2017年4月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2017年04月23日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。
今回のひだまりハウス、5月に公開される話題の認知症映画「八重子のハミング」の監督、脚本、プロデューサーを務められた、佐々部清さんをゲストにお迎えしました。原作者の山口県萩市在住 陽(みなみ)信孝さんが病のがんを経験し、若年性アルツハイマー病の妻を介護した記録を綴った手記を題材に、映画「八重子のハミング」は完成されました。実話を元にした映画作品を佐々部監督が、どんな思いで手がけたのかを熱く語っていただきました。さらに映画の中で八重子さんの介護をされた主人役で俳優の升毅さんからのメッセージもご紹介しています!どうぞ、じっくりとお聴きください。

 ◎お知らせ◎
■ 5月から公開される「八重子のハミング」公式ホームページ
■ 佐々部 清監督のオフィシャルサイトはこちら!
■ コメント出演の升毅(ます たけし)さんのプロフィール


八重子のハミング写真.png


btn_play.gif

2017年04月16日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。テーマは、認知症と睡眠の関係について。
うつ病の回では、これまで何度か紹介してきましたが、認知症と睡眠も深い関係があるとされています。
朝田先生曰く、睡眠は「質」、ちゃんと眠りについているかがポイントとのことです。認知症と睡眠障害の関係の中で、昼寝は長くても30〜40分程度が良いとのことで、3〜4時間寝てしまうと、夜中に不眠を訴えるケースや昼夜逆転の生活リズムになるという話をしてくださっています。その他の睡眠障害や改善法について朝田先生に詳しく伺っています。後半は、みなさんから寄せられたメール&おはがきを紹介しています。

 ◎ひだまりハウスからのお知らせ◎
4月23日(日)6時25分からのひだまりハウスは、5月に公開される話題の認知症映画「八重子のハミング」の監督、脚本 プロデューサーを務められた、佐々部清さんをゲストにお迎えします。
実話を元にした映画作品を佐々部監督が、どんな思いで作られたのかを伺っていきます。さらに映画の中で八重子さんの介護をされた、主人役:俳優の升毅さんからのメッセージもご紹介します。
映画チケットプレゼントもありますので、どうぞお楽しみに!


btn_play.gif

2017年04月09日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。ゲストは「うつヌケ~うつトンネルを抜けた人たち〜」KADOKAWAから発売中のマンガ作者 田中圭一さん です。
大学時代から漫画家を志していた田中さんですが、卒業後、普通の会社に勤めながら漫画を書いていました。そして多忙な日々を送る中で原因不明の疲れと不安に襲われます。症状などをインターネットで検索したり、心療内科で薬物治療を始め辞めたり、先生に不信感を覚え病院を転々と...その時に一冊の本と出会い、田中さんのうつ病が改善されるお話を伺っています。番組後半では、うつヌケの本が出来上がるキッカケやインタビュー取材から分かったうつ症状やうつヌケの共通項について教えていただきました。

 ◎お知らせ◎
■「うつヌケ~うつトンネルを抜けた人たち」KADOKAWA角川書店・角川グループ

■田中圭一さん公式ツィッター 「はぁとふる売国奴(@keiichisennsei)」


img_170409.png


btn_play.gif

2017年04月02日

ひだまりハウス、4度目の春を迎えることとなりました。
ラジオをお聴き頂いている皆様のおかげと感謝をしております。
これからも、うつ病や認知症と向き合っている方に寄り添うような番組を目指して参りますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

今週のナビゲート・ドクターは、
うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。

皆さんは、最近、泣いたのはいつ頃か覚えていますか?
今回のテーマは「涙について」です。泣くという行為について考えていきます。
なぜ涙は出るのか、という基本的なことから医学的なことまで...。
泣く行為とうつ病との関係性はあるのか、泣くことでストレスが緩和されるのか、家族が本人が、早くうつ症状やうつ病に気がつくアドバイスを樋口先生に詳しく伺っていきます。


後半は、皆さんから寄せられたメール&おはがきを紹介します。後半は、皆さんから寄せられたメール&おはがきを紹介します。


btn_play.gif