オトナ女子に人気のファンタジーワールドが再び!『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』 しゃベルシネマ【第29回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

明日から7月。
全国各地の映画館では、話題の夏休み映画が次々とスクリーンにかかる季節が到来。
そこで今回の「しゃベルシネマ」では、2016年夏ムービーの先陣を切って明日から公開となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を掘り起こします。

ティム・バートン製作、オリジナリティあふれるワンダーランドが帰ってきた!

01(w680)

ティム・バートンとジョニー・デップ、7度目のコラボレーション作品として世界中で大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』から6年。

ついにベールを脱ぐことになったシリーズ第2弾、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』。
今作で描かれるのは、悲しい過去に心を奪われて帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うために、時間の番人タイムと闘うアリスの冒険ストーリー。

果たしてアリスは、運命に逆らって過去を変え、マッドハッターの家族をよみがえらせることが出来るのか?
そして、チェシャ猫や赤の女王、白の女王たちの驚くべき秘密も明らかに……。

02(w680)

ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーターら、豪華キャストが前作に続き続投。
さらに新キャラクターとして、時間を司るタイムを『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが怪演強烈な個性を放っています。
もちろん白うさぎ、双子のトウィードルダムとトウィードルディーといった、おなじみの人気キャラクターたちのクレイジーぶりは健在。
わくわくするコト間違いなし!の一作です。

アリスは八雲ふみねの悪癖も救う?! 心ときめく、ファンタジーワールドの威力とは…。

03(w680)

実は、私には困ったクセがありまして…。
それはすぐに傘を失ってしまうコト。

朝出かけるときに降っていた雨がやんで、どこかしらスタジオやお店に置き忘れるならまだ分かるのですが、大雨が降っている最中にもかかわらず、電車の中に忘れるコトしばしば。
ほかのものを忘れることは決してないのに、何故か傘だけはすぐに失くしてしまうのです。
それをある人に話したときに、重大な指摘をされました。

「ビニール傘を使ってるでしょ?!」

そう、何処ででも安価で手に入るビニール傘を利用していると心のどこかに「また買えばいいや」という気持ちが生まれ、置き忘れの原因になるというコト。

だから「お気に入りの傘なら大切に扱うので、失うリスクも少なくなる…」と、その人は言うです。
そこで一念発起、手に入れた傘が、白地に「不思議の国のアリス」のイラストがあしらわれたもの。
大袈裟に聞こえるでしょうが、すぐに失ってしまう私にとっては、清水の舞台から飛び降りる覚悟での購入。
普段はキャラクターグッズはほとんど手にしない私ですが、ファンタジックでありながらも落ち着いたデザインに一目惚れ。

効果のほどですか?
コレが、本当に忘れないんですよ!!
かれこれ2年ほど、使い続けてます!
「まだ2年?」という声が聞こえてきそうですが、私にとっては大記録!
きっと、私が傘を買うときにアリスにトキメキを感じたからに他ならない!
アリスはワンダーランドの住人だけでなく、八雲の悪癖をも救ってくれています?!

と、話が横道に逸れましたが…。

04(w680)

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』では、オトナ女子の中に潜む“少女”の部分をくすぐるさらなる世界観を、前作以上のスケールで実現。

四季の移り変わりを感じさせる、溜息が出るほど色彩豊かなお茶会シーン。
巨大な振り子や、空から吊るされている沢山の懐中時計がミステリアスな時空の波。
マッドハッターとその家族が作り出す、華やかな帽子の数々。
キャラクターたちが身につける衣装もとてもラブリーで、私が特にお気に入りなのはミア・ワシコウスカ演じるアリスのこの衣装!

05(w680)

アジアンテイストを取り入れたオリエンタルな雰囲気が、“強い意志を持つ大人の女性”に成長したアリスをダイレクトに表現しているようで、ステキです。
何故アジアンテイストなのか、その理由は映画にちゃんと隠されています。

明日は、ファースト・デイ。
アリスの新たな冒険に同行するには、絶好のチャンスですよ。

06(w680)

07(w680)

2016年7月1日から全国ロードショー
製作:ティム・バートン
監督:ジェームズ・ボビン
出演:ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア・ワシコウスカ、リス・エバンス、ヘレナ・ボナム・カーター ほか
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/alice-time.html
©2016 Disney ©Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

八雲さんキャプション