2015年1月:ウィークエンド・ケアタイム『ひだまりハウス』~うつ病・認知症について語ろう|毎週日曜日6:25~6:54|ラジオFM93+AM1242 ニッポン放送

出演者プロフィール

樋口 輝彦(ひぐち てるひこ)
JDC・一般社団法人
日本うつ病センター 理事長

東京大学医学部卒業。
昭和大学藤が丘病院精神神経医学教授、国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター総長などを経て、 現在、JDC・一般社団法人日本うつ病センター理事長に就任。
専門分野は気分障害の薬理・生化学、臨床精神薬理、うつ病の臨床研究。

■樋口輝彦先生が理事長
JDC・一般社団法人日本うつ病センター


■樋口先生が診察しています!
六番町メンタルクリニック

朝田 隆(あさだ たかし)
東京医科歯科大学
医学部特任教授

1955年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。 国立精神神経センター武蔵病院、 筑波大学臨床医学系精神医学教授を経て 2015年4月より東京医科歯科大学医学部特任教授。 専門分野は老年精神医学、とくにアルツハイマー病の 臨床一般とうつ病。早期診断法・予防、プロテオミクス研究。
■朝田隆先生が院長
メモリークリニックお茶の水

■朝田先生が解説
認知症と予防のキホンを学ぶ!!

町亞聖(まち・あせい)

1995年に日本テレビにアナウンサーとして入社。その後、活躍の場を報道局に移し、報道キャスター、厚生労働省担当記者として医療や介護問題などを中心に取材。
2011年6月、フリーアナウンサーに転身。
高校3年生の冬、母親がくも膜下出血で倒れ10年間におよぶ介護生活を まとめた「十年介護」(小学館文庫)を出版。
町亞聖ホリプロ公式プロフィール

インターネットで聴く

バックナンバー

番組紹介

インフォメーション

2015年01月25日

今週のナビゲート・ドクターは、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター総長の樋口輝彦先生です。今日は、認知行動療法の第一人者、認知行動療法センターのセンター長 大野裕先生をゲストにお迎えしています。前半は、「認知行動療法について」。いったい、どんなものなのか!?をお伝えしています。後半は、うつ病を対象にした認知行動療法を実際に日常で役立つ秘訣を伺っています。

★ 大野裕先生 発案/監修のホームページ
 「うつ・不安ネット」 

★ 認知行動療法センターは、樋口先生がいらっしゃる
  国立精神・神経医療センターのホームページ内にある
  "認知行動療法センター"をご覧ください。
   お問い合わせ先
   〒187-8551東京都小平市小川東町4-1-1
    TEL.042-341-2711(代表)
    FAX.042-344-6745

btn_play.gif
2015年01月18日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症の専門医・朝田隆先生と共にお送りしました。前半は、昨年、発表された『埼玉県の若年性認知症に関する実態調査報告について』。埼玉で行われた調査ではどんなことが分かるのかを朝田先生に伺っています。後半は、皆さんから寄せられた"デイサービスで同じく通っている男性に父が暴力を振るうというトラブルで連絡が..."&"元気だった頃の母と比べてしまい、母に刺激をあたえられないかと趣味の切り絵で表情が少し変わった..."の2通をご紹介しています。


btn_play.gif
2015年01月11日

今週のナビゲート・ドクターは、認知症専門医・朝田隆先生です。
今週は、いつものニッポン放送のスタジオを飛び出し、JR御茶ノ水駅から歩いて7分、文京区湯島1丁目のお茶の水医学会館にある「オリーブクリニックお茶の水」からお届けしています。前半はオリーブクリニックのプログラム解説や様子を...。後半はプログラムの中でも人気の高い"本山式筋力トレーニング"を指導されれいる本山輝幸さんをゲストに迎えて経度認知障害の改善に効果があるアレコレを伺っています。

「 オリーブクリニックお茶の水 」ホームページはこちらになります!


btn_play.gif
2015年01月04日

今年最初のナビゲート・ドクターは、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター総長の樋口輝彦先生です。前半は、改めてもしもうつ病になった時はどうすればいいのか、またどんなサポートがあるのか...参考にして頂ければ幸いです。後半は皆さんから寄せられたメール"双極性障害Ⅰ型とⅡ型、家族など周りが注意したほうがいい違いはあるの?"更に"家族が原因でうつ病になった場合、家族と離れたほうがいいの?"をお送りしています。


btn_play.gif