2017年5月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2017年05月28日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。
最近、新聞や雑誌でも「貧困」というフレーズをよく目にします。そして病気になっても、お金がないから、病院に行けない...というケースが、国内でも実際に起きているといいます。
今回のテーマは「収入とうつ病」について、お金と心の病との関係はどうなのか...経済的な側面から、うつ病を考えていきます。
番組後半はリスナーの方から寄せられたメールを紹介しています!

 ◎お知らせ◎ 
先日、町さんのテレビ追跡取材がありました。
"ひだまりハウス"の収録模様が紹介されます。

〜ハートネットTV リハビリ・介護を生きる 〜
母を介護した「奇跡の10年」フリーアナウンサー・町亞聖
放送日(予定):6月29日木曜日20時〜
再放送(予定):7月 6日木曜日13時5分〜


2017年05月21日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
今回のひだまりハウス、今回のゲストは、女優、タレント、そしてビーズ刺繍作家として活躍されている「秋川リサさん」をお迎えします。現在、モデルからタレントに転身、さらにハーフタレントとして活躍されているかた沢山いますが、その先駆け的な存在なのが秋川リサさん!実のお母様との介護を7年に渡って体験されました。当時、近所の方や家族に支えられたエピソードから、お母様を看取られたあとに秋川さん自身介護施設で働く経験もされ、介護する側される側の様々な思いを語って頂きました。どうぞ、お聴きください。

 ◎お知らせ◎
■ 「母の日記」はNOVA出版から!

■ 秋川リサのビーズ日記 公式ブログはこちら!


ひだまり0521.png


2017年05月14日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
4月27日から3日間に渡って京都で「ADI国際アルツハイマー病協会の国際会議」が開かれました。世界各国から認知症の人や家族、専門家らが集まり、地域づくりや最新の科学的知見を話し合う国際会議で、日本での開催は2004年に続いて13年ぶりの二回目になりました。朝田先生も会議に参加され、どんな会議だったのか、そして朝田先生は、どんなお話しをされたのか詳しく伺っています。
後半は皆さんから寄せられたメールを紹介しています。

 ◎番組内で紹介された認知症情報です◎
ADI国際アルツハイマー病協会の国際会議

認知症の人と家族の会

★全国規模で活動している5つの当事者団体★
レビー小体型認知症サポートネットワーク

全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会

男性介護者と支援者の全国ネットワーク 

日本認知症ワーキンググループ


2017年05月07日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。
ゲストはうつ病など気分障害の方の復職・再就職支援を行う「株式会社リヴァ」の代表取締役 伊藤崇さんです。株式会社リヴァは都内4カ所にあり、ワークショップなどを行う通称型施設です。うつ病で会社を休み療養されている休職中の方を対象にした支援施設「オムソーリ」と、会社を辞めて、離職中の方を対象に再発予防訓練、再就職支援施設「ハビトゥス」の2種類に分かれています。番組前半では、伊藤さんがキッカケとなったうつ病との関わり、そして、リヴァを設立した経緯などを語っていただいています。後半では、リヴァが行っている復職支援サービスについて、どんなプログラムを受けることができるか詳しく伺っています。うつ病の当事者の方、どのように対応していいか悩んでいるご家族やご友人の方々にとって聞き逃せない情報です。

 ◎お知らせ◎
■ 株式会社リヴァ 公式ホームページ

■ 休職中の方を対象にした支援を行う「オムソーリ」
 オムソーリの語源:スウェーデン語で「悲しみや幸せを分かち合う」
 皆で分かちあいながらつながりを深め、ともに復帰を目指そうという意味

■ 離職中の方を対象に再発予防訓練、再就職支援施設「ハビトゥス」
 ハビトゥスの語源:社会科学者であるブルデューが用いた言葉であり、態度、外
 観、装い、様子、性質、習慣などを意味する。
 過去を否定するのでなく、これまでの考えや習慣も大事にしながら施設で
 新たな考え 行動、習慣を身に着け、よりよい人生を歩むという意味

ひだまり伊藤0507.png