• 11

    20

  • 11

    21

  • 11

    22

  • 11

    23

  • 11

    24

  • ※日程をクリックするとその日の予定が見られます。

毎日、さまざまなジャンルのプロフェッショナルに、
お話をうかがっていく「あさナビ」

 

 

11月20日(月)からの1週間のゲストは、

餃子専門ブログ「東京餃子通信」編集長 の塚田亮一さん登場。

マーケティング・事業開発等を手掛ける傍ら、

過去1,000軒以上の餃子店を食べ歩いてきたという

餃子スペシャリストにその溢れる魅力を伺いました。

東京餃子通信 HP コチラ

 

 

 

  • 2017年11月20日

    餃子ブログを始めた理由

    自家製の餃子を食べさせてくれる家庭に育ったので、

    小さい時から餃子作りを手伝う機会に恵まれ

    とにかく、よく餃子を食べていた。

    そして大人になってからは、ツイッターなどSNSを通じて、

    今まで食べた事のない多くの餃子に出会ったことで

    餃子愛は加速していった。

    さらに、餃子を広めたいという思いから、1

    0年ほど前に趣味で餃子ブログを始め

    今では一ヶ月で、30万ページビューものアクセスがある。

  • 2017年11月21日

    日本の「餃子」

    今までに行った事のある餃子店は1000軒以上、

    最近では海外でも「餃子」という言葉が浸透してきていて、

    各国の個性的な餃子や、餃子に似た料理なども記事にすることもある。

    餃子とは元々、おかずにとても合うことから

    広く一般に浸透していったと言われるメニューで、

    中華料理の一品というより、今は日本の文化の一つと言える。

  • 2017年11月22日

    オススメ餃子

    オススメの餃子を2つ紹介

    1)世田谷にある「羽根木餃子」のトマト餃子

    ・・・食材として珍しいトマトと、ごろっとした豚肉が特徴。

    2)飯田橋にある「PIRON」の白龍餃子

    ・・・もっちりとした皮と、シナモンを使用したスパイシーな餡が特徴。

    どちらも店頭での持ち帰るが可能。

  • 2017年11月23日

    オリジナル餃子

    地方のオススメの餃子紹介

    1)宮崎県「ぎょうざの丸岡」

    ・・・現地のキャベツの味を存分に生かしたシンプルな餃子。

    餃子の情報を発信する者として、

    その魅力を、より深く理解し伝える目的で

    自分でも餃子を作っている。

    いろんな餃子を試作していく内に、

    こだわりが強くなっていき、オリジナルメニューを作成するに至った。

  • 2017年11月24日

    餃子ブログを作る上でのこだわり

    本来のIT関係の仕事をする傍ら、

    ほぼ毎日、餃子ブログの更新を行っている。

    日本、海外問わず美味しい餃子を紹介する上で、

    必ずお店の悪い点は記事にはせず、

    お店の良い所だけを、褒めるという事を心がけている。

    今後はさらに、餃子という食べ物を日本のソウルフードにするべく、

    2020年の東京オリンピックへ向けて、

    英語で餃子の記事作成などグローバルな展開を

    考えている。

  • ラジオリビング
  • えりのお便り
  • ニッポン放送東島衣里アナが取材先で寝てしまったのはナゼ?