2018年2月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が理事長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2018年02月18日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共に認知症に関する情報をお伝えします。
最近は、活字離れ、本離れが進んでいるといいますが本を読んで知識を身につけ情報を入手するためには、本は欠かせません。そして本を読みたくなったり、調べ物をする時に便利なのが図書館です。
実は最近、認知症の方をサポートする図書館が増えているのをご存じでしょうか?
どんな取り組みをしているのか、認知症の啓発に力を入れているのか、認知症当事者が利用しやすい環境を整える「認知症に優しい図書館」を紹介していきます。
番組後半では皆さんから寄せられたメールやお葉書もご紹介しています。


2018年02月11日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ秒専門医・樋口輝彦隆先生です。
うつ病に関する情報をお伝えします。ピアサポートの「ぴあ」とは、日本語では「同じ立場にある仲間」という意味。同じ経験をしてきたことを活かして、仲間として支え合うのが「ピアサポート」です。以前からその必要性を番組では紹介してきました。
一般社団法人日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構の代表理事、内布智之さんをお迎えにして「ピアサポート」について詳しく伺っていきます。実は内布さんご自身、統合失調症の当事者で様々な経験を経て現在に至ります。

ピアサポートに興味ある方は、こちらのサイトから!
ピアサポート専門員養成研修についても詳しく記載されています。

・一般社団法人日本メンタルヘルスピアサポート専門員研修機構


0211内布さんピアサポート.png



2018年02月04日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病専門医・樋口輝彦隆先生です。
うつ病に関する情報をお伝えします。
1980年代になると、コンピューターゲームがヒットし、今では、コンピューターと対戦するだけでなくインターネットで、見知らぬ誰かと対戦するネットゲームが人気となっています。
今回のテーマは、ネットゲームにはまり過ぎてしまう「ネットゲーム依存症」を取り上げます。
番組後半は、皆さんから寄せられたメールやお葉書をご紹介しています。