公文書の管理の重要性と現状~防衛省の資料はなぜ共産党に漏れるのか?

タグ

4月3日 FM93AM1242 ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』今日の聴きどころ!④

公文書の管理について考える
7:44~:ココだけニュース スクープUP!コメンテーター有本香(ジャーナリスト)

小野寺 五典 防衛相 南スーダン 国連 平和維持活動 PKO 日報 問題

南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる参院外交防衛委員会の閉会中審査を終え、退室する小野寺五典防衛相=2017年8月10日午後、国会・参院第34委員会室 写真提供:産経新聞社

問われる公文書の管理

政府が国会答弁で保存されていないとしていた、自衛隊のイラク派遣部隊の当時の日報が実は現存していたことが判明した。この問題から公文書の管理のあり方と機密性の重要性について解説する。

飯田)朝日と毎日と東京新聞は1面トップに掲げていますが、自衛隊の文書の「保存されていない」と国会で答弁していたものが実は存在していたという問題。イラクへ派遣されていた当時のPKOの日報ということですが。

有本)文書管理がきちんとされていないのではないかということは、かなり問題だと思いますね。民間企業では文書管理規定というのがあって、当然役所にも文書管理規定というものがあります。だけどその規定の通りにどうも、文書が管理されていない状況というのが見受けられますね。普通、民間の組織でもこんなずさんなことはありません。それから例の財務省の書き換え問題も、あれを書き換える理由って別になかったでしょって感じしませんか?

飯田)なぜあれを書き換えたのだろうというのはね。結局証人喚問などでもどうしてっていう部分は解明されませんでした。

ドイツ バイロイト 東フランク 王国 辞書 アーカイブ アーキビスト

ドイツ バイロイトにある東フランク王国辞書アーカイブ(アーキビスト – Wikipediaより)

公文書の取り扱いの変更と実情

有本)解明されませんよね。いまの理財局長は野党やマスコミからかなり追求を受けてというようなことも言っていますが、だからと言って削除する理由があったのかなとも思う。それから防衛省に関してはいろいろな意味で重要性が高い。財務省が重要性が低いという意味ではないですけどね。それで昨年の問題を受けて、取り扱いを変えているんですよね、保存期間10年に延びて、その後も公文書館に保存するという風に決まったと言うのですが。実は私、最近、防衛省にある情報について開示して欲しいとお願いしたんですよ。それは15年くらい前の殉職した自衛官の追悼の行事がありますね、この行事に関することなんですが。ところがその文書、そのときの資料は全部廃棄してしまったのでわかりませんと言うのです。普通、概略くらいはどこかにメモでも良いから残していませんか? それが一切合切ないと言うのですよ。そうするとそのときの出席者が誰だったかっていうのもわからないという状況なんですね。これもまた民間の組織でもちょっとあり得ない。民間組織でも亡くなる社員はいて、そのための法要行事というのは会社としてやるわけですが、その概要さえも掴めないというのはあり得ない。役所の文書管理の姿勢そのものがおかしい。これはもう防衛省に限らない、財務省に限らない、見直すべきところは大きくあるんだなと思いますね。

飯田)この財務省の文書の問題に絡んで、無所属の参議院議員の薬師寺さんが質問されてましたけれども、この文書管理を専門にする、この文書は後世に歴史の検証のために残すべきだと。いまおっしゃった追悼行事などの概要の部分は残しておこうとか、そういう判断をするアーキビストという人たち。

有本)専門職でね。

飯田)諸外国にはいるんだけど日本にはいないんだと。教育も殆どされていないんだと。

有本)そういう分野があるんだという認識がそもそも無いですからね。

飯田)紙を残すとか記録を残すということに対しての認識が日本にはあまりない。

日本 共産党

日本共産党 – Wikipediaより

再三にわたり共産党の手に渡る防衛省の資料

有本)人材育成も含めて、各役所から独立した存在として置くべきだろうと私は思います。それともう一つ、今回のことで気になるのは、この特に防衛省の資料というものはよく共産党の手にわたるのですね。

飯田)去年の日報問題のときもそうでしたね。

有本)それから2015年の安全保障法制に絡んだときも、これは特に機密性の高いものではないということだったのですが、あのときも共産党が入手した内部資料を持って追求してましたよね。それからさらにその2年前だったと思います、宜野湾の市長選挙に絡んだ沖縄防衛局のメールのやり取りを入手したとこういうこともありましたよね。

飯田)ありましたね。

有本)どうしてこんなに内部の情報、あるいは資料にあたるものがなぜか共産党に漏れるのだろうか。ここらあたりも防衛省としては組織の体制を大きく見直す必要のある点なんじゃないかなと思いますね。

情報開示の必要性と情報秘匿の重要性

有本)どうしても私たちは、何でもかんでも情報公開がされればいいというように思うのですが、守られなければいけない機密や情報というものがあるわけですから、そこがきちんと守られていて、なおかつ適切に情報開示がされるということが一番良いわけですよ。

飯田)クリティカルなときは守っておいて、その後例えば歴史の検証とかになったときはきちんと晒すと。

有本)そうなったときにはきちんと公開されるということですね。これは特定の政党に国会議員とはいえですよ、特定の政党にだけ漏れるというのはやはりまずいと思いますね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

ニッポン放送 ニッポン放送
Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.