• 2

    20

  • 2

    21

  • 2

    22

  • 2

    23

  • 2

    24

  • ※日程をクリックするとその日の予定が見られます。

毎日、さまざまなジャンルのプロフェッショナルに、

朝の活力になるお話、知識見聞を広めるお話をうかがっていく

「あさナビ」。

 

 

2月20日(月)から2月24日(金)までのゲストは、

昨年、年寄「九重」を襲名した

大相撲・元千代大海関、九重親方登場。

千代大海関、誕生のマル秘トーク。

親方としての若手力士との奮闘記

先代の九重親方との絆

3月場所がぐっと楽しくなるお話をたっぷり伺いました。



九重部屋ホームページ コチラから

 

 

  • 2017年2月20日

    年寄「九重」を襲名

     

     


    昨年8月に、14代目の九重部屋の親方を継ぐことになった。

    今は、プレッシャーに感じることも多いが、

    力士に不自由させない指導を心がけている。

    土俵をおりて7年経った今、

    現役当時の勝負師特有の風貌はなく体重も30キロ減り

    健康のためのウォーキングと、食事の量を心がけている。

  • 2017年2月21日

    千代大海という名の由来

     


    初土俵は、 1992年の九州場所。

    千代大海という名前は、母が考えたもので、

    北海道で生まれ、大分で育ったことに由来する。

     

    学生時代は、空手と柔道と、やんちゃばかりしていた。

    最終的に相撲を選んだ理由は、相撲には食事制限がなく、

    昼寝もして良い、という楽なイメージがあったというのが理由。

    ただ、入門してそんなに甘いイメージとはかけ離れた世界を

    身をもって知ることになる。

  • 2017年2月22日

    相撲部屋での日常

     


    相撲部屋の毎日のスケジュールは、

    起床は5時半、まずは食事を取らずに、6時から12時までは朝稽古。

    稽古終え、風呂に入り,やっと朝中食を兼ねた食事として

    「ちゃんこ鍋」を腹を満たし、午後は昼寝をして過ごし、

    夕方に再びちゃんこ鍋の夕食と取るのが日課。

     

    食事も力士の仕事の一つであるため、

    外食でも普段から暴飲暴食をしないように心がけている。

    カロリーを摂りすぎると、糖尿病になってしまうため、

    食事への徹底した管理はプロとして全うすべきこと。

  • 2017年2月23日

    黄金時代での苦悩

     


    貴乃花、若乃花、曙、武蔵丸など

    名だたるスター力士がいた時代に土俵に上がっていたが

    実はそれなりの歳の差があって、その年齢と実力を埋める努力は

    並々ならぬことであったが、それはあまり伝えられていない。

     

    そこで、誰を倒し、どのような勝ち方をすれば

    人気を獲得することができるか日々模索しながら稽古に励んでだ。

    ネガティブな考えをおかず、ポジティブに、勝ったらどうするのか、

    ということしか考えていなかった。

  • 2017年2月24日

    今後の相撲界

     


    先場所の“稀勢の里”の初場所での優勝の後押しもあり、

    相撲人気が加速している。

    九重部屋からも相撲界を盛り上げる力士を早く育てていきたい。

    夢は、九重部屋の力士が全員が、三役の番付に乗ることである。

    そのためにも、親方として一人一人の能力を引き出せるように、

    個人にあったアドバイスをしている。

    3月12日から始まる3月場所は、見ものである。

    ぜひ、千代の国を応援してほしい!

     

    さらに目標としては、4年後に迫った「東京オリンピック」でも相撲界が

    何らかの形で関われるように活動したいと考えている。

  • ラジオリビング
  • えりのお便り
  • ニッポン放送東島衣里アナが取材先で寝てしまったのはナゼ?