しゃベルシネマ

吉永小百合、映画出演120本目の記念碑的作品『北の桜守』

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第372回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、3月10日公開の『北の桜守』を掘り起こします。


極寒の北海道を生き抜いた母と子のヒューマンドラマ


1945年、樺太。家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつはソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。夫は出征し、息子二人とともに樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へとたどり着いたが、満身創痍の親子を待ち受けていたのは、想像を絶する過酷な生活だった。

厳しい寒さと飢餓。それでも、てつ親子は懸命に生き抜く。

時は経って1971年、成長した次男・修二郎は米国で成功し、日本初のホットドッグストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れると、そこには一人、夫の帰りを待ちながら慎ましく生活する母の姿があった…。


吉永小百合映画出演120本目となる本作は、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で生き抜いた、母と子の約30年にわたる軌跡のヒューマンドラマ。

『北の零年』『北のカナリアたち』に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられ、『おくりびと』の名匠・滝田洋二郎監督がメガホンを取り、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら波乱の時代を描いています。


北の大地にまつわる史実に心が揺さぶられる感動巨編。吉永小百合にとって記念碑的作品であることを讃えるように、驚くほど豪華なキャストが集結しました。

主人公・江蓮てつの息子・修二郎役に堺雅人、その妻・真理役に篠原涼子、てつの夫・徳次郎役に阿部寛。生活苦のてつ親子に手を貸す闇米屋の菅原信治役に佐藤浩市、てつ親子を見守る友人・山岡和夫役に岸部一徳、さらに中村雅俊、高島礼子、笑福亭鶴瓶、永島敏行らが作品を盛り上げます。

また物語を象徴的に彩る舞台パートの劇中主題歌「花、闌(たけなわ)の時」の作詞作曲を小椋佳が担当。吉永小百合、阿部寛が合唱の中心となって美しいハーモニーを奏でているのも必見です。


ちなみに、主人公の「てつ」の名は、吉永小百合さんの実のお祖母様の名前。当初、本作の企画書には別の名前が記されていたのですが、『北の零年』は“志乃”、『北のカナリアたち』は“はる”だったので、二文字の名前がいいのでは…と吉永さんが提案したとのこと。

桜色の着物を身につけた吉永さん演じる“てつ”さんは、この映画を象徴する桜の花のように可憐で美しく、一足早い春の訪れがスクリーンから伝わってくるよう。

激動の時代と辛い過去を描きながらも、どこか温かなものが胸に迫る感動作です。


北の桜守
2018年3月10日から全国東映系にて公開
監督:滝田洋二郎
脚本:那須真知子  
舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 
出演:吉永小百合、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、高島礼子、永島敏行、笑福亭鶴瓶、中村雅俊、阿部寛、佐藤浩市 ほか
©2018「北の桜守」製作委員会
公式サイト http://www.kitanosakuramori.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.