2018年6月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が理事長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2018年06月17日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生です。
今回のゲストは、話題のドキュメンタリー映画シリーズ「毎日がアルツハイマー」の関口祐加監督をゲストにお迎えしました。
関口祐加さんが認知症の母・宏子さんの日常を撮影した短い動画をYouTubeに投稿したところ、介護に悩む家族や介護・医療従事者など多くの人々の共感を呼び、2012年に『毎日がアルツハイマー』が公開。
そして2014年に『毎日がアルツハイマー2~ 関口監督、イギリスへ行く編』も公開され、この時にスタジオにも関口監督にお越し頂き詳しくお話を伺いました。
そして、この夏、シリーズ第3作となる「『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル ~最期に死ぬ時。』が公開となります。
ザ・ファイナルをどんな想いで撮られたのか、
関口監督にじっくりとお話を伺っています。  

■ドキュメンタリー映画「毎日がアルツハイマー」シリーズ公式サイト
7/14に映画公開、 ヒューゴ・デ・ウァール博士 来日記念イベントなどの
情報もこちらからご覧ください。http://maiaru.com/

F01579B6-D459-4A25-B59E-E73C9E37C1DA.JPG


2018年06月10日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生です。
今回のテーマは"自律神経と認知症の関係"について。
野球やサッカーの応援などで気持ちもグンと上がる時がありますが、この時、体の中では、興奮や緊張で活性化する「交感神経」がアドレナリンを血液中に分泌し、その結果、血圧の上昇や心拍数が増加するそうです。
「交感神経」が車のアクセルだとたとえると「副交感神経」はブレーキの役目を果たしているだとか...。
そして、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると自律神経失調症になると言われています。
認知症と自律神経には何らかの関係があるのでしょうか。
また、認知症の方の自律神経のバランスを整えるように配慮することで、認知機能の改善などが期待されるのでしょうか。
朝田先生に色々と伺って行きます。
番組後半は、ラジオをお聴きの皆さんから寄せられた認知症に関するメールやお便りをご紹介しています。


2018年06月03日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病専門医・樋口輝彦先生です。うつ病に関する情報をお伝えします。
今回の放送は、フェスはフェスでも、鬱フェスと名付けられた室内でのライブをご紹介します。
ゲストには、鬱フェスを立ち上げられたアーバンギャルドの松永天馬さんをお迎えします。
普通のフェスとの違いや鬱フェスに訪れる参加者たちの傾向...など、
ライブの話から若者のメンタル、アーバンギャルドの音楽創作活動の話まで、
これまでとはちょっと違う視点から色んなお話を伺っています。松永さんのトークをおたのしみください!

■ 「アーバンギャルド」の公式オフィシャルサイトはこちらから!
9月8日に開催される「鬱フェス2018」も4月に発売されたアーバンギャルド10周年記念のニューアルバム「少女フィクション」も「アーバンギャルド」がどんなアーティスかも、そして「松永天馬さん」ご自身の情報、全てわかります。

■ 「バラ色の人生」アーバンギャルドのボーカル 浜崎容子さんの本。
 幼少期からアーバンギャルド加入前夜までのトラウマ体験をポップに書き綴った初の著作集


ひだまり0603_松永天馬さん.png