2015年8月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2015年08月30日

今週のナビゲート・ドクターは認知症専門医の朝田隆先生です。

ゲストには、俳優の砂川啓介さんをお迎えします。砂川さんの奥様は、26年間にわたって、アニメ「ドラえもん」で、ドラえもんの声を担当された大山のぶ代さんです。今年の5月に奥様の大山のぶ代さんが認知症であることを砂川さん自ら公表されました。砂川さんが現実と向き合っている思いや大山のぶ代さんとの介護生活状況など、詳しくお話し伺っています。


☆ 砂川啓介さん 公式ホームページ ☆

http://www.actors7.jp/砂川-啓介/


btn_play.gif

2015年08月23日

今週のナビゲート・ドクターは認知症専門医の朝田隆先生です。

ゲストには、39歳の時にアルツハイマー型の若年性認知症と診断された丹野智文さんをお迎えしました。宮城県の仙台市に在住。診断から2年が経った現在もお仕事を続けながら、日本認知症ワーキンググループのメンバーとして、積極的に講演会に赴き、多くの認知症の方や、その家族を励まされています。認知症・当事者である丹野さんに、どんな思いで認知症と向き合っていらっしゃるのか、仕事や家族との生活などについて伺っています。


☆公益社団法人認知症の人と家族の会

http://www.alzheimer.or.jp/

☆日本認知症ワーキンググループ(facebookサイト)

https://www.facebook.com/ninchisyotoujisyanokai


btn_play.gif
2015年08月16日

今週のナビゲート・ドクターは、うつ病の専門医・樋口輝彦先生と共にお送りしました。前半は、「脳卒中とうつ病の関係について」。脳梗塞などの脳疾患は認知症だけでなく、うつ病を引き起こすことがある...など、うつ病の症状を見逃してしまいがちなポイントを伺っています。後半は、皆さんから寄せられたメールやお便りのうつ病体験談をご紹介しています。

btn_play.gif
2015年08月09日

今週のナビゲート・ドクターは、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター総長の樋口輝彦先生です。ゲストには、杏林大学 精神神経科学教室の渡邊 衡一郎(わたなべ こういちろう)教授です。ご専門は、うつ病・双極性障害。向精神薬の副作用・効果研究、そして患者さんが服用継続することを中心に患者さんの主観に焦点を当てて研究されている先生です。前半は、うつ病の薬のこと。後半は、薬を飲んでもうつ病が改善しないときに考えられること...。

特に双極性障がい(躁うつ病)の治療法について伺っています。


btn_play.gif
2015年08月02日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医の朝田隆先生です。

前半は、「認知症と似た症状の病気」について伺っています。うつ病をはじめ、脳の病気、内科系の病気や薬の種類、せん妄など、認知症と似た症状があり間違いやすいことがあります。身に覚えがある方もそうでない方も参考にお聞きください。後半は、アルツハイマー病の予備軍とされる軽度認知障害の発症を血液成分から判定できる検査法を開発したと、筑波大などの研究チームが発表されました。中心となられたのが、朝田隆先生や筑波大学の内田和彦准教授です。これらについて詳しく朝田先生が解説しています。


btn_play.gif