しゃベルシネマ

アカデミー賞受賞も納得の感動作!『リメンバー・ミー』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第375回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、3月16日から公開の『リメンバー・ミー』を掘り起こします。


時を超えてつながる家族の物語


音楽が大好きでミュージシャンになることを夢見ている、ギターの天才少年ミゲル。しかし彼の家は、ひいひいおじいちゃんが音楽を追い求めるあまり、ひいひいおばあちゃんを捨てて家を出てしまったことから、音楽を禁じ、代々靴屋を営んでいる。

1年に1度だけ亡くなった人に会える「死者の日」に、憧れの歌手であるエルネスト・デラクルスの墓を訪れたミゲル。そこで彼の遺品であるギターを手にすると、まるでテーマパークのように幻想的な“死者の国”に迷い込んでしまった。

ミゲルはそこで出会ったガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界に戻る方法を探るが…。


陽気でカラフルな映像で“死者たちの世界”を鮮やかに描いたピクサー・アニメーションの最新作が、いよいよ日本でも公開となります。

手がけたのは『トイ・ストーリー3』でもアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督。また物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞作曲を『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。

第90回アカデミー賞では見事、長編アニメーション賞と主題歌賞を受賞し、早く観たい! と待ち望んでいる人も多いのではないでしょうか。


本作の題材になっている「死者の日」とは、ラテンアメリカにおける祝日のひとつ。この日は家族や友人が集まり、故人に思いを馳せて語り合います。ある意味、日本のお盆によく似ているかもしれませんね。

しかしそこはラテンの国、その様子はお盆とはまったく違い、とにかくカラフルで陽気な雰囲気。お墓には“死者の花”とされるマリーゴールドで装飾が施され、人々はガイコツをモチーフにした仮装でパーティーを楽しんだり、バンドの演奏に身を委ねたりしながら、明るく楽しくお祝いします。

本作でも豊かな色彩でその様子を見事に再現しており、スクリーンからマリーゴールドの花の香りが漂ってきそう。アトラクション感があふれる“死者の国”を旅するミゲルの冒険ストーリーをダイナミックに描いています。


そして同時上映は、『アナと雪の女王』の新作短編『アナと雪の女王 家族の思い出』。なんでもディズニー作品とピクサー作品が同時上映されるのは史上初とのこと。人気キャラクターのオラフが大活躍するストーリーにも注目ですよ。


リメンバー・ミー(同時上映 アナと雪の女王/家族の思い出)
2018年3月16日から全国ロードショー
監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
©2018 Disney. All Rights Reserved.
公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.