番組紹介
いま話題のあの人は? 本音を聞きたい人物は?誰もが気になる“今週の主人公”を番組スタッフが徹底リサーチ、パーソナリティのテリー伊藤が、他では聴けないナマの声を聞き出します。いろいろあった一週間の締めくくり、週末・金曜日の夕方はニッポン放送からスクープ!

インフォメーション

第81回 4月18日(金)放送


ゴールデンウィークも間近、映画が見たい!
ということで、今日は、映画特集でした!





■16時台ゲスト①:映画監督 品川ヒロシさん


品川さん.JPG


テレビだけでなく映画の監督をつとめたこともあるテリーさん、大絶賛
大人気公開中の映画「サンブンノイチ」について、
監督して、どんな狙いがあるのか、ズバリ聞きました。


▼新作映画は、タランティーノを意識してる?

原作は、タランティーノをオマージュした犯罪小説。
品川さん自身も、タランティーノが一番好きな映画監督、
まだ原作が連載途中にも関わらず、勝手に脚本を書き始めた。


▼脚本の勉強は?

品川さん
「勉強はしてない。でもメイキングを観るのが好きで。あと、
 色んな映画をたくさん見るっていうよりは好きな映画を何回も観るんです、
 例えば【パルプ・フィクション】とか」。
 

▼斬新なカット割りについて

テリーさんの「どういうとこで思いつくの?」という質問に対し、
品川さん
「ハイスピードカメラや可変など、業界の流行というのはあるんです。 
 また、手振れがしないステディーカムなど。
 でも、"ハヤリ"と一言で片付けられるのは、ちょっと「ん?」とは思いますけどね」。


▼殺陣のシーンについて

品川さん
「役者さんの体を観て欲しいなって思いました。
 本当はマット敷かないといけないところでも本人に頼んで無理してもらって」。
 

▼ブラマヨ小杉さんの出演背景

品川さん
「一番最初に小杉さんにオファーしたんです。
 ハゲでデブの関西人で脳内検索かけたら小杉さんしか出てこなくて。
 映画見てもらうと、バラエティーの時よりハゲてるでしょ?
 あれは、バラエティーの時がふわふわさせて誤魔化してるんです。
 今回は誤魔化さなかった」


▼手応えは感じてる?

品川さん
「評判はかなりイイですね。映画のサイトがあるんですけど、
 97%が良いっていう評価なんです。残りの3%は多分品川嫌いっていう人だと思います。
 なのでそういう方は是非、2ちゃんねるに【品川嫌い】って掲示板があるのでそちらへ」





特別ゲスト:ブラックマヨネーズ小杉竜一さん
※(しかし、スケジュールの都合で電話つなげず、メールをいただきました)


小杉さん
「映画の現場というものに今回初めて参加させてもらったんですが、
 品川監督は現場のみんなに気を配り、
 笑わせて空気を作ってとても素敵な監督だと思いました。
 実際、竜也(藤原)や聖(田中)もすばらしい監督だと言ってたので、
 ちゃんとした俳優さんから見ても素敵な監督なんだと思い、
 同じ芸人として誇らしく思いました!!
 ただ、芸人の現場での品川はクソです
 おしゃべりクソ野郎以外、何物でもないです。
 はやく足して2で割って欲しいです!!」。




▼今後の"品川祐"としての活動は?

「今回の作品でこれからさらにオファーが来ると思う!」と語るテリーさん、
すると、品川さん
「実を言うと、自分の好きな番組には出れているんですよ。アメトークとか。
 で、好きな映画も撮れていて。
 自分で番組を持つという夢を抱いてましたけど、もう無理かなって思うので。
 今のこの状態はすごく幸せです」。




そんな品川ヒロシ監督、もっか、監督としてのライバルは、劇団ひとりさんだそうです!
「東宝ですよ。すごくお金使って面白くなかったら才能はないですね。
 コケたら劇団ひとりさんのせいですね」。






■17時台ゲスト:シネマアナリスト 八雲ふみねさん


八雲さん.JPG


数多くの舞台挨拶での司会、ハリウッド俳優へのインタビュー、
映画評論、などなど、映画界の若き分析家!



▼今後公開される映画で"是非見ておくべき"映画は?


①4月25日公開 「アメージングスパイダーマン2」

主人公のピーターとグエインは高校を卒業して、将来や2人のことに悩みながらも
スパイダーマンのピーターは3人の敵と戦っていくというストーリー。
これは一押し!



②5月10日公開 「ブルー・ジャスミン」

ウッディ・アレン監督の作品。
もともとセレブな女性が落ちぶれてしまい何とかセレブに返り咲こうとするストーリー。

八雲さん
「人間って意外と自分の置かれている環境を客観的に認めるっていうのは難しいよね?
 私が思うに現代人のセルフプロデュースに対することだと思うので、
 男性が観ても面白いと思います!」。



③6月20日公開 「サードパーソン」 

ポール・ハリス脚本。
6人の男女の群像劇。心に闇があったり、過去の栄光にすがっていたり。
でも一生懸命生きている人々。でも最後の結末が...。
いま、ハリウッドの俳優・女優が、ポールハリスの作品に出たいと言うほどのヒットメーカー。



▼ゴールデンウイークに家族で観るオススメ映画は?

「アナと雪の女王」。

八雲さん
「女の子ならば、素敵な気持ちになれますね。
 お子さんと行くのであれば吹き替えの方がいいかもしれませんね」。





皆さんも是非、映画館へ足を運んでみてください!

ほかにも、相棒、テルマエ・ロマエ、・・・ 

と、話題作が目白押しですよ!!


2014年04月21日

プロフィール

facebookページはコチラ
このページのトップへ