2018年1月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が理事長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2018年01月14日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ秒専門医・樋口輝彦隆先生です。
今回のゲストは、仙台の慈眼寺(じげんじ)というお寺のご住職 塩沼亮潤さんをお迎えしました。
塩沼亮潤さんは、修験道発祥の地、奈良県大峯山で一日四十八キロを歩く『大峯千日回峰行』と九日間飲まず・食べず・寝ず・横にならずの『四無行』を満行され、1300年間でたった二人しかいない大阿闍梨(だいあじゃり)という肩書きをお持ちのすごい方です。修行のお話だけでなく、塩沼亮潤大阿闍梨が実践されている
「歩行禅」について伺っています。是非、お聴きください。

■歩くだけで不調が消える「歩行禅」の進め KADOKAWAから発売中です。

■慈眼寺

■塩沼亮潤大阿闍梨のことば ツィッター(@ryojun_shionuma )

20180114_塩沼亮潤大阿闍梨.jpg



2018年01月07日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ秒専門医・樋口輝彦隆先生です。うつ病に関する情報をお伝えします。
今回のテーマが「うつ病治療とサイエンスとアート」という意外な3つのキーワードをご紹介します。
昨年の夏に日本うつ病学会の総会と日本認知療法・認知行動療法学会が合同開催され、その時のテーマが「サイエンスとアートの新たな融合」でした。
サイエンスは、科学技術の進化や発展。アートは一般的に「芸術」と、その他に専門の技術という意味があり、うつ病治療のいろんな観点から探っていくと、うつ病を解明しようという試みがあるようです。樋口先生に詳しく伺っています。

日本うつ病学会の総会と日本認知療法・認知行動療法学会
合同開催されたテーマ「サイエンスとアートの新たな融合」
・昨年行われたコンベンション公式サイトはこちらです。