戦だったので、ヨーロッパの上位にいるスペインに対してそういう戦い方ができたことで手応えを感じました。世界選手権で優勝したイギリスやスペイン、トルコ、ドイツ。そういったヨーロッパ勢の上位に勝っていくと当然(東京パラリンピックでの)メダルが見えてきます。その中でも強いといわれるスペインに今回いいゲームができたことは非常によかったと思います」

 

東京2020パラリンピックでのメダル獲得に向けて進化を続ける日本代表。

今月、またまたまたあの熱い戦いが東京で繰り広げられます。

それが、三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2019

昨年は、世界の強豪を相手に日本が全勝優勝を果たし大変な盛り上がりを見せましたが、あの興奮がまた帰ってきます!

 

昨年の大会に日本代表として出場した藤本選手。

現在の日本代表は前回大会よりもさらにパワーアップしていると自信をのぞかせました。

「(日本代表が取り組んでいる)トランジションバスケは洗練するステージに入ってきているので、もっともっとクオリティにこだわったバスケットになっています。それに、選手一人一人の体力が上がってきました。昨年の大会で優勝はしましたけど、40分間戦えずに失速することがあったんです。そこを強化したことで、40分間止めきる体力が、この1年でまた上がってきたという実感があるので、今年の大会での注目ポイントかなと思います」

 

日本代表がTOKYOで躍動する、三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2019

ぜひ会場で熱い熱い声援を送りましょう!!

アーカイブを見る

鈴木 亮平 すずき りょうへい

出身地:兵庫県
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
最終学歴:東京外国語大学(英語専攻)卒業
特技:英会話(英検1級・米留学経験有)、テーブルマジック、裁縫(洋服リメイク等)

新行 市佳 しんぎょう いちか

1992年11月9日、東京都生まれ秋田県育ち。
2015年4月からニッポン放送アナウンサーに。2015年10月~3月放送の車椅子バスケットボールのラジオ番組のMC起用をきっかけに、各大会・代表合宿等への取材を重ね、人脈と経験を積んだ。この実績から、リオの車椅子バスケ密着のアナウンサーとして現地からレポートした。

坂本 梨紗 さかもと りさ

1989年12月16日生まれ 岐阜県出身/ 元看護師
埼玉県内の総合病院に看護師として2年間勤務し、看護の基礎を学ぶ。その後、特別養護老人ホームや美容クリニックでの看護業務を経験。2014年11月に看護師を辞職し、翌年の1月から3月に行われたニッポン放送主催の「プロフェッショナルアナウンスセミナー」への参加をきっかけに本格的に声の仕事の道を志す。現在、ニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」 金曜日の中継コーナーレポーターを担当。